「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



OH News
news069.jpg

ターゲットは世界市場!「飛蘭シンポジウム 〜2010年度方針発表会〜 in品川バンダイナムコゲームス未来研究所ファンシアター」

感極まって思わず涙。PS3「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」のOPテーマが初披露されたほかに、EDテーマを担当する事も明らかになった。

wk_100514hiran01.jpg

 2008年、TVアニメ「喰霊-零-」挿入歌「Dark Side of the Light」で視聴者に鮮烈なイメージを与え、以降TVアニメ「CANAAN」OPテーマ「mind as Judgment」のリリース、「Animelo Summer Live 2009 -RE:BRIDGE-」への参加を経て、アニソン・シーンに確固たる地位を築きつつある新進気鋭の実力派シンガー・飛蘭

「こんな素晴らしい才能を持つ彼女が有名にならないなんておかしい!」

 人気アニソン・シンガー佐藤ひろ美が壇上で発したこの言葉に、「彼女」の魅力のすべてが集約されていると言っても過言ではない。そんな「彼女」のこれまでの活動を振り返りつつ、2010年度の活動内容を発表する「飛蘭シンポジウム 〜2010年度 方針発表会〜」が4月13日、品川のバンダイナムコゲームス未来研究所ファンシアターにて開催された。

飛蘭の魅力をズバリ分析!

 この日、会場にはマスコミ関係者のみならず、抽選で選ばれた一般ファンも会場に大勢招待されていた。雨のそぼ降る平日の夜という少々参加しづらいコンディションの中での開催であったが、会場はほぼ満席。

 飛蘭の今後の活動予定をいち早くチェックしようと、客席はイベント開始前から熱気に包まれていた。

wk_100514hiran02.jpg

 この日のイベントは、飛蘭が所属するSの代表取締役でもあり自身もアニソン・シンガーとしても活躍する佐藤ひろ美をはじめ、飛蘭に多くの楽曲を提供する音楽制作ブランドElements Gardenの上松範康氏と菊田大介氏、ランティスの担当プロデューサー斎藤滋氏が各立場から飛蘭をプレゼンするシンポジウムという一風変わった内容。

 Elements Gardenの両名はミュージシャンとして見た飛蘭の魅力と才能を解析し、「歌唱力があるので、作家としては好き勝手にやっても対応してくれる歌手」と評価。また斎藤氏は営業的な立場から飛蘭をいかにアニソン・シーンにアピールしていくかを提案しつつ、6月28日に渋谷O-WESTにおいて初のワンマンライブ開催決定を発表した。

 そして佐藤はマネージャー的な立場から「世界に通用するアーティストに育てていく」というアーティスト・ポリシーや、「武道館でのライブ」といったロング・スパンの目標や「アニソン業界を引っ張る期待感を持たせる」といったショート・スパンの目標を掲げる一方、いかにして飛蘭を成長させていくか。どれだけ飛蘭が自身にも影響を与えている存在か、などを強くアピール。時に母親のように優しく、時には二人三脚で支えあう仲間のように飛蘭の魅力について解説した。


wk_100514hiran03.jpgwk_100514hiran04.jpgwk_100514hiran05.jpg

歌姫・飛蘭が魅せる感動のミニライブ!

wk_100514hiran06.jpg

 引き続き、満を持して飛蘭がステージに登場。先述の4名とのトークを挟んだ後、ミニライブが行われた。

 佐藤ひろ美曰く、「歌は肉食系だけど、内面は乙女チックな草食系」という飛蘭は、MCではしきりに「緊張しています」と心中を素直に語る。

 ひとたび曲が始まれば目つきが一変。ステージいっぱいを使って力強いボーカルとセクシーなパフォーマンスを繰り広げる。だが1曲目「SERIOUS AGE」を歌い終え、引き続き今夏発売予定のPS3用ゲームソフト「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」OPテーマ曲となる新曲「戦場に咲いた一輪の花」を歌う直前に事件が起きた。「私にとってすべてが変わったと言っても過言ではない曲です……」と曲への思いを口にしたところで、とうとうその頬を涙が伝う。


wk_100514hiran10.jpg

 「頑張れ!」「待ってるよ!」と、ファンからの優しい声援を受けて飛蘭も「緊張するな、私!」と自身を鼓舞する。その刹那、観客席の佐藤ひろ美に視線を送る。涙を浮かべつつステージを見守る佐藤も、優しく微笑み返す。ほんの一瞬のやり取りであったが、そこに二人の強固な信頼関係がうかがい知れた。

 そして最後に最新シングル曲「Errand」を披露。すでにテレビアニメ「聖痕のクェイサー」OPテーマとして高い人気を誇る曲だけあって、この日最大の盛り上がりが会場を包み込む。サイリュームを振り、コールもばっちりのファンたちの様子に、すっかり緊張がほぐれた様子の飛蘭は最高の笑顔でライブのフィナーレを飾った。

wk_100514hiran07.jpgwk_100514hiran08.jpgwk_100514hiran09.jpg

 なお今回の「飛蘭シンポジウム」は、「ニコニコ動画」で中継が行われた他、イベント中のTwitterによるつぶやきを推奨しており、ライブの盛り上がりは多くの人の耳目に触れたはずである。

 また、初披露された「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」のOPテーマの他にEDテーマも担当する事や、ワンマンライブ開催に引き続き8月の「アニメロサマーライブ2010」への参加、そして9月には待望の1stアルバムがリリースされることが明かされ、会場からは大きな歓声があがった。

 2010年はその名の通り、大きく羽ばたき大輪の花を咲かせる飛躍の一年となる事を確信させるイベントであった。


Copyright (C) n3o Co.,Ltd All rights reserved.

-PR-Game Shopping