「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news039.jpg

GACKTさん登場に会場圧倒される――「ドラゴンネスト」完成披露会 (1/2)

NHN Japanが開催した「ドラゴンネスト」の完成披露会において、GACKTさんがテーマソングを担当するだけでなく、声優として参加することが発表された。今後のスケジュールや施策についても紹介する。

その力の入れようが期待感をあおる

wk_100419dn01.jpg

 NHN Japanは4月17日(土)、東京・渋谷のライブハウスO-EASTにおいて、アクションRPG「ドラゴンネスト」の完成披露会が行われた。披露会ではゲーム紹介はもちろんのこと、本作のテーマソングに起用されたKOKIAさんのライブステージや、もうひとつのテーマソングとキャラクターボイスに挑戦するGACKTさんやその他の声優陣が登場し、トークセッションが催された。

 「ドラゴンネスト」は、EYEDENTITY GAMESが開発、NHN Japanが日本国内における独占提供契約を結び運営を担当するWindows用PC向けのオンラインゲームで、ドラゴンが暴政を奮っている世界を舞台に、平和を取り戻すためプレイヤーそれぞれがドラゴンを討伐することを目的としたアクションRPG。派手なアクション性と手軽で簡単な操作性、複数のユーザーが連携して楽しめる協力プレイを特徴としている。プレイヤーの職業ごとに数多くのアクションパターンを用意し、その組み合わせによって多彩な攻撃バリエーションを生み出し、家庭用ゲーム機のアクションシーンを実現。また、4人のプレイヤーキャラクタ―によりストーリー展開が変化するマルチストーリーが採用されている。

 4月17日にはクローズドβテストの募集が開始しており、後述する本作プロデューサー・NHN Japanの杉浦俊輔氏によると、受付開始から11時間で2万人もの応募があり、順調な滑り出しとなっている。まずは、会場で公開された最新PVをご覧いただきたい。

 披露会ではまず、先日ライブドアをグループ傘下に収めたNHN Japanの代表取締役社長・森川 亮氏が登壇。今年で10周年を迎えるハンゲームが、累計登録会員数4000万人を突破したことに感謝を述べるとともに、「ドラゴンネスト」を家庭用ゲームとPCゲームの垣根を取り払った、すべての人々にアピールできるタイトルとしたいと挨拶。

 さらに、日本は子供の頃から“ゲーム大国”であり、世界進出の足掛かりとしてその日本で「ドラゴンネスト」をサービスできることを光栄と語るEYEDENTITY GAMESのCEO・李 恩祥(イ ウンサン)氏が続く。韓国でも日本型のRPGは浸透していると李氏は、韓国のオンラインゲーム市場で10位圏内に入った「ドラゴンネスト」だけに、そのクオリティに自信があると、日本でのサービスに期待を述べた。

 肝心のゲームの紹介は杉浦氏が担当した。杉浦氏は初めて「ドラゴンネスト」を見た時、そのアクション性とグラフィックスで一発ですごいタイトルだとほれ込んだと振り返る。4月28日にクローズドβテストを迎える本作は、5月27日にオープンβテスト、6月中には正式サービスを開始するとのこと。サービス開始後のスケジュールとしては、2010年秋には大型アップデートが予定されていると明かされた。

wk_100419dn02.jpg 森川 亮氏
wk_100419dn03.jpg 李 恩祥(イ ウンサン)氏
wk_100419dn04.jpg 杉浦 俊輔氏

wk_100419dn10.jpg

 披露会では、「ドラゴンネスト」が“ゲームパッド”に対応することも発表された。ゲームパッドはサンワサプライによりオリジナルデザインの公認ゲームパッドとなる予定で、日本での展開において最重要課題のひとつとして掲げている。また、本作は“3Dチャットシステム”に対応する。3Dチャットとは、パーティプレイの際キャラクターの位置関係に応じて立体的に音声が変化するというもので、普段使用している環境に準じるとのこと。

 「ドラゴンネスト」では、プレイヤーキャラクタ―の4人を含め、物語を進行する上で重要なキャラクターにも声優が起用されている。披露会では主要な10名が登場し、そのうち6名によるトークセッションも行われた。なお、ゲーム中に登場するキャラクターで登壇した声優は以下のとおり(敬称略)。

wk_100419dn05.jpgwk_100419dn06.jpg 左から五十嵐 裕美(カーライエン役)、田中 理恵(エレナ役)、浪川 大輔(クレリック役)、阿澄 佳奈(アーチャー役)、田中 敦子(アルゼンタ役)、森川 智之(ジェレイント役)、野中 藍(ウォーリアー役)、小清水 亜美(ソーサレス役)、荻原 秀樹(スチュアート/デービット役)、井澤 詩織(カシウス役)

wk_100419dn22.jpgwk_100419dn23.jpgwk_100419dn24.jpgwk_100419dn25.jpg

 本作は、漫画へのコラボレーションも実施される。講談社が発行するコミック誌「少年ライバル」7月号(6月4日発売)より、「ドラゴンネスト」を題材にした「Dragon Nest 瞬撃のセド」が連載されることになっている。壇上には執筆を担当する漫画家・TATSUBON氏も駆けつけ、「臨場感を漫画で表現したい」と、ゲームとともに漫画も楽しんでほしいとアピールした。

wk_100419dn07.jpgwk_100419dn08.jpg

Copyright (C) Kodansha Ltd. All rights reserved.
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping