「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news042.jpg

蝶野、武藤が戦国武将になって大バトル!? 戦国時代を楽しめるイベント“戦国武将祭”開催決定!

コーエーは、3月6日(土)、7日(日)にイベント“戦国武将祭”を開催することを発表。ビッグゲストが多数登場する大規模なイベント、その発表会の模様をお届けする。

“戦国”に特化した大規模イベントが開催

 コーエーは、来る3月6日(土)、7日(日)に、さいたまスーパーアリーナにてイベント“戦国武将祭”を開催することを発表した。

 “戦国武将祭”は、コーエーの「信長の野望」、「戦国無双」の人気2シリーズを元に戦国時代を表現する大規模なイベント。豪華声優陣に音楽アーティスト、タレントにプロレスラー扮する“武将ファイター”などが出演し、ステージイベントなどを開催する。

 コーエー ファウンダー取締役最高顧問の襟川陽一氏は、「今回のイベントは、今までにない新しい歴史エンターテイメント。歴史ファン、歴史ゲームファン、戦国ファンなど、幅広い層に楽しんでもらえる。本イベントで昨今の歴史ブームをさらに盛り上げていきたい」と語った。

 続いてコーエーの代表取締役執行役員社長COO、松原健二氏が挨拶。「歴史、戦国時代は昨今ブームとなっており、歴史の楽しみかたが大きな変化を迎えている時代だと認識している。中でも戦国時代は、武将たちの人間ドラマを楽しめる、歴史の中でも一番のハイライトといえる題材ではないか。この戦国時代をピックアップし、より多くのファンに戦国時代を楽しんでもらおうと、本イベントを企画した」と、イベントの趣旨を説明した。

wk_100108koei01.jpg コーエーファンにとっては“シブサワ・コウ”という名のほうが馴染み深いであろう、襟川陽一氏
wk_100108koei02.jpg 代表取締役執行役員社長COO、松原健二氏。本イベントの企画趣旨を解説

 本イベントの概要は、プロデューサーであるコーエーの坂本毅氏が解説。イベントの題材となる時代は、桶狭間の戦いから関ヶ原の戦い。「戦国無双」シリーズの声優によるライブドラマやトーク、コーエーゆかりの音楽アーティストによるライブイベント、有名ファイターが戦国無双のキャラクターとなって戦うイベントなどが開催されるという。

 メインのステージに加えて、物販・アトラクションが楽しめるエリア“戦国楽市楽座”も開催。自身の顔をカメラで撮影し、どの戦国武将にどれくらい似ているかを顔認証システムで判別する「貴殿の顔はどの武将?」ほか、さまざまなアトラクションが用意される。

wk_100108koei03.jpgwk_100108koei04.jpg 本イベントのプロデューサー、坂本毅氏がプレゼンテーションを行った。多彩なアトラクションが用意されるとのこと

ビッグゲストが続々登場、イベントの意気込みを語る

 “戦国武将祭”に出演予定のゲストも登場。総合司会を務めるのは、杏さんと大東俊介氏。杏さんは「歴史は時代、人を問わず人を魅了し続ける力がある。昨今特に思うのは、皆で歴史を共感して楽しむとう風潮があると思う。この大きなイベントに参加させていただけることを大変光栄に思う」、大東さんは「大和魂を伝えられる最高のイベント。日本男児としてこのイベントを熱く盛り上げられるよう、頑張ります!」と意気込みを語った。

wk_100108koei05.jpgwk_100108koei06.jpg イベントの総合司会を担当する杏さんと大東俊介氏
wk_100108koei07.jpg 同じく司会を務めるお笑コンビの麒麟は、ビデオメッセージで挨拶。「武藤さん、蝶野さんが出るので、プロレスファンも必見の内容」

 音楽は、鈴木亜美、DJ KOO(TRF)、motsu(m.o.v.e.)の3人がスペシャルユニット“Phoenix 2:00AM feat.Ami Suzuki”を結成。鈴木亜美さんは「エイベックス所属の3人で新ユニットを組ませていただきました。ぜひイベントを盛り上げていきたい」、DJ KOO氏は「ダンスミュージックの無双奥義を極めたいと思います!」、motsu氏は「歴史に夢を見ることで、未来を明るく生きる、という思いを曲に込めました」とコメント。

 声優は、「戦国無双」シリーズで真田幸村を演じる草尾毅氏、織田信長を演じる小杉十郎太氏が登場。草尾氏は「今回はこのようなイベントに参加させてもらうことになり、とても嬉しく思う。真田幸村はどんな状況下においても、仲間のために目的意識をもって戦う武将。その信念をどんなときも忘れずに演じてきた」、小杉氏は「今や信長が僕に乗り移っている感じがします。今からワクワクしており、さいたまスーパーアリーナを熱く、熱くしていきたいと思っています」と意気込みを語った。

wk_100108koei08.jpg スペシャルユニット“Phoenix 2:00AM feat.Ami Suzuki”の3人。左から、DJ KOO氏、鈴木亜美さん、motsu氏
wk_100108koei09.jpgwk_100108koei10.jpg 「戦国無双」シリーズで真田幸村を演じる草尾毅氏と、織田信長を演じる小杉十郎太氏も登場

 姫武将を演じるのは、稲姫役の水野裕子さん、甲斐姫役の次原かなさん。水野さんは「大変緊張しておりますが、姫武将として、美しさ、華麗さ、強さをうまく表現していければいいな、と思っています」、次原さんは「甲斐姫は、かわいらしい用紙とは裏腹に男勝りなキャラクターで、日本版ジャンヌ・ダルクのような存在。イベントでは戦場の華になれるよう感張りたい」と語る。

wk_100108koei11.jpgwk_100108koei12.jpg 稲姫役の水野裕子さんと、甲斐姫役の次原かなさん

 武将ファイターを演じるのは、武田信玄役の武藤敬司、織田信長役の蝶野正洋氏。武藤氏は「プロレスをより多くの人に知ってもらうことを生き甲斐として頑張っている自分としては、最高のイベント。最高のアーティストにかこまれて、最高の試合を行います!」、蝶野氏は「I am 信長! 戦国を題材にしたイベントでプロレスが取り上げられることで、非常に感謝している。今回のイベントを通じて、さらに戦国ブームが広がってもらえれば」と意気込みを語った。

wk_100108koei13.jpgwk_100108koei14.jpg 武田信玄役の武藤敬司と、織田信長役の蝶野正洋氏。プロレス界の2代巨頭が、いったいどんな戦国バトルを見せてくれるのか!?

 イベントの詳細は下記を参照してほしい。

「戦国武将祭」

  • 開催日時:2010年3月6日(土)、7日(日) 午後2時開場/午後4時開演(※公演の時間は変更になる場合がございます)
  • 会場:さいたまスーパーアリーナ
  • 入場料(税込):VIP席(おみやげ付)1万5000円、大名席(テラス席・飲み物付)1万円、武将席(アリーナ席)9800円、S席7800円、CS席(カジュアルシート)5800円(※すべてのチケットで「戦国楽市楽座」に入場可能)
  • チケット販売:e+ 最速プレオーダー/1月12日(火)正午〜24日(日)午後6時、GAMECITY市民優先販売/1月21日(木)〜31日(日)、一般販売/1月30日(土)より開始

「戦国楽市楽座」

  • 開催日程:2010年3月6日(土)、7日(日)午前11時〜午後8時30分
  • 会場:さいたまスーパーアリーナ コミュニティアリーナ
  • 入場料(※コミュニティアリーナのみ、税込):前売り1800円、当日2000円
  • チケット販売:1月30日(土)より開始
※入場当日限り有効。小学生以下無料
※中学生・シニア(60 歳以上)200円引き
※『戦国武将祭』のチケットをお持ちの方は入場無料
※『戦国武将祭』チケットへのアップグレード可能(当日差額精算となります。席数に制限があります)。

主催:フジテレビジョン
協賛:エンタテインメト・プラス、エイベックス・エンタテインメント ほか
制作協力:NHKエンタープライズ、東映太秦映画村 ほか

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping