「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news075.jpg

日々是遊戯:すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ……「真・女神転生」の怖すぎるウワサは本当だった?

「真・女神転生」の間ではわりと有名な「怖いウワサ」をご存知ですか? そのシーンを実際に再現、録画した動画が「ニコニコ動画」で話題となっています。

絶対に夜、一人では見ないでください

 日常と非日常の狭間を描いた独特の世界観や、悪魔合体・悪魔会話といったユニークなゲームシステムで人気の「真・女神転生」シリーズ。そんな「真・女神転生」にまつわる、ちょっと怖いウワサをご存知でしょうか?

 ウワサの出所は、2ちゃんねるのレトロゲーム板から。ある人が昔、「真・女神転生」(初代)を遊ぼうと思ってスーパーファミコンの電源を入れたところ、いつもは流れるはずのオープニング画面がその日はなぜか出てこない。「接触不良かな?」と不思議に思っていると突然、次の瞬間、画面いっぱいに真っ赤な文字で、

すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ
すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ
すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ
すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ
すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ

と表示されたのだとか……。ちょっ、そ、それはいくらなんでも怖すぎる!!

 果たしてこれは本当だったのでしょうか? シリーズファンの間ではたびたび話題にのぼるほど有名な話ですが、その真偽についてはいまだ不明なまま。ところが最近になってついに、このシーンを実際に再現・録画してしまった動画が「ニコニコ動画」に投稿され話題となっています(※)。

 投稿者の説明によると、再現方法はごくシンプルで「“当たり”を引くまでひたすら電源のオン・オフを繰り返す」のみ。本当にそれで再現できるのか、ウワサは真実だったのか……結果はぜひ、実際に動画でご覧下さい。勇気のある方は、部屋の電気を消して、ヘッドフォンのボリュームを上げて再生してみることをおすすめします……。

 ちなみにこのウワサにはちょっとしたオマケもあって、開発者と名乗る人物がその後、掲示板に現れてウワサの真相を告白していたりします。

 それによると、このイタズラを仕込んだのは自分ともうひとりのプログラマーで、「真・女神転生」というタイトルにふさわしい隠し要素を――とメインプログラマーにも秘密でこっそり入れておいたのだそう。また当初は256分の1の確率で発生するはずだったものの、それではすぐに見つかってしまうだろう、ということで最終的には65536分の1に変更。しかしそれでも、初期ロットが出た後すぐに発見され、修正されてしまったのだそうです。

 書き込んだのが本当に開発者だったのか、書き込みの内容が真実なのかどうかは定かではありませんが、上記動画と合わせて考えると、ひととおりの筋は通っているように思えます。自分がもし「アタリ」を引いてしまったらと考えるとゾッとしますが、たまにはこういうイタズラがあってもいいかもしれません。

wk_100202hibikore01.jpg こちらが普通のオープニング。ちなみに「普通」の方もかなり怖いです
wk_100202hibikore02.jpg そしてこちらが問題のシーン (※あまりに怖すぎたのでモザイクをかけました)

※あくまでも再現であり、実際のゲーム画面とは異なるものになります。
(C)1992 ATLUS



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping