「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news092.jpg

日々是遊戯:プロゲーマーによる「スパIV」レッスンがスタート。でもお高いんでしょう?

「スーパーストリートファイターIV」が大好きだけど、なかなか上手くならない……。そんなあなたに朗報(?)です。

意外に安い? それともやっぱり高い?

 もしも世界トップレベルのプロゲーマーたちから「スーパーストリートファイターIV」の専属レッスンを受けられるとしたら、あなたならいくらまで出せますか?

 こう書くと冗談みたいですが、実際にそんなサービスがスタートしたそうです。海外の格闘ゲームフォーラム「EventHubs.com」によると、講師はあのプロゲーマーとして名をはせているジャスティン・ウォン氏をはじめとする4人で、料金は1時間あたり40〜50ドルとのこと。それぞれ得意とするキャラクターが違うので、自分の使用キャラクターに合わせて講師を選ぶといいでしょう。ちなみにジャスティン氏の場合、料金は1時間あたり50ドルで、使用キャラクターはルーファス、アベル、バイソン、まことの4人。レッスンはオンラインで行われ、実際に対戦しながらボイスチャットなどでアドバイスを受ける形となっています。

 申し込みの手順としては、まずスケジューリングサービス「Tungle.me」で各講師のページにアクセス、空いている時間帯をクリックして予約したのち、PayPalでレッスン料の支払いを行えば予約完了となります。予約からレッスンまで、基本的にすべてオンライン上で行われるため、ある程度の英語力さえあれば日本からでも利用できるみたいですね。

 日本だと、わりと大きめの都市ならどこでも「強い人が集まるゲームセンター」があるものですが、広大なアメリカではなかなかそうもいきません。普段強いプレイヤーとなかなか対戦する機会がない人にとっては、「1時間あたり40〜50ドル」というレッスン料も決して高くはないのではないでしょうか。

wk_100810hibikore01.jpg 講師はジャスティン・ウォン、マイク・ロス、マーティン・ファン、ライアン・ギテレッズの4名

wk_100810hibikore02.jpg レッスンの予約は「Tungle.me」の各講師のページから行うことができます


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping