「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news042.jpg

大人のゲーム環境構築は家具から考える (1/3)

ゲームをプレイする環境というと、モニターやスピーカーを考える人も多いはず。もちろん、それも大事だが、真の大人は家具もきっちりそろえておきたい。ということで、数々のデザイン家具を送り出しているハーマンミラージャパンさんに「ゲームプレイにおすすめ!」なプロダクツを聞いてきました。

ステキなゲーム環境って何だろう?

 ゲームを遊ぶにあたって、もっとも快適な環境とは何か――。

 筆者は、液晶モニタ−、プラズマはもちろんのこと、ヘッドマウントディスプレイ、450インチスクリーン+ドルビー対応の映画館でのゲームプレイ、5.1chのサラウンドスピーカーやヘッドセットと、過去にありとあらゆるゲーム環境を体験してきた。

 その中でも、軽視しがちだったのがイスやデスクのプレイ環境だったが、これを改善することによって、肩こりの軽減、長時間プレイ時に蒸れない、姿勢が楽になる、といった様々なメリットが得られることに気がついて以来、現在はそれなりに気をつかった構成にしている。とはいっても、まだ筆者が使用しているのは、個人用の環境にしか手が届いていないのが現状だ。

 そこで、今回は、様々なゲームのシチュエーションにあった家具を、ハーマンミラー・ジャパンの前澤恵子さんに紹介していただいた。ハーマンミラー・ジャパンは、ワークチェアとして有名な「アーロンチェア」をはじめ、「イームズラウンジチェア」、「イームズシェルチェア」といったさまざまなプロダクツを展開している。プロダクツコンセプトの「問題を解決するためのデザイン」を実現した家具の数々は、日本はもちろん、世界中に愛好家を生み出している。

 それでは、さっそく前澤さんに大人のための魅惑の家具ワールドへ誘っていただこう。

wk_100317otona01.jpg 前澤恵子:ハーマンミラージャパン株式会社マーケティング部プロダクトマーケティングマネジャー。大学で美学・美術史を学ぶ。電機メーカー勤務の傍らインテリアを学び、1997年にハーマンミラージャパン株式会社に入社。ハーマンミラー社の「問題を解決するデザイン」の良さを多くの人に伝えることに日々務めている

wk_100317otona02.jpgwk_100317otona03.jpg 左が「アーロンチェア」、右が「イームズラウンジチェア&オットマン」。ハーマンミラー社のプロダクツといえばこの2つが代表的なモデルだ。ハーマンミラーの名を知らずとも、この2つを見たことがある、という人も多いのでは?
wk_100317otona04.jpg 過去に映画館を使用してゲームイベントを行ったときの写真。音響効果は抜群だったものの、長時間のプレイはさすがにしんどかった……

家族みんなでゲームを楽しみたい、そんな方には……

 まずは、リビングでWiiを遊ぶファミリーにオススメの家具セットを前澤さんに聞いてみたところ、「リビングで家族そろってゲームを楽しみたいという方には、『イームズソファコンパクト』と『イームズエリプティカルテーブル』のセットがおすすめです」と断言する。

「このソファは、デザイナーのイームズの自宅にあったソファを原型に製品化されたもので、コンパクトという名前ですが、ゆうに3人が腰掛けられます。これに、サーフボードテーブルの愛称で親しまれている『エリプティカルテーブル』をあわせると、ソファのどの位置に座ってもテーブルが目の前にあるので、ちょっとものをおいたりするのにもいいんです」(前澤さん)

 大型のテレビと併せて、リビングルームにこれをおけば、家族団らんの場がより快適になるだろう。また、実際に自宅で『イームズソファコンパクト』を使用している、という前澤さんは「ソファを買うときには、みなさんデザインや色味ばかりチェックされていて、意外と見落としがちなのが、掃除のしやすさなんです。このモデルは足がすっきりとしていて掃除がしやすいですから、そういった意味でもファミリーユースにお勧めですね」とのこと。

 さらに、もっとハイクラスなソファを家族で使いたい方には、ということでオススメしてもらったのは『イームズソファ』。2シートと3シートの2モデルがあり、それぞれ140万円と160万円というソファだ。「1950年代を中心に生まれたミッドセンチュリーの流れの集大成といってもいいこのソファは、世代を超えて受け継いでいく家具といえます。家族でゲームをする、映画を見る、そういった空間がさらに印象深くなっていくでしょう」と前澤さん。

 家族でゲームを遊ぶ、というと多くの人は任天堂のWiiを思い浮かべるだろうが、今後は、カメラを使用した認識技術が話題のマイクロソフトのProject Natalや、ソニーのPlayStation Move、PlayStation Eyeをはじめ、様々なゲームがリビングに設置されていくだろう。その中に、誰もがくつろげる環境を構築する、というのは大人のたしなみのひとつ、と言えるのかもしれない。

wk_100317otona05.jpg

イームズソファコンパクト

価格:62万6850円(税込)

イームズソファコンパクトと、イームズエリプティカルテーブルは、それぞれ数色のバリエーションが用意されている。リビングルームのテイストにあわせて選びたい。


wk_100317otona06.jpg

イームズエリプティカルテーブル

価格:12万9150円(税込)

サーフボードのような形状のこのテーブルは、ソファー全面に天板が届くため、非常に使い勝手がいい。


wk_100317otona07.jpg

イームズソファ

価格:138万4,950円〜(税込)

前面のレザー部分に目がいきがちだが、使い込むほどに味が出るプライウッド製の背面部は、壁に向けておくのはもったいないほどの質感だ。


wk_100317otona08.jpgwk_100317otona09.jpgwk_100317otona12.jpg

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping