「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news070.jpg

ガンダム、(クリスマスツリーで)アキバに立つ

「機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT PLUS」の発売記念として、ガンダム一色にデコレーションされたクリスマスツリーが秋葉原に登場するようです。点灯式も行われる予定で、ゲストには古谷徹さんが招かれている。

wk_091127gt01.jpg 60体以上の「ガンダムプラモデル(ガンプラ)」が装飾された高さ約5メートルのツリーは、赤・青・白の「ガンダムカラー」をベースにデザインされる

 バンダイナムコゲームスは、 12月3日発売予定のPSP用ソフト「機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT PLUS」の発売を記念して、発売日の12月3日から12月25日まで秋葉原にガンダム一色にデコレーションされたクリスマスツリーを設置する。設置場所は秋葉原UDXビル2階東側デッキとなる。

 12月3日には午後8時よりスペシャルゲストに「機動戦士ガンダム」でアムロ・レイ役を演じた古谷徹さんを招いての点灯式も行われるとのこと(雨天決行)。なお、当日PSP「機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT PLUS」のソフトを購入して点灯式に持参したユーザーの中から先着100名を対象に、ツリーをバックにゲストの古谷さんを含めての

集合写真を撮影し、プレゼントする企画もあるとか(こちらは雨天中止の可能性あり)。

 「機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT PLUS」は、ゲームの基本ルールを2on2のチームバトルとし、4人のプレイヤーが2人ずつのチームに分かれて対戦を行うアーケードビデオゲーム「機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT」に様々な新要素を追加したPSPタイトル。歴代ガンダムシリーズで活躍した主役機や名脇役機が60機体以上も登場し、原作の名場面の再現や作品の枠を超えた共闘などが実現。さらに、やり込み度満点の「NEXT-PLUS」モードなども新たに収録されている。なお、本作には「機動戦士ガンダムUC」から主役機であるユニコーンガンダムがゲーム初参戦するほか、「機動戦士ガンダムOO」からはダブルオーライザーとリボーンズガンダムが、「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」からはウイングガンダムゼロカスタムとガンダムナタクの2機が新たに登場する。

「機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT PLUS」
対応機種PSP
ジャンルチームバトルアクション
発売予定日2009年12月3日
価格(税込)6279円
プレイ人数1人(通信プレイ時:2〜4人)
CEROA(全年齢対象)
(C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・毎日放送



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping