「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news068.jpg

一般公開日にはコスプレイベントや格闘ゲーム大会「闘劇」も誘致――東京ゲームショウ2010

9月16日〜19日の期間、幕張メッセで開催される「TGS 2010」では、138の出展社を予定。アジアからの参加が増加傾向とのこと。各種チケットは7月14日発売。

wk_100701tgs01.jpg

 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA)は、9月16日〜9月19日の期間、幕張メッセを会場に日経BP社の共催で開催する「東京ゲームショウ 2010」の出店予定数と出展予定企業、および各種チケットの発売情報、主催社企画情報を発表した。

 現時点での出展予定数は138の企業や団体となっており、出展総小間数は1410小間と昨年(最終発表小間数:1367小間)から大きく増加している。特徴としては、韓国、台湾、中国からの参加社・規模が増加している傾向があり、3D(立体視)やソーシャルといったキーワードに関連したゲームソフトの出展が多数予想されている。プラットフォームも、ニンテンドー3DSをはじめとした携帯型次世代ゲーム機だけでなく、据置機でもkinectやPS Moveといった新型インタフェースの登場、スマートフォン、ゲームPCなどについても多数の出展が見込まれている。

 今回、アジアの諸外国の参加が増えた背景としては、「アジアNo.1の情報網羅性」と「世界最大規模」を目指すとした東京ゲームショウ2010でのコンセプトの浸透や、ビジネスデイに実施する「アジア・ゲーム・ビジネス・サミット」が要因として挙げられる。また、海外からのビジネス来場者や海外進出を計画する国内ゲーム会社のために「国際ビジネス相談コーナー」を新たに設置するほか、ゲームビジネスの総合カンファレンスとして高い評価を受けている「TGS フォーラム2010」も、アジアでのゲームビジネスやソーシャルゲーム、3D(立体視)などにフォーカスした新セッションを導入している。

wk_100701tgs02.jpg 一般公開日には多くのコスプレイヤーが集う。今年は新たな企画が用意されるとのこと

 一般公開日にはアジアからのゲームファンの来場促進のために、コスプレイヤー向けの新たな企画を実施するほか、国際的な格闘ゲーム大会「闘劇」を東京ゲームショウ内に誘致し、国内の選手に加え、アジア予選を勝ち抜いた外国人選手を交えたトーナメントを開催する予定。東京ゲームショウ入場券とセットにした専用チケットの発売も予定しているとのこと。

 なお、各種チケットの発売は7月14日(水)午前10時からを予定している。前売り入場券(一般・中学生以上)は、1000円(税込)。販売窓口は、東京ゲームショウ公式ホームページ・オンラインチケット(イーティックス)、チケットぴあ(Pコード:986-964)、ローソンチケット(Lコード:33000)、セブン-イレブンチケット、JTBエンタメチケット、CNプレイガイド、イープラス、楽天チケット、全国有名ゲームショップ、全国複合カフェなどで取り扱っている。

 昨年に引き続き、チケットと特製グッズやサービスを一体化したプレミアムチケット「TGS2010 SUPPORTERS CLUB(TGS2010 サポーターズクラブ)」も枚数限定で発売される。「TGS2010 サポーターズクラブ」には、TGSオリジナルグッズのほか、朝の開場から一定時間の優先入場などの特典を用意。価格は、中学生以上・一般向けに3000円(税込)。TGS公式ホームページ・オンラインチケット、ローソンチケット【Lコード 33000】にて、7月14日(水)午前10時から発売し、予定数量に達した段階で販売終了となる。

 また、「東京ゲームショウ2010」から、ゲーム産業に関係する方向けに、ビジネスデイ入場券の販売を正式に開始することにしている。TGS公式ホームページ内にある「ビジネスデイ事前登録」からエントリーし、ゲーム業界関係者であることを確認した上で、提供される。同チケットは、ビジネスデイの9月16日(木)、17日(金)の2日間を通して入場できる。価格は5000円(税込)。

wk_100701tgs03.jpgwk_100701tgs04.jpgwk_100701tgs05.jpg


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping