「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news047.jpg

ナニコレ:iPhone/iPod touchは、2万5000タイトルをそろえる最強のゲーム機か!?

iPhone/iPod touchのゲーム機としての勢いは感じるものの、「まだゲーム専用機には届かないのでは?」なんて感じている人も多いと思います。でもその実体はどうなのでしょう。

共存しているゲーム機

wk_091221nanikore04.jpg

 公式的な発表はないもののクリスマス商戦でiPod touchが世界的に売れているとか。こう教えてくれたのは、Appleのワールドワイドプロダクトマーケティング、iPod担当シニアディレクターのスタン・イング氏だ。しかも、売れている理由が、「ゲーム目的が大きな理由のひとつ」とのこと。では、iPhone/iPod touchって、ゲーム機としては、どうなんでしょうか?

 まず、ソフト数を調べてみましょう。約1年ほど前当時の時点で、App Storeのアプリの25%がゲーム関連だとか。現在では、App Storeの登録数は10万タイトルを越え、ダウンロード数は、20億以上という驚異的な数字。そんな、App Storeのアプリ数を、上記の数字を元に計算すると、ゲームだけで2万5000タイトル、5億ダウンロードという途方もない数が存在していることになります。

 しかし、2万5000タイトルは、さすがに怪しい。そこで、実際App Storeの「カテゴリ」の「すべてのゲーム」の「リリース日」で、1日の投稿日を調べてみました。12月17日深夜現在の時点で、200タイトル分調べてみた結果は、最新の日付である12/15投稿日が「92タイトル」、12/14投稿日が「76タイトル」がというもの。1日で、かなりのハイペースでゲームがリリースされているのが分かります。実際、1日50リリース平均であれば、500日で2万5000タイトルそろう計算に。そして偶然にも「App Storeの登録数は10万タイトルを越え」が発表された2009年11月4日は、App Storeのオープン日である2008年7月11日から481日目。日付にあまり誤差がないのです。App Storeに2万5000のゲームタイトルがあるってのも、あながち嘘とは言えないのかもしれません。とすると、iPhone/iPod touchは、世界で一番ソフトがリリースされている旬の携帯端末と言えるのではないでしょうか。

 では、本体の出荷台数はどうでしょうか? Appleの発表によると、App Storeのアプリを利用できるデバイスは、全世界で5000万台以上出荷(2009年9月29日発表)と言われています。実はこの数字、PSPとあまり変わらない出荷台数でもあるのです(PSPの数値は、2009年2月13日発表。正確には「2009年1月末時点で全世界累計売上台数5000万台」)。さすがに、ニンテンドーDSの世界出荷数1億には及びませんが、ゲームが動く端末としては、充分すぎる数が普及しているのです。

wk_091221nanikore02.jpg 現在は配信中の「Skies of Glory」。無料にも関わらず、8人まで同時にネット対戦ができるフライトシューティング。ライトゲームばかりと思われがちなiPhone/iPod touchのゲームは、すでにここまで進歩しています

 また、少々乱暴な言い方ではありますが、画面だけ見るとiPhone/iPod touchとPSPはあまり変わらないといった感じがします。実際、スタン・イング氏見せていただいた、レースゲーム「ニード・フォー・スピード シフト」(12月18日配信)を見る限りではPSPと表現力にあまり大きな差がありませんでした。また、iPhone/iPod touchには、「マルチタッチの入力」や「加速度センサー」など他のゲーム専用機にも優るとも劣らない魅力的な点が数多く存在します。これら独自のインタフェイスを使えば、ニンテンドーDSでもできないような新しいチャレンジも可能になります。実際、「ダンスダンスレボリューション S+」の場合は、シェイクモードとして、加速度センサーを使って踊るように遊べるモードが採用されています。つまり、他機種にはできない、ゲームを変える新しいイノベーションが、iPhone/iPod touchには既に存在しているのです。

 以前から、「iPhone/iPod touchは携帯ゲーム機市場を脅かす」などと言われていますが、そろそろ見方を変えた方がいいのかもしれません。つまり、「iPhone/iPod touchは、ニンテンドーDSやPSPを同時代で共存しているゲーム機である」という見方です。最初に紹介した、「クリスマス商戦でiPod touchが世界的売れている」というのも、そんな流れの結果なんではないでしょうか。


wk_091221nanikore01.jpg ソフト一覧の情報を元に調べてみると任天堂ハードで出ているソフト数は、約6900タイトルほど(2008年発売までで、バーチャルコンソールは含まず)。そう考えると、App Storeの2万5000タイトルのゲーム数が、いかにすさまじいかがよく分かる……
wk_091221nanikore03.jpg 実機でプレイを見せていただいた、ゲームロフトのFPSの「N.O.V.A.(ノヴァ)」。FPSのような特殊な操作のゲームも、遊べる工夫が施されています。また、4人までのマルチプレイも可能。画面も美しく、ゲーム専用機レベルの内容といえる完成度!

関連キーワード

iPod touch | App Store | iPhone | Apple | ナニコレ | ゲーム業界



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping