「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news068.jpg

日々是遊戯:Excelでお手軽歴史SLG! 「極小三國志」で遊んでみた

Excelで遊べるフリーゲーム「極小三國志」にハマっています。ゲームシステムはかなりシンプルですが、ちょっとした暇つぶしには最適!

1プレイ10分以内のお手軽さが魅力

 最近ちょっとハマっているのが、「虚空堂本店Extra」さんのフリーゲーム「極小三國志 for Excel VBA」。名前のとおり三國志の世界を題材とした歴史シミュレーションゲームなのですが、表計算ソフト「Excel」のVBAマクロを使って作られているのが特徴となっています。

 必要動作環境は、Excel2003/2007(2002でも動くかも、とのこと)。ファイルを起動したら、まずはプレイするシナリオを左側のメニューから選択。その後どの勢力で遊ぶかを選べばゲームスタートとなります。

 システム面はかなりシンプルにまとまっていて、内政や人事といった複雑な要素は一切なし。主なコマンドは、兵力を回復する「徴兵」、勢力のステータスをあげる「人材発掘」、隣接した都市に攻め込む「都市侵攻」、他勢力と同盟を結ぶ「同盟締結」のたった4種類で、これらを駆使しながら18の都市すべてを支配下に置くことができればゲームクリアとなります。慣れれば10分とかからずクリアできるので、仕事の合間の息抜きにはピッタリ。シナリオや勢力を変えれば毎回違った展開が楽しめ、ついつい繰り返し遊んでしまう魅力があります。

 基本的な戦略としては、序盤は「人材発掘」でじっくりと力を蓄えつつ、他勢力同士が戦って弱ったところでさくっと横取り……というのがセオリーでしょうか。弱い勢力でプレイする場合、序盤をいかに「同盟締結」でしのぐかも重要になってきます。プレイヤーの能力がぐんと上がった「イージーモード」も用意されているので、はじめてプレイする場合はこれで感覚を掴むといいでしょう。

 人事要素がないため、関羽や張飛といった武将たちは名前すら出てきませんが、そこは想像力でカバーするのが正しい遊び方。ユーザーが自分でシナリオを作成できる機能もあり、君主名のかわりに芸能人や友達の名前で遊んだりするのもまた一興だったりします。思い切り妄想をふくらませながら、ぜひ自分だけの三国志演義を楽しんでみてください。

wk_100730hibikore01.jpg シナリオ「混迷の時代」を曹操でプレイ開始
wk_100730hibikore02.jpg ゲーム中盤。袁紹軍が滅亡し、残るは三勢力
wk_100730hibikore03.jpg 約10年で天下統一完了! さすがに曹操は強かった


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping