「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news012.jpg

「CroXino -クロシーノ-」:善人になりたいーの!――クロシーノ冒険記(最終回)「俺たちの戦いはこれからだ!! 」 (1/2)

善人になりたいと「CroXino(クロシーノ)」の世界に飛び込んだゲームライター・瓦屋文太。途中で悪の道に転げ落ちるなどの紆余曲折はあったものの、かなり戦いにも慣れてきた。そんな瓦屋に、運営主催の対人戦イベントの開催の知らせが舞い込んできた! 低レベルでもOKだし、賞品も出るし、これは参加するしかない! 勝利に飢えた虎(自称)こと瓦屋文太の奮戦記を、とくとご覧あれ!

いざゆかん! 戦いの舞台へ!!

 「CroXino(クロシーノ)」はジークレストが運営する“運命選択オンラインRPG”だ。キャラクターの善悪を自分で決めることができ、さらには100人規模の対人戦も楽しむこともできる。前回の最後で予告したように、今回はゲームマスター(以下GM)も参加する最大5対5で行える小規模対人戦イベントをリポート。低レベルでも参加OKということなので、これならギルドバトルでの屈辱を晴らせるのではないだろうか? と、作成したキャラクターの中で一番レベルの高いナイトkawarayaで挑戦を決意した筆者。そんな安易な考えでいったいどこまで戦えるのか!

 戦いの舞台はシルリア地方“天国の関門”の奥にある管理所長事務室。ここにいるNPCがPvPエリアへの案内人となっている。対人戦イベント期間中はGMが移動を手伝ってくれるというサービスがあったが、戦いの舞台にすらたどり着けないなんて、戦う資格があるはずもない! ひとり勝手に盛り上がりつつ戦場一番乗りを目指すことに。

 ダンジョンの中にひしめく敵を華麗にスルーしつつ、なんとか集合場所に無事到着したkawaraya。すでに待機していた主催者であるGMを中心に、参加者もどんどん集まりだし部屋の中に緊張感が高まっていく。とはいえ、イベント参加者もなれたものなのか、GMと親しげに挨拶を交わしたりと、終始和やかな空気の中で時間は過ぎていった。

wk_091005cro01.jpg 天国の関門の敵はレベル27のナイトでも倒せる。とはいえ複数の敵を同時に相手にしないように慎重に進むkawaraya。決して臆病なわけではない
wk_091005cro02.jpg ダンジョンの奥地にいるソフトな角刈りが似合う警備兵セザンヌがPvPエリアへの案内人だ。パーティを結成した状態で彼に話しかけると対戦の受付ができる

 今回の対人戦は3対3で行われるので、3人1組のチームを作らねばならない。「1人だけあぶれたらどうしよう」というような幼少期の思い出がを頭をよぎったが、仲間はずれの心配をする暇もなくハンターとソーサラーさんからお誘いが! 「遠距離攻撃に長けた彼らの援護を受けつつ突撃するナイトなんて……かっこいい!」そんな妄想を膨らませつつ、じっと開始時間を待つことに。ついに時計の針が開始時間を回り、GMから対人戦のルールが説明される。善側と悪側に分かれて戦い、エリア内にいる“蒼い眼の盗賊団長”を5分間守り抜けば悪側の勝利。逆に、倒すことができれば善側の勝利となるらしい。GMが所属するチームはつねに善側となり、参加プレイヤーは悪側でのプレイとなるようだ。勝てば賞品ゲットの予定であったが、今日に限っては参加賞として配ってくれることのこと。もらえるものはなんでももらう筆者にはありがたいルール改変だとニンマリ。ちなみに、便宜上善と悪に分かれて戦うが、キャラクターの性向値は関係ないので、悪のキャラクターが善側で戦うことも可能になっていた。

wk_091005cro03.jpg 試合開始を待つ筆者と仲間たち。もちろんこの間に仲間から雑談を通して対人戦の情報を仕入れるのも忘れない。意思の疎通が計りやすいのも少人数戦のいいところだろう
wk_091005cro04.jpg 筆者の挑戦当時のステータスがこれ。見た目だけなら凛々しさ満点のナイスガイなのだが……

敵はGMチーム! やってやるぞー!

wk_091005cro05.jpg

 パーティー結成が迅速だったこともあり、チームkawaraya(勝手に命名)が一番最初に戦うことになった。相手はGMと助っ人で参加した2人のプレイヤーで編成されたチームGM。見た感じ助っ人の2人は高レベルみたいなので、相手は高レベルの仲間に任せてGMに集中攻撃を加える作戦でいくことに。ナイトのスキル「シールドバッシュ」でスタンを狙い、GMの足止めをしたところに、「弱点発見」と「電光石火」の連携を叩き込みたいところだ。

 戦闘エリアに移動したチームkawarayaは、味方を強化するスキルを使用からスタート。ナイトの自分は「勇気百倍」で自分と仲間の筋力を強化する。実はこの日のためにこっそりとあまっていたスキルポイントでLv4まで強化しておいたのだ。

wk_091005cro06.jpgwk_091005cro07.jpgwk_091005cro08.jpg まずは「シールドバッシュ」でスタンさせ(写真左)、そのスキに「弱点発見」で相手の物理防御力を下げる(写真中央)。あとは3連続攻撃を叩き込む「電光石火」で大ダメージを狙う(写真右)のが今回の戦術だ!

 目の前にある壁がせり上がり、ついに対戦スタート! まっさきに駆け出し、敵の姿を追い求めるkawaraya。ナイト魂を見せ付けるとき、と目立つ名前のGMに向かって突進するものの、敵の遠距離攻撃が直撃! ダメージは……600!? 最大HPが834のkawarayaにとってこれは致命傷クラスの大打撃。準備しておいたポーションで回復するも、続けざまに攻撃を受けてしまいあえなく昇天。しかし、戦いは終わっちゃいない。戦いは始まったばかりだ! 戦闘不能になってもデスペナルティはなく、戦闘エリア内にあるリスポーン地点で復活が可能。勝敗条件を満たされるまで、何度でも立ち上がり戦うことができるのだ。だが、今回に限っては時すでに遅く、舞い戻る途中で守らねばならない蒼い眼の盗賊団長を倒されてしまい、チームkawarayaは敗北してしまった……。

wk_091005cro09.jpgwk_091005cro10.jpg 対人戦の結果は最後に一覧で表示される。与えたダメージや味方を回復した数値などが一目瞭然。どれだけ活躍したかが敵味方に丸わかりだ

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping