「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news021.jpg

メカマニア垂涎の一作!――ゲームヤロウ新作オンラインゲーム「鉄鬼」発表会リポート (1/2)

「サドンアタック」で成功を収めたゲームヤロウ。同社が送る新作オンラインゲーム「鉄鬼」のプレス向け発表会が行われた。

新ジャンル、オンラインメカアクションを確固たる地位へ

wk_091111tekki01.jpg

 11月10日、株式会社ゲームヤロウが青山のフィアットカフェにて新作オンラインメカアクションゲーム「鉄鬼」の発表会を行った。オンラインマルチプレイFPS(ファースト・パーソン・シューティング)「サドンアタック」を運営する会社の新作ということもあり、注目度は高く、会場は多くの人でにぎわっていた。

 イベントは「鉄鬼」のプロモーションムービーから始まり、同社・社長の村井真郎氏の挨拶へと続いた。

 このゲームついて村井氏は「国内でも人気を博している『サドンアタック』を作った、韓国のGame Hiが作った新作。メカならではの重厚感、ディティールにまでこだわったグラフィック、そして16人対16人の集団戦闘が楽しめる作品になっている。サドンアタックで学んだ多くの経験と実績を元に、この新作の地位を確固たるものにしていく。色々な形で、『鉄鬼』に全力を注いでいきたい」と力強く語ってくれた。言葉数は少なかったが、本作に見せる自信や期待は大きいようだ。次いで登壇したプロデューサーの小野寺崇氏が「鉄鬼」の概要と3つの特徴について語った。次項でそれを紹介しよう。

wk_091111tekki02.jpgwk_091111tekki03.jpg ゲームヤロウ代表取締役社長の村井真郎氏(左)、「鉄鬼」プロデューサーの小野寺崇(右)

メカの魅力がゲームの魅力――重厚感みなぎる機体が登場!

 まず語られたのは、本作最大の魅力でもある機体について。このゲームの一番の魅力となる部分の紹介だけあって、会場の誰もが画面を食い入るように見つめていた。動画を交えた迫力ある紹介では計量型、強襲型、狙撃型、重量型、整備型、観測型、火力型、工兵型の公開されている8種の他、レジェンド機体と呼ばれるゲーム内キャラクターの専用機体が存在することが告げられた。レジェンド機体の外観などは発表されずシルエットのみでの紹介となったため、今後の発表に期待したい。

 次にゲームモードの紹介が行われ、ゲームの概要が徐々に明らかになってきた。制限時間内に相手をせん滅する“サドンデスモード”、時間内での撃破数を競う“デスマッチモード”、拠点をめぐって攻防を繰り広げる“占領モード”、相手陣営と物資を奪い合う“奪取モード”、敵基地を爆破または自陣営の防衛を目的とした“爆破ミッション”の5つのモードに加え、仲間と協力して人工知能を相手にクリアを目指す“キャンペーンモード”も搭載される。また、日本用に“チュートリアルモード”“トレーニングモード”の2つが新たに実装されることが発表された。

wk_091111tekki04.jpgwk_091111tekki05.jpgwk_091111tekki06.jpg

wk_091111tekki07.jpgwk_091111tekki08.jpgwk_091111tekki09.jpg

wk_091111tekki10.jpgwk_091111tekki11.jpg

 続いて機体のカスタマイズについての発表が行われた。カスタマイズできる箇所は3点。各機体の特色が大きく出るメインウェポン、ほぼすべての機体が装備できるサブウェポン、一部機体にのみ装備でき、ブースターが使用可能になるエンジンである。これらをプレイヤーが組み替えることで、機体の違いのほかにパーツの違いが加わり、より緻密で多彩な戦闘が可能になるそうだ。

 最後に、運営指針について小野寺氏は「サドンアタックの経験を生かし、ユーザー様が安心して楽しめる環境を提供していきます。具体的には、チートなどの行為に対しては徹底した対応を取ること。そして、ゲームバランスに注意し調整を行っていくこと。マップや機体、武器のバランスには細心の注意を払い、ユーザーからの意見を反映して、精度の高いゲームとなるよう努力します。競技性の高いゲームなので、オンライン・オフラインの大会を実施し、ゲーム内外に関わらず盛り上げる努力をしていきます」と意気込みを語ってくれた。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping