「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news014.jpg

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その37):ゆる〜い北米取材報告 -GDCもね♪- (1/3)

寒過ぎて冬眠から覚めなかった(?)くねくねハニィがお送りする季節外れのGDCリポートをお送りしまぁす。大胆なご無沙汰っぷりでびっくりだよねぇ。おもしろい角度でまとめてみたのでご一読をばっ!

wk_100420kune01.jpg

 ご無沙汰してすみませんでしたぁ。冬眠から覚めようと思ったら、あまりに春が来なくて、寒いから布団から出れずにおりました。今年も花見ができなかったくねくねハニィがお送りする「最近どうよ?」の37回目ですね〜。遅くなったからGDCの報告を絡めながら、北米出張の報告をゆる〜い感じでお届けするぞ。

 ハニィがサボっている間にニンテンドー3DSが発表されました〜。一般のマスコミでも「3Dメガネを使わないで3D映像のゲームが楽しめる画期的製品!」と報道されるほど、すごいことに。実際にはどんな3D演出なのか、いくらで売られるのか、ソフトはどんなものが出るのかなどなど追加情報が楽しみだね。6月に開催されるE3での大きな発表が楽しみですねん。

とその前に1月と2月の北米市場を報告していなかったことに気づいたんで、いってみよ〜っ!

2010年1月と2月の北米市場報告をまとめてしちゃうっ!

ハード

ハード2010年1月2月
Wii46万600039万8000
Xbox 36033万300042万2000 
PlayStation 327万700036万0000
PlayStation 2 4万200010万2000
ニンテンドーDS42万200061万3000
PSP10万000013万3000
NPDデータより

 2010年も第一四半期が終わってしまいましたね〜。3月の報告はまだ発表されてないのだけど、2月のハード販売を見てみると、何とXbox 360が首位に! この返り咲きは何とも2年半ぶりとのこと。長い間、Wiiが君臨していたからしょうがないよね〜。Wiiが落ち着いたことも要因だけど、年末に発売せずに第1四半期を待って発売した「Mass Effect 2」や「BioShock 2」などの大型タイトルに牽引されたのも事実だね。

 全体的な市場動向を見ると、売上額では1月がマイナス13%、2月がマイナス15%と、あんまり芳しくないご様子。前回の記事の通り2009年の北米は、12月に任天堂が頑張ってくれたおかげで何とか8%ダウンでとどまった感じ。でも、アナリストの言い方をすれば「Wiiが失速」、ハニィ的に言えば「任天堂がフツーになった」年明け。むしろ、2010年が始まって一転、Xbox 360やPS3向けのソフトが頑張っているんだ〜って言いたいのよね。

 業界のためにはライトユーザー向けのWiiだけが一人勝ちしているのは、いいことばかりじゃないし、ゲーマーがゲームを買ってくれるマーケットも活性化してくれないとね。

 1月末に行われた任天堂の決算説明会で、ニンテンドーDSは、ギネスに登録された旧ハード「ゲームボーイ」シリーズの世界累計販売台数の1億1869万台を超えて、1億2513万台を売り上げたと岩田社長が語ったというニュースがあったけど、一人一台とは言え2004年の発売以来売れ続けていますね〜。

ソフト

2010年1月
1New Super Mario Bros.Wii(Wii)65.7万本
2Mass Effect 2(Xbox 360)57.2万本
3Wii Fit Plus(Wii)55.6万本
4Call of Duty: Modern Warfare 2(Xbox 360)32.7万本
5Mario Kart Wii(Wii)31.1万本
6Wii Sports Resort(Wii)29.8万本
77 Call of Duty: Modern Warfare 2(PS3)25.9万本
8Army of Two: The 40th Day(Xbox 360)24.7万本
9Just Dance(Wii)19.2万本
10Darksiders(Xbox 360)17.1万本

2010年2月
1BioShock 2(Xbox 360)56.3万本
2New Super Mario Bros.Wii(Wii)55.6万本
3Call of Duty: Modern Warfare 2(Xbox 360)31.4万本
4Just Dance(Wii)27.5万本
5Wii Sports Resort(Wii)27.3万本
6Call of Duty: Modern Warfare 2(PS3)25.3万本
7Mass Effect 2(Xbox 360)24.7万本
8Dante's Inferno: Divine Edition(PS3)24.3万本
9Dante's Inferno(Xbox 360)22.5万本
10Heavy Rain(PS3)21.9万本
NPDデータより

 「Call of Duty: Modern Warfare 2」は売れ続けていて、北米のマルチ(Xbox 360/PS3)での累計販売本数で1000万本を売り上げました。一方、Wiiだけに向けた(任天堂ソフトなので当たり前か)「New Super Mario Bros.Wii」は、北米で11月末に発売されて以来2月末現在で543万本。これだけでもすごいけど、ワールドワイドで考えると(もちろん日本でも爆発的に売れたので)やっぱ マリオはすげぇって話になっとります。真の意味でのワールドワイドタイトルと言えるでしょう。

 日本が期待した「Bayonetta」は2月末現在でマルチ(Xbox 360/PS3)で20万本超。あれ、確か各種レビューでも高得点だったはずなのに……。残念ながらランキングには載ってきませんでした。なぜ爆発しなかったのか? といろんな調査をしてみたけど、人によってゲーム性やキャラ性、ストーリーなどなどいろんな意見があり、総合してみるとユーザーにタイトル認知がイマイチ届いてなかったってことが大きな原因……みたい。確かにコアゲーマー向けには認知されているタイトルではあるけど、一般ユーザーに対してのアピールが足りなかったのかな。

 いいものが売れるってのは当たり前であってほしいんだけど、マーケティングやプロモーションが販売に大きく影響するのも事実。いいモノをどうやってユーザーに認知してもらうかもゲームを売るには重要なことなのだね。

 ただ、プレイしたアメリカ人に聞くと、「やればやるほど自分がうまくなっているのを感じられる稀有なゲームだ!」と絶賛の声を聞くので、今後も口コミで売れ続けるといいなと思っているハニィでしたの。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping