「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



日々是遊戯:「リンクの冒険」がFPSに!? ハイクオリティすぎる海外インディーズゲーム3連発

久々の小ネタ集は、海外のインディーズゲームをピックアップして紹介。あの「リンクの冒険」がなんとFPSになった!?

どれも無料でプレイ可能です

 海外で売れているタイトルなんかを見れば一目瞭然ですが、あちらの人ってホントにFPSが好きですよね。以前紹介した「あの名作がFPSに!? 海外ファンが一人称視点で『ゼルダの伝説』をリメイク中」のように、懐かしのレトロゲームをわざわざFPSで再現しようとする試みもあり、もはや「FPSならなんでもいいんじゃないか」状態。まあ、面白いですけどね、FPS……。

 さて、そんな中、「ゼルダの伝説」に続いて今度は続編である「リンクの冒険」が別のファンによってFPS化されてしまった模様。ちょっと気になった海外インディーズゲームと併せてご紹介します。

ZELDA II FPS

 「ゼルダの伝説」シリーズの2作目として、1987年にディスクシステムで発売された「リンクの冒険」をFPS化。ドット絵のイメージはうまく残しつつ、ちゃんとFPSとして遊べるようになっています。操作方法はWASDキーで移動、左クリックで攻撃。そのほかスペースキーでジャンプ、シフトキーでしゃがんだりすることも可能。町や経験値といった要素は省略されているものの、基本的なマップや攻略順序はほぼ原作そのままで、かなり力の入ったリメイクとなっています。

wk_100609hibikore01.jpg タイトル画面も3Dに。マウスでグリグリと視点を動かすことができます

Donkey Kong remake

 宮本茂氏とマリオの出世作「ドンキーコング」をファンがリメイク。ゲームシステムなどはそのままですが、グラフィックを大幅にアレンジし、当時のイメージイラストをより忠実に再現しています。ファミコン版ではなくアーケード版準拠なので、コングがレディをさらっていくオープニングが入っているのも新鮮です。

wk_100609hibikore02.jpg スーパーファミコンあたりで発売されたらこんな感じになっていたかも

Hydorah

 こちらはリメイクではなくオリジナル作品。「グラディウス」や「R−TYPE」といった名作のエッセンスがたっぷりつまった、本格的横スクロールシューティングゲームです。パワーアップを駆使して、バリエーション豊かな全16ステージを進んでいくプレイ感覚が絶妙で、80年代ごろのシンプルなシューティングが好きな人にはたまらないはず。無料とは思えないクオリティなので、興味がある方はぜひ遊んでみてください。

wk_100609hibikore03.jpg 「グラディウス」「R-TYPE」の影響が強く感じられるグラフィック


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping