「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



日々是遊戯:専用レコーダーとの違いは? トルネでできること、できないこと (2/2)

前のページへ 1|2       

トルネにしかできないこと

  • なめらかに動くインタフェース
  • 分かりやすい操作方法
  • なにもかもが高速
  • トルミル機能
  • 視聴履歴の集計(チャート機能)
  • トロフィー機能
  • PSPによるリモートプレイ

 逆に専用機にはない、トルネならではの魅力ももちろん存在します。機能面では、PSPを使ったリモートプレイがユニーク。アドホック通信が可能な範囲なら、家のどこにいてもテレビ番組の視聴が可能となります。お風呂場や自室のベッドなどで録画した番組を消化できるのは意外に便利で、他にもキッチンやトイレなど、いろんな場所での活用が考えられそう。

 また個人的に気に入っているのが「トルミル」機能で、これはその番組をどれくらいのユーザーが視聴・録画しているかが分かるというもの。例えば選局画面で「ミル」数が多ければ、「ああ、いまの時間は○○テレビが盛り上がっているんだな」と一目で分かるし、番組検索で「トル」数順にソートすれば、話題の番組をすぐにチェックすることが可能。まめにチェックしておけば「あっ、昨日M-1グランプリやってたんだ!」といった悲劇を防げぐことも可能です。現状ではランキングの上位をアニメ番組が占めまくっていますが、そこはまあ、ご愛嬌ということで。

wk_100319hibikore08.jpg 選局時には、現在その局をどれくらいの人数が見ているのかが一目で分かります

wk_100319hibikore09.jpg 3月19日時点でのトル数ランキング。タモリ倶楽部の意外な人気が!

wk_100319hibikore10.jpg 自分がこれまでにどんな番組を見たか、チャートで表示することもできます

 ――以上、ごく簡単にではありますが「トルネにできること」「トルネにできないこと」「トルネにしかできないこと」の3点にわけて、トルネの特徴・機能を整理してみました。

 もしもトルネと専用機、どちらを買ったらいいか悩んでいる人がいたら、まずは自分の視聴スタイルが「どんどん録画してどんどん消去したい」派か、それとも「録画した番組はきっちりCMもカットしてBDに焼いて残しておきたい」派かで判断するといいかもしれません。シングルチューナーで、外部メディアへの書き出しも不可能なトルネは、後者のスタイルにはまったく向きませんが、一方で筆者のように普段はあまりテレビを見ず、気になる番組だけチェックできればいい――という人にはよく馴染むのではと感じました。

 価格面でのアドバンテージも大きく、すでにPS3を所有しているユーザーであれば、わずか9980円の出費で地デジ環境をそろえることが可能。仮に1TBの外付けHDDを一緒に購入したとしても、トータルで3万円以内にはおさまるはず。お金をかけず、とにかく地デジの視聴・録画環境を手軽にそろえたい――という人にとって、トルネは唯一無二の選択肢となり得るでしょう。

 何より、繰り返しになりますがトルネの最大の魅力は、従来の家電にはない快適かつ分かりやすいインタフェースにあります。公式サイトのムービーを見てビビッと来た人なら、購入を検討してみてもきっと損はないと思いますよ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.