「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news017.jpg

ニンテンドー3DS初披露――「Nintendo Media Briefing」で分かったこと

任天堂は、E3に先駆けて行われた発表会で、ニンテンドー3DSを初公開した。

wk_100616nintendo01.jpg ニンテンドー3DSを掲げる任天堂・岩田代表取締社長

 現地時間の6月15日、任天堂はロサンゼルスにおいて「Nintendo Media Briefing」を開催。兼ねてから発表を予告していたとおり、ニンテンドー3DSを初お披露目した。発売時期や価格については明らかにされなかった。

 ニンテンドー3DSは、裸眼で3D体験を可能とするワイド3.53インチのLCDディスプレイ(上画面)や、任意に2Dから3Dへと変更できる「3Dボリューム」のほかアナログ入力ができる「スライドパッド」、「モーションセンサー」、「ジャイロセンサー」などを搭載している。外側には2つのレンズを搭載しており3Dで撮影することが可能だ(内側のカメラは1つ)。スリープ中に他のニンテンドー3DSやWi-Fiアクセスポイントと自動的に通信し、同時に複数のゲームの「すれちがい通信」を可能にするほか、Wi-Fiアクセスポイントのある場所では起動して操作することなく、インターネットとの連携によるサービスを自動的に実現している。3Dのハリウッド映画も表示可能で、現在対応ソフトとして「Nintendogs+cats」やプロジェクトソラが制作する3DS版「新・光神話 パルテナの鏡(Kid Icarus Uprising)」などが発表されている。

 なお、サードパーティからはレベルファイブが「レイトン教授」シリーズ最新作、スクウェア・エニックスが「キングダムハーツ」「FINAL FANTASY」「CODENAME: SHOCOBO RACING 3D」、EAが「MADDEN NFL」「FIFA SOCCER」、カプコンが「RESIDENT EVIL REVELATIONS」「SUPER STREET FIGHTER IV 3DS EDITION」、コーエーテクモゲームスが「DEAD OR ALIVE 3D」、KONAMIが「METAL GEAR SOLID」など、3DS対応ソフト制作に名乗りを上げている。会場で発表された以外にも、セガやバンダイナムコゲームス、アトラス、ハドソン、UBI SOFTなどが3D対応タイトルを発表している。

 「Nintendo Media Briefing」では、Wii向けの新作ソフトも多数ラインアップ。2011年発売を予定している「ゼルダの伝説」最新作「The Legend of Zelda :sky ward sword」や、マリオのキャラクターで各種スポーツが楽しめる「MARIO THE SPORTS MIX」、ホリデーシーズンに発売が予定されている13のパーティーゲームと70以上のミニゲームが収録されている「Wii Party」や、40以上のヒット曲が収録されているダンスゲーム「JUST DANCE 2」、007の最新作「GOLDEN EYE 007」、懐かしいディズニーのキャラクターと世界をミッキーがペイントしながら冒険する「ディズニーエピックミッキー」、カービィが活躍する「Kirby's EPIC Yarn」、「ドンキーコング カントリーリターンズ」などを紹介。DS「GOLDEN SUN DARK DAWN」やWii「METROID Other M」などの最新作についても詳細が明かされた。

wk_100616nintendo02.jpgwk_100616nintendo03.jpg 任天堂のE3特設サイトでは発表済みのタイトルが公開されている

wk_100616nintendo05.jpgwk_100616nintendo06.jpgwk_100616nintendo07.jpg カラーは3色用意されるようだ

「ニンテンドー3DS」スペック 内容
本体サイズ 横約134mm、縦約74mm、厚さ約21mm(閉じた状態)
重量 約230g
上画面 3.53インチ
裸眼立体視機能つきワイド液晶
800×240ピクセル(横800ピクセルを左目用・右目用交互にそれぞれ 400ピクセル割り当てることで、立体表現が可能)
下画面 3.02インチ
タッチ入力可能
320×240ピクセル
カメラ 内カメラ1個/外カメラ2個
解像度はいずれも640×480(0.3メガピクセル)
無線通信 2.4GHz
ニンテンドー3DS同士の対戦プレイが可能
無線LANアクセスポイント経由でインターネットに接続可能(セキュリティーを強化(WPA/WPA2)した IEEE802.11対応予定)
ユーザーが能動的な操作を行わなくても、スリープ時に自動でニンテンドー3DS同士でデータを交換したり、インターネットからデータを受信する機能をシステムでサポート
入力(操作系) A/B/X/Yボタン、十字ボタン、L/Rボタン、スタート/セレクトボタン
スライドパッド(360度のアナログ入力可能)
タッチスクリーン
内蔵マイク
カメラ
モーションセンサー
ジャイロセンサー
その他入力 3Dボリューム…3D表示の立体深度をスムーズに変更可能
HOMEボタン…本体に内蔵される機能を呼び出す
無線スイッチ…ゲーム中でも無線をオフする事が可能
電源ボタン
コネクタ ゲームカードスロット
SDメモリーカードスロット
ACアダプタ接続端子
充電端子
ヘッドホン接続端子
サウンド 上画面左右のステレオスピーカー
タッチペン 伸縮可能(伸ばした状態で約10cm)
バッテリー リチウムイオンバッテリー
ゲームカード ニンテンドー3DS専用のゲームカード
サイズはDSカードと同等
容量は発売時点では最大2ギガバイト


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping