「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news070.jpg

Xbox 360、2010年春のLIVEアップデートによるUSBメモリ対応へ

マイクロソフトは4月6日のLIVEアップデートにより、USBメモリがストレージ機器として対応できるようになると発表した。

wk_100329xbox01.jpg

 マイクロソフトは4月6日、Xbox LIVEを通して行われる2010年春のLIVEアップデートにより、USBメモリがストレージ機器として対応することになると発表した。

 Xbox 360に新たにサポートされるUSBメモリを活用すると、ゲームのセーブデータ、ユーザーのプロフィール、Xbox LIVEコンテンツの保存場所の選択肢が増えるほか、各種データを持ち歩くことも可能になる。これでUSBメモリは、様々な種類のXbox LIVEコンテンツを最大16GBまで、ストレージ機器として利用できる。

 なお、サンディスクとの提携により、Xbox 360用のUSBメモリが5月にサンディスクから発売となる (日本での発売日は未定)。このUSBメモリはXbox 360で初期化なしで使えるよう設定されており、本体に挿入するだけでXbox LIVEのすべてが利用できるほか、1カ月分のXbox LIVE ゴールドメンバーシップが付属している。

 ちなみに、Xbox 360用以外のUSBメモリは、ドライブによって品質、スピード、動作が異なるため、推奨動作が得られない製品や、使用できない製品がある。USBメモリが動作するかどうかを確認するには、Xbox 360に接続することにより行われる動作チェックで確認可能とのこと。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping