「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news073.jpg

そこに壁があるから登るのだ――「ロックンロールクライマー」

任天堂はWiiウェア向けに、お茶の間でロッククライミングが体感できる「ロックンロールクライマー」を11月24日に配信開始する。

wk_091124rock01.jpg

 誰が置いたのかは知らないが、断崖の上にあるという伝説のギターを求め、各地の崖をひたすら登るロックンロールクライマー。自宅にいながら、ロッククライミングを体感できる。Wiiリモコンとヌンチャク、そしてバランスWiiボード(オプション)で、全身を使って壁をよじ登れ!

 遊び方は簡単。壁に設置されている「ホールド」に手足をかけて、上へ上へと登ってゆくだけ。両腕と両脚を使って、キャラクターを頂上へと導いていく。特にバランスWiiボードと連携させれば、体重を前にかけると、キャラクターもそれに応じて脚を伸ばし、後ろにかけると屈んでくれる。片脚を上げ、もう片方に体重をかけると、キャラクターも同じく脚を上げるので、実際に登っているような雰囲気を味わえるというわけだ。もちろん、Wiiリモコンとヌンチャクのみでプレイすることも可能だ。

 断崖絶壁を登りきるために重要なのが、バランス取りとスタミナ配分だろう。バランスを極端に崩したり、スタミナが切れると崖下へと落ちてしまう。スタミナは、ドリンクを拾うことで回復できる。


wk_091124rock02.jpgwk_091124rock03.jpgwk_091124rock04.jpg 無理な姿勢は長続きしない。スタミナにも注意しながら登るべし。それにしても、なぜ崖の途中にドリンクが落ちているのかは謎

wk_091124rock05.jpg バランスWiiボードを使わない場合は、「握力」のパラメータがルールとして追加。同じホールドを握り続けていると握力が減少し、なくなると手を離してしまう
wk_091124rock06.jpg 流れる滝を登ってゆく「ウォーター フォール」。コケが生え、滑りやすい ホールドが行く手を阻む
wk_091124rock07.jpg ひび割れだらけの崖だってある。足をかけられる場所が少ないため、慎重なルート選びが必要

wk_091124rock08.jpg 険しい雪山もステージとして登場する
wk_091124rock09.jpgwk_091124rock10.jpg 登りきったその先には、伝説のギターが待っている

wk_091124rock11.jpg

「ロックンロールクライマー」
対応機種Wii
ジャンルスポーツ
サービス開始2009年11月24日
Wiiポイント800P
CEROA(全年齢対象)
プレイ人数1人
(C) 2009 Nintendo ・特記事項 バランスWiiボード対応



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping