「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news103.jpg

週間ソフト販売ランキング:またあの夢の国へ

正月明けて、スクエニの人気シリーズ最新作がトップに輝きました。

週間ソフト販売ランキング

2010年1月4日〜2010年1月10日

順位機種タイトルメーカー発売日価格(税込)販売本数累計本数
1PSPキングダム ハーツ バース バイ スリープ(同梱版含む)スクウェア・エニックス2010年1月9日6090円44万600044万6000
2WiiNew スーパーマリオブラザーズ Wii任天堂2009年12月3日5800円15万9000286万7000
3NDSトモダチコレクション任天堂2009年6月18日3800円9万4000259万6000
4WiiWiiフィット プラス(同梱版含む)任天堂2009年10月1日2000円5万4000147万4000
5NDSゼルダの伝説 大地の汽笛任天堂2009年12月23日4800円4万900046万6000
6PS3ファイナルファンタジーXIII(同梱版含む)スクウェア・エニックス2009年12月17日9240円4万2000184万4000
7NDSポケットモンスター ハートゴールド/ソウルシルバーポケモン2009年9月12日4800円3万7000357万7000
8NDSイナズマイレブン2 〜脅威の侵略者〜 ファイア/ブリザードレベルファイブ2009年10月1日4980円3万7000101万3000
9WiiWiiスポーツ リゾート任天堂2009年6月25日4800円3万3000166万9000
10PSPファンタシースターポータブル2セガ2009年12月3日5040円2万700053万3000

メディアクリエイト調べ


 テレビCMで宇多田ヒカルの歌声が流れるにつけ、ディズニーのキャラクターたちとの冒険の日々が思い出されます。1月9日発売のPSP「キングダム ハーツ バース バイ スリープ」がついに発売となりました。結果はご覧のとおり。初週で45万近く販売し、トップについています。

 ちなみに、「キングダム ハーツ バース バイ スリープ」は、「キングダム ハーツII FINAL MIX+」に収録されていたシークレットムービー「Birth by sleep」で提示された謎が明らかになる作品で、シリーズ中もっとも過去という設定となっています。シリーズ経験者は、過去作で崩壊していた世界を新たなステージとして遊ぶことができます。リピーターの多くが楽しみにしていた作品だけあって、2週目以降どう推移していくのか注目です。

 また、「New スーパーマリオブラザーズ Wii」がいつのまにやら300万本に迫っています。相変わらず週間でコンスタントに15万本ほど売れており、このペースを保てば300万本はもちろん、400万も見えてくるのではないでしょうか? ちなみに、一番売れたスーパーマリオ」シリーズは、ファミコン版の「スーパーマリオブラザーズ」の681万本。さすがにこれには及びませんが、2006年に発売されたニンテンドーDS「Newスーパーマリオブラザーズ」の519万本には肉薄してもらいたいものです。ちなみに、Wiiでは2007年に発売された「スーパーマリオギャラクシー」が98万本販売しています。Wiiでの「スーパーマリオ」としては、もっとも売れた作品となりました(CESAゲーム白書調べ)。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping