「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news077.jpg

Weekly Access Top10:ヒゲのおじさんは世界中で大人気です

ちょっと遠くにお出かけの際には、ニンテンドーDSを持って出かけたらいいと思います。

 8月2日〜8月8日の夏休みまっただ中のWeekly Access Top10です。とはいえ、編集部に夏休みはあってないようなものです。

 今回のWeekly Access Top10で改めて言うまでもなく、マリオの人気は異常でした。こちらの「眼球の動きでマリオを操作できる『Eye Mario』システムがスゴい」を掲載したところ、それに伴って、関連記事が軒並みランクアップしておりました。さすがというべきでしょう。

 さて、夏休みに海に山に観光地へと旅行に、そして郷里への帰省に空港を利用される方も多いかと思います。現在、羽田空港第2旅客ターミナル ANA出発ロビーにおいて、オリジナルコンテンツを無料で楽しめる「ニンテンドーゾーン」がサービスしていることをご存知でしょうか?

 ニンテンドーゾーンは2009年6月から始まったサービスで、体験版のダウンロードをはじめ、ニンテンドーWi-FiコネクションやDSiショップ、限定のクーポンやキャンペーンなども利用でき、セブンイレブン(都内15店舗)やマクドナルド(日本全国約3300店舗)、つくばエクスプレス(快速電車停車駅の9駅)といったさまざまな店舗やエリア、公共機関に広がっています。変わったところでは、京都にある東映太秦映画村東京臨海広域防災公園、沖縄那覇の国際通り商店街でもサービスを受けることができるようになっています。詳しくは「N.O.M - ニンテンドーオンラインマガジン」をご覧いただきたい。

 羽田空港では、空港や飛行機についてのクイズ「ANA航空検定」やパイロットやキャビンアテンダントについて知ることができる「ANAお仕事図鑑」、旅行券が当たるアンケートなどが楽しめるなど、オリジナルコンテンツも充実しています。また、飛行機といえば、この夏も東京〜札幌間、東京〜沖縄間の一部の便で「ポケモンジェット」が運航されています。これを記念した「ポケモンジェットライブラリー」が開設されており、先日まで「ポケットモンスター」シリーズのニンテンドーDS用ソフトを持参するとポケモン「サトシのピカチュウ」をプレゼントするキャンペーンも実施されていました。ちなみに、羽田空港のニンテンドーゾーンは、7月17日〜9月30日の期間限定です。

 帰省で利用できる公共機関としては、JR東海の東京・品川・新横浜・名古屋・京都の5駅の新幹線コンコース待合室でも、7月17日〜8月31日の期間限定でニンテンドーゾーンが利用できるようになっています。こちらもオリジナルコンテンツとして、おなじみの「そうだ 京都、行こう。」キャンペーンと「東海道新幹線でDS」キャンペーンの一環として、新幹線の豆知識を学べる「しんかんせんものしりはかせ」、KIOSKやお弁当販売店のオススメ商品・クーポン情報などが楽しめるようになっています。

 また、高速道路にもニンテンドーゾーンは進出済みです。東日本の高速道路パーキングエリアのレストラン「Pasar」では、今年3月から実施中とのことです。

 あくまでも夏だけの期間限定サービスという場所もありますが、「くら寿司」や「ザ・サードプラネット」、「ゲームパニック」などの一部店舗では、恒常的に利用できるようになっています。今後も身近な場所でサービスを利用できるようになることが予想されます。これもニンテンドーDSがもっとも販売台数を伸ばしている携帯ゲーム機だからではないでしょうか。

 旅にニンテンドーDSを持って出かけると、ちょっといいことがあるというお話でした。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping