「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news070.jpg

日々是遊戯:ゲーマーがもっとも参考にするのは、1位「体験版」、2位「プレイ動画」

アメリカの調査会社が行ったアンケートによると、ゲーマーはメーカーが公開している「トレーラー映像」よりも、「体験版」や「プレイ動画」をより参考にしているとの結果が得られたそうです。

プレイ動画の販促効果は大きい?

wk_100308hibikore01.jpg

 ゲーマーがもっとも参考にするのは「体験版」と「プレイ動画」――アメリカの調査会社BLITZ Digital Studiosがゲーマー1000人を対象に行った調査で、そんな興味深いデータが明らかになったそうです。

 調査対象は「週7時間以上ゲームで遊ぶ、13歳から35歳のゲームユーザー」で、データによると「ゲームに関するオンラインコンテンツで、あなたの購買に影響を与えるものは?」との質問に対し、55%のユーザーが「体験版」を「もっとも参考になる」と回答。以下、2位に「プレイ動画」(47%)、3位に「トレーラー(予告)映像」(37%)と続きます。一方で「プレミアムコンテンツ」「ポッドキャスト」「壁紙ダウンロード」などは、購買への影響力という点では弱いとのこと。

 1位の「体験版」は納得の結果ですが、メーカーの公式サイトなどではよく見られる「トレーラー映像」を押さえて、2位にプレイ動画が食い込んでいるのは興味深い結果と言えるのではないでしょうか。BLITZ Digital Studiosはこれについて、以下のようにコメントしています。

「熱心なゲームプレーヤーはできるだけ早くゲームの情報を得たいと考えており、それが体験版を通じてのものか、それとも誰かのプレイ動画を通じてのものかはその際あまり関係ありません。マーケティング担当者はしばしば、見栄えのいい場面しか公開しなかったり、プレイ動画自体を公開しなかったりといった失敗をしますが、最近では動画の撮影が容易になったこともあり、ユーザーの動画がこれらの失敗を補っています」

 BLITZ Digital Studiosの指摘は、メーカーのマーケティング担当者にとっては少々耳が痛いものかもしれません。名場面集のようなトレーラー映像は確かに目を引きますが、ゲーマーがそれ以上に求めているのは「体験版」や「プレイ動画」といった、より生のプレイに近いものだというわけです。「ニコニコ動画」や「YouTube」といった動画投稿サイトでゲームのプレイ動画が人気なのは以前にも紹介したとおりですが、実際にデータで販売促進効果が示されたのははじめてかもしれません。これ以外の調査データについては、BLITZ Digital Studiosのサイトからダウンロードすることが可能となっています(要登録)。

「トレーラー映像じゃゲームは分からない。僕は本当のゲームプレイを見たい、だからYouTubeに行くんだ」

 あるゲーマーは上記のように答えたそうです。 あなたはゲームを購入する際、どんな情報を参考にしていますか?

wk_100308hibikore02.jpgwk_100308hibikore03.jpg


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping