「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news019.jpg

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:ゲーム作りの参考になる? 「えりかとさとるの夢冒険」 (1/3)

連載第82回は「えりかとさとるの夢冒険」(ナムコ)。2人同時プレイができるアドベンチャーゲームです。動物が人間のように暮らす“不思議な世界”を探検する、ほのぼのとした世界観なのですが……。

新しいゲームを買ってみたら、2本続けてクソゲーだった

wk_100129gameman01.jpg 箱根駅伝の激闘が記憶に新しい横浜駅前にて。「えりかとさとるの夢冒険」には、ヨコハラという港町が出てくる

 ゲームを作りたい。

 昨年「リアルサウンド 風のリグレット」(ワープ)をプレイしてから、「こんなアドベンチャーゲームを作りたい」という思いが、日に日に高まってきているのだ。

 その参考にすべく、ここ最近、ニンテンドーDSのアドベンチャーゲームを立て続けにプレイしている。中でもやっぱり、レベルファイブの「レイトン教授」シリーズや、「スローンとマクヘールの謎の物語」にはハマった。

 あと、意外に良かったのが「フリーライター橘真希」(ゼンリン)。城崎、洞爺湖、由布院と、実在の温泉地を舞台にしたミステリーもので、地図のメーカーが出しているだけに、マップ画面が正確。観光案内も充実している。最初は登場人物がみんな痛くて引きそうになるけど、それに慣れてくると、けっこう良くできてておもしろい。

 一方、その次にプレイしたアドベンチャーゲーム(仮に「某A」とする)と、さらにその後プレイしたゲーム(仮に「某B」とする)はひどかった。

 どちらも文章が無駄に長くて、読むのがしんどい。その割に選択肢は少ないし、1つ違う選択肢を選んだだけでも、バッドエンディングに飛ばされる。某Aはさらにひどいことに、ベストエンディングが鬱展開。ベストなはずなのに、登場人物が6人も死ぬ。最後に探偵が依頼人へ、事件の全容について報告するのだが、「え、それで依頼人が納得するの?」というあいまいな内容。3人目の被害者がすごい悪人なので、全部その人に罪を被せれば良かったのに。せっかく実在の土地が舞台なのに、観光名所が全然出てこなかったことも気になった。

 某Bの方は、文章の表示速度が遅い。文字が1字ずつ表示される本がどんなに読みにくいか、開発者は想像できなかったのだろうか? 文章が長いくせに、説明書は簡潔すぎて、特に戦闘シーンでは何をどうすればいいのか分からない。とろいし。

 セーブとロードを繰り返さないと先へ進めないゲームバランス。分岐に凝りすぎて、長い割に薄くなったゲーム内容。初歩的な誤植も多い(方角が間違っているとか)。個人的にすごく期待していたゲームだけに、裏切られた感が強い。

 とにかく某Aも某Bも、テキストデータは容量食わないと思ったのか、詰め込みすぎ。こういうゲームの開発者は、限られた容量でゲームを成り立たせている、レトロゲームから学んだ方がいい。今回は「えりかとさとるの夢冒険」で、文章量に頼らないアドベンチャーゲームの作り方を見ていくことにしよう。

wk_100129gameman02.jpg パッケージイラストのえりかが美人すぎる。とても小学生とは思えない

ふたりで森行ったん

 「えりかとさとるの夢冒険」は、1988年にナムコから発売されたアドベンチャーゲーム。双子の小学生、えりかとさとるが主人公の、メルヘンチックな物語だ。

 夏休み最後の夜。2人は家の前を通っていく変な生き物を見つけた。洋服を着て2本足で走る猫だった。2人は猫の後をつけていくが、大木の下にたどり着いたとき、「“時の冠”を探すがいい」という声がして、不思議な世界に飛ばされてしまう。2人は、動物が人間のように暮らすこの世界で、本当の幸せを知ることができる“時の冠”を探すのだった。

wk_100129gameman03.jpg 最初に表示されるこの一文が個人的に好き。文字表示欄は本になっていて、新しい文が表示されるときにはページがめくれる
wk_100129gameman04.jpg 「不思議の国のアリス」や、登場人物が猫になっていたアニメ映画版「銀河鉄道の夜」をほうふつとさせる
wk_100129gameman05.jpg 要所要所に現れて、えりかとさとるにヒントをくれる虚無僧。その正体はエンディングで示唆される

 どうだろう、不思議な世界の細かい舞台設定とか、そもそも2人がこの世界に飛ばされた理由とかが説明されないこの簡潔さ。これはこれで簡潔すぎるきらいもあるけれど、冒頭部分はどうしても説明が長くなりがちなので、むしろこれくらい大胆に、はしょった方が、プレイヤーがすぐゲーム本編に入ることができて、いいのかもしれない。

 ゲーム本編が始まると、表示されるのは見下ろし型のマップ画面。十字キーでこのマップの中を移動し、町を探索していく。2人のどちらかが建物などに入ると、一枚絵の表示される「クローズアップ画面」となる。ここでコマンドを選択して謎を解いていく。

 1人がクローズアップ画面に入っているとき、もう1人は、同じ場所に合流することは可能だが、別のクローズアップ画面を表示させることはできない。

wk_100129gameman06.jpg えりかとさとるそれぞれを中心とした、2枚のマップが表示される。セレクトボタンでえりかとさとるを切り替える
wk_100129gameman07.jpg 駅前の駐輪場で自転車に乗れば、速く移動できる。2章までは自転車に乗ったまま、すべての場所へ行ける
wk_100129gameman08.jpg それぞれの町に、2人を泊めてくれる家がある。泊まることでフラグが立ち、先へ進める場合も

 「えりかとさとるの夢冒険」最大の特徴は、アドベンチャーゲームなのに、2人同時プレイができること。コントローラー1でえりかを、2でさとるを操作する。2人同時にマップを移動できるし、1人がクローズアップ画面でコマンドを選んでいる間も、もう1人はマップを移動できる。2人でクローズアップ画面に入ったら、交互にコマンドを選ぶことになる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping