「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news073.jpg

Weekly Access Top10:ガチャピンとムックが仲良くケンカ

8月7日、ついにFINAL ROUNDで雌雄を決す「ガチャムク GRAND PRIX」。ガチャピンとムックが、フジテレビ以外でもテレビCMに登場できることを知りました。

wk_100804acs01.jpg ムックの罠でガチャピンは30分ほど遅刻。どっちもどっちだと思いますよ

 ソニー・コンピュータエンタテインメントより発売されたPS3/PSP「ModNation 無限のカート王国」の特設サイト企画で現在、3回に分けてガチャピンとムックがゲームで対決しています。

 「ModNation 無限のカート王国」は、キャラクターやクルマ、コースに至るまで自由自在にクリエイトでき、武器やアイテムを使用してライバルを邪魔できるレースゲームです。クリエイトしたものは、ユーザー間で共有することができます。

 事の始まりは7月29日、「ModNation 無限のカート王国」のPR活動を担当するガチャピンとムックを招いた発売記念イベントでのこと。その場に1人で登場したムックは、ガチャピンがCM撮影時に「邪魔だ」と邪険にされたことを告発。挑戦状をたたきつけました。遅れてきたガチャピンもどうやらムックに集合時間を間違えて伝えられていたようで、根は深そう。なんとか関係修復に努めるガチャピンでしたが、もはや対決は余儀なくされていたようで、ここに「ガチャムク GRAND PRIX」が開催されることになったのです。ちなみに、イベントの模様はUSTREAMでも生中継されていたので、ご覧になった方も多いかと思います。


wk_100804acs02.jpgwk_100804acs03.jpgwk_100804acs04.jpg 過去のガチャピンの悪行(?)を告発するムックの悲痛な叫びが会場に響く。曰く「ブログでは辛酸をなめ、CM撮影では邪険にされた」とか

wk_100804acs05.jpg ムックオリジナルコースは意地悪この上ない

 対決のルールは簡単。PS3版「ModNation 無限のカート王国」を使用し、ガチャピンとムックが“あるコース”で競争するというもの。ただし、このコース、実は事前にムックが自作していたコースで、実に疑わしい内容でした。

 実際、レースは終始ムックが優勢で、コースそのものを熟知しているムックがトラップをすいすいと避け、ショートカットを難なく進み、トップでゴールとなった。ガチャピンは罠にかかりまくりで、まったく実力を発揮する間もなく、タイムアウトぎりぎりになんとか滑り込むのがやっとでした。こうなると引っ込みがつかないのがガチャピンです。勝負の不正を訴え、次回のイベントでリベンジを約束させました。こうして実施されたのが、7月31日に秋葉原にあるヨドバシカメラマルチメディアAkiba前で行われた「ガチャムク GRAND PRIX ROUND2」です。

wk_100804acs06.jpgwk_100804acs07.jpgwk_100804acs08.jpg さすがのガチャピンさんも無理でした……

 ROUND2では、お笑いコンビのスピードワゴンも参戦し、今度はガチャピンが制作したオリジナルコースで戦うことになりました。ガチャピンが有利かと思いきや、そうはいかないのがムックの策略か。本来は4人でのガチ対決のはずが、スピードワゴンの2人はムックの味方をし始めます。ガチャピンといえば、サーフィンやジェットスキー、モーグルなどに挑戦し、ついにはダイビングやヒマラヤ登頂まで成し遂げるチャレンジャー。普通なら余裕で勝てるはずですが、苦戦を強いられます。しかし、なんとか盛り返してきたのですが……。

 ここで明暗を分けたのが応援投票でした。ROUND2では観客から、レース中のガチャピンとムックのどちらかに巨大クラッカー攻撃を加えられるという応募を、ケータイサイトや特設サイトから募集したのです。さすがにここではムックに制裁が加えられるかと思いきや、まさかのガチャピンに巨大クラッカー攻撃! これに動揺したのかガチャピンも調子を崩し、ついにはムックにリードされ連敗してしまいました。まさかの2敗とはいえ、もうあとには引けません。ガチャピン泣きの3戦目、ということで8月7日に同じくヨドバシカメラマルチメディアAkiba前でFINAL ROUNDが催されることになりました。

 FINAL ROUNDではガチャピン、ムック、スピードワゴンの2人のほかに、プレイヤーとしてユーザーも参加することになっている。ガチャピンとムック、それぞれのチームに分かれ、公募したオリジナルコースを使用した4名での対決を3戦行う予定です。勝負の結果および各チームの順位に応じたポイントで競います(参加方法はこちら)。

wk_100804acs09.jpg

 ムックが勝てば「コンビ解消、のちに独り立ち」、ガチャピンが勝てば「仲直り」。「ガチャムク GRAND PRIX」がどういう結末を迎えるかは、参加者にかかっているといえます。

 ちなみに、試合の模様などは特設サイトでも閲覧できます。また、イベントで使用されたガチャピンとムックのレーサー、カート、コースなども配信されていますので、興味のある方はダウンロードしてください。

wk_100804acs10.jpgwk_100804acs11.jpg

(C)2010 Sony Computer Entertainment America LLC.
(C)2010 FUJITV KIDS



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping