「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news060.jpg

たかはし智秋 最初で最後の写真集「Juicy Dancing」発売記念イベント

普段から過激な衣装が話題の声優、たかはし智秋さんの最初で最後の写真集「Juicy Dancing」発売を記念して握手会が開催された。

 「THE IDOLM@STER」シリーズなどで活躍するたかはし智秋さんの最初で最後の写真集「Juicy Dancing」が2月10日に発売され、13日に握手会が福家書店 新宿サブナード店で開催された。

 声優の写真集には大変珍しく、手ブラ・髪ブラなどもありの過激な1冊であるだけに、秋葉原では即完売の店舗も多数。イベント当日、400人以上ものファンが駆けつけ行列を作る中、イベント登場直前のたかはしさんにお話を伺った。

wk_100224takahashi01.jpgwk_100224takahashi02.jpgwk_100224takahashi03.jpg たかはし智秋さん

最初で最後の理由

―― 初めてで、なおかつ最後の写真集ということですが、本当に終わらせてしまうのですか?

たかはしさん そうですね。私は本業が声優なのですが、グラビアに出させていただいたきっかけというのが、グラビアアイドルをはじめいろんなジャンルの方が声優に挑戦することが多いので、逆の発想で声優もグラビアをやったらどうかなっていうものだったんです。グラビアアイドルとして私が伝えたいメッセージはもうたくさん伝えられたので、これ以上グラビアに出るとグラビアアイドルの領域を侵してしまうことになり、ちょっと笑えなくなってくる。ミイラ取りがミイラになるじゃないですけど、そうなってしまうのは避けたいと思って最後にしました。

―― 転職は考えてらっしゃらないのですか?

たかはしさん 声優一本でいきます。私、普通の女の子に戻りま……せん(笑)。あくまで声優ですが、こんな声優さんも居ていいんじゃないかと。これを機会に、みなさんが私の出演するいろんな作品を楽しんでくださったら幸いです。あと、この子の声が聴いてみたいと思っていただけるとなお嬉しいので、吹き替え作品なども観ていただけるとありがたいです。

―― グラビアを始めたのはいつ頃でしょうか。

たかはしさん 2年前の、2008年12月25日売りの「sabra」2月号で出させていただいたのがきっかけです。私のブログを見た小学館の方がスカウトしてくださったんです。普通の声優さんはこういう過激でセクシーなものには出演しないんですけれども、私は以前からマドンナやビヨンセなどのセクシーディーヴァに憧れてまして、そういう面からsabraの方にお声がけいただいたんです。そのような作品だったら私のパーソナルを生かすよい作品ができるんじゃないかということで、お受けしました。

wk_100224takahashi04.jpgwk_100224takahashi05.jpgwk_100224takahashi06.jpg

グラビアアイドルと声優の違い

―― 1年くらいグラビアをされて、声優の仕事との違いはありましたか?

たかはしさん 逆に近いところが多かったですね。アフレコも一瞬の絵に合わせて本番で撮るじゃないですか。舞台とかもそうだと思うんですけれども、瞬発力の勝負なんですね。同じところをもう1回撮りますって言っても全く同じお芝居は出てこない。グラビアも同じで、1回撮り終えたらちょっとしたショットでも少しずつ違う。一瞬一瞬のひらめきが大切であること、それはアフレコもグラビアも同じなんだなと思い、クリエイティブなものに全部つながるのかなってすごく勉強になりました。

―― 声優仲間で、この子はグラビアアイドルやったらいいなっていう子はいますか?

たかはしさん 声優さんも瞬発力が必要になってくるお仕事なので、みんな向いてるんじゃないかって私は思ってます。ただ、過激なお洋服を着るのはどうかと思う方もたくさんいらっしゃるので、我こそはって子は逆に私に連絡をください(笑)

―― プライベートも今日の衣装のような露出度の高い服装なんですか?

たかはしさん そうですね。お出かけするときはセクシーディーヴァを真似た格好などをします。マドンナとかシャキーラとか、後はパリス・ヒルトンの服も好きですね。

wk_100224takahashi07.jpgwk_100224takahashi08.jpgwk_100224takahashi09.jpg

―― 実写の女優をやりたいとかは?

たかはしさん 私のコンセプトとキャラクターが生かせるものであればぜひ。勉強します。

―― 女優でやってみたい役はありますか?

たかはしさん 私から希望というよりも、グラビアもそうですけれども、どちらかというと私の眠っているものを掘り起こしていただくような、私自身の新しい発見を見い出していただけたら嬉しいと思いますね。私はまだまだ発展途上だと思うので。

―― 女優をやるならセクシーさを生かしたいという希望はありますか?

たかはしさん セクシーな女優さんはたくさんいらっしゃるので、私のパーソナルを生かして、なおかつセクシーというのがどのような作品になるのか全然想像がつかないんですけれども、そういうミラクルやいいマッチングがあると嬉しいですね。

―― 今回の写真集と連動してDVDがリリースされるそうですね。

たかはしさん 3月30日に「JUICY JUICY JUICY」というタイトルでリリースされます。“Juicy”って私の口癖なんですけれども、どこから来たかっていうと、私は緊張すると手に汗をかくんです。“手に汗Juicy”みたいな。嘘ですけれども(笑)。セクシーかつ私の真面目なコメントもあり、加えて声優仲間にもご協力いただいて出演しているので、そちらの方も楽しみにしていてください。

BLEACHの松本乱菊とコラボ?

―― 今回の写真集でお気に入りの1ページは?

たかはしさん 本当にすべて気に入っております。その中でも私が今出演しているアニメ版の「BLEACH」で斬魄刀(ざんぱくとう)異聞篇というのが放送されているんですけれども、私は灰猫という刀の役をやってまして、その刀の持ち主の松本乱菊というキャラクターがとってもセクシーで素敵なお姉さんなんです。アフレコ中に、乱菊をやってもいいか仲間と相談してできたのがこのページです。松本乱菊というキャラクターをイメージしたら、刀が私に刺さってるっていうね(笑)。どこに刺してるのー、みたいな(笑)

wk_100224takahashi10.jpgwk_100224takahashi11.jpgwk_100224takahashi12.jpg たかはしさんのお気に入りのページ(写真:中央)

―― 撮影に対する恥ずかしさは?

たかはしさん 恥ずかしいも何も、素適な写真ならばいい。作品ですね。私含めスタッフ全員、本当に素敵な1枚のための芸術として捉えていますから。何事も突き詰めると職人技になると思うんですけれども、こだわると恥ずかしさよりも芸術性を高める方に頭がシフトしていきました。スタイリストさん、カメラマンさん、スタッフさん、本当にみんなが一つになって、みんなの愛情がいっぱい詰まったこの「Juicy Dancing」です。感謝しています。

―― ありがとうございました。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping