「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news052.jpg

日々是遊戯:むりやり企画:バンクーバーオリンピックの各競技をゲームで体験してみよう

バンクーバーオリンピック、盛り上がってますよね。日々是遊戯もそれに乗っかりましょう! と安易に考えたまではよかったのですが……。1人で冬季オリンピック開幕です。

意外に少ない!? オリンピックゲーム

 みなさん、オリンピック見てますか? どこもかしこもバンクーバーオリンピック一色な今日このごろ、せっかくだからゲームでもオリンピック気分を味わいたいですよね。

 ということで、今日はバンクーバーオリンピックの各競技をゲームで体験してみよう――という無理矢理企画。いや、まあ、「マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック」(Wii/DS)あたりを買えば一発なんじゃないかと思うのですが、どこかから「それじゃつまんないだろ!」と声が聞こえたので、今回は純粋なオリンピックゲームは除外しています。そのため一部にやや苦しい種目もあったりしますが、それはそれで……。それにしてもなかなか思いつかないものです(あくまでも個人の記憶と思いこみで構成されていますことを先にあやまっておきます)。

スキー:アルペン→「ファミリースキー ワールドスキー&スノーボード(Wii)

 まずは、スキー系と言えばとりあえず「ファミリースキー」は押さえておきたい!

wk_100223hibikore02.jpg ファミリースキー ワールドスキー&スノーボード

スキー:クロスカントリー→「ジェットセットラジオフューチャー」(Xbox)

 意外にゲーム化されてないクロスカントリー。道なき道を滑る、ということで「ジェットセットラジオ」では……い、いきなり苦しい。あくまでも雰囲気ですよ雰囲気。

スキー:ジャンプ→「Wii Fit」(Wii)

 これはそのまんま、「Wii Fit」に入ってますね。ほぼ、そのものずばりといった感じで楽しめます。

スキー:フリースタイル→「ストークト」(Xbox 360)

 スキーじゃなくてスノボですが、ダイナミックに雪山を滑降する気分は味わえるかと……。

スキー:スノーボード→「Wii Fit Plus」(Wii)

 「ストークト」を使ってしまってどうしようかと思っていましたが、ここは無難に。ハーフパイプ気分を味わいたいなら、「Wii Fit Plus」のスケボーがぴったり。

スケート:スピードスケート→「デカスポルタ2 〜Wiiでスポーツ“10”種目〜」(Wii)

 これも意外に少ないスピードスケート。オリンピックゲーム以外では「デカスポルタ2」に収録されています。

スケート:フィギュアスケート→「くるくるプリンセス 〜ときめきフィギュア☆めざせ! バンクーバー」(DS)

 目指しますバンクーバー。タッチ操作でフィギュアスケートが楽しめます。目指せ世界一!

アイスホッケー→「NHL 2K10」(PS3/Xbox 360)

 アイスホッケーは本格的なゲームがたくさん出てますね。とりあえず最新版をチョイスすれば問題ありません。

ボブスレー→「マリオパーティ2」(N64)

 「マリオパーティ」シリーズの「スライダーボブスレー」大好きでした。残念ながら最近のシリーズには入っていないみたい。記憶力の勝利。

wk_100223hibikore03.jpg 思いだそうとしても出てこなかったカーリングは苦肉の策で「ドラゴンクエストVI 幻の大地」のミニゲームでお茶を濁す

スケルトン→「ソニックワールドアドベンチャー」(PS3/Xbox 360/Wii)

 ソリに乗って頭から滑降する競技・スケルトン。このスピード感を再現できるのは「ソニック」しかない!(強引) さあ、かなり困ってきたのが分かりますね。

バイアスロン→「LOST PLANET」(PS3/Xbox 360)

 クロスカントリーと射撃を組み合わせた複合競技・バイアスロン。雪と射撃と言えば「LOST PLANET」しかない! (もうこじつけの極み)

カーリング→「ドラゴンクエストVI 幻の大地」(DS)

 DS版「ドラクエVI」で追加されたミニゲーム「スライムカーリング」。スライムを投げて得点を競え! ちょっと、やけくそぎみです。



 ――ええと、一部どころか苦しい種目だらけになってしまいました。ちょっとだけ言い訳させてもらうとですね、冬期オリンピックの種目って、単体でゲーム化されているものがホントに少ないんですよ!! スケルトンとかもうね……。

 ちなみに上で挙げた「マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック」なら上記種目をバッチリ全部カバー(もちろんスケルトンも!)。おまけにマリオやソニックの世界観を生かした、様々な「ドリーム競技」で遊ぶこともできるのだそう。何それ超楽しそうなんですけど! 

 そんなわけで今回の結論は、「無理に他のゲームでオリンピック気分を味わうなら、おとなしくオリンピックゲームを買った方が早いし楽しい」ということになりました……。バンクーバーオリンピックも残すところあと1週間をきりましたが、みなさんもそれぞれのアイデアでオリンピックを楽しんでみてくださいね。

wk_100223hibikore01.jpg 最初から「マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック」やればいいんじゃね? というオチが分かったうえでの犯行(執筆)です

※あくまでも筆者のうすらぼんやりとした記憶の中からかき集めた、強引なラインアップとなっています。ちゃんとその競技を扱ったソフトがあるかもしれませんが、それはそれ。皆さんだけのオリンピックで楽しんでください。



(C)TM IOC. Copyright (C) 2009 International Olympic Committee (“IOC”). All rights reserved. SUPER MARIO characters (C) NINTENDO. SONIC THE HEDGEHOG characters c SEGA.
(C)2008 NBGI
(C)2010 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/ARTEPIAZZA/SQUARE ENIX All Rights Reserved.



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping