「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news059.jpg

日々是遊戯:怖すぎる! 「ぼくのなつやすみ」幻の“8月32日”を知っていますか?

夏ということで、恒例の怖い話ネタをお送りします。ほのぼのとした雰囲気で知られるあのシリーズに、世にも恐ろしいバグ技があったのをご存じですか?

ここは死後の世界か、それとも……

wk_100811hibikore00.jpg こうして8月32日ははじまった……

 もしも8月がいつまでも終わらなくて、ずっと夏休みが続くとしたら……。冷静になって考えてみるとちょっと怖いですよね。

 小学生の「ボクくん」となって、夏休みの1カ月間を田舎で過ごす、ソニー・コンピュータエンタテインメントの人気シリーズ「ぼくのなつやすみ」。ラジオ体操や昆虫採集、魚釣りといった夏休みの思い出を、子供目線で追体験できる癒し系シリーズとして人気を博していますが、そんな「ぼくなつ」に世にも恐ろしいバグが存在していたのをご存じでしょうか?

 バグの内容はズバリ「幻の8月32日が存在する」というもの。ゲームファンの間では昔から有名なバグで、ニコニコ動画やyouTubeにも検証動画が投稿されていますので、見たことがある人も多いんじゃないかと思います。

 さて、本来存在しないはずの8月32日に行けてしまう――というだけでもちょっとしたホラーですが、さらにこの「8月32日バグ」を使うと以下のような怪現象が起こります。

  • 家からボクくん以外の人間が消えてしまう
  • それまで鳴いていたセミの声が一切聞こえなくなる
  • 誰もいないはずの場所で声が聞こえる
  • 絵日記の内容が支離滅裂に
  • メッセージの文字化け
  • 家から出られなくなる
  • キャラクターのグラフィックがおかしくなり、下半身がないおじさんなどが登場

 ――上記はほんの一例ですが、とにかく通常のプレイではありえないような現象が多発。ベッドで寝ればさらに日付を進めることもできますが、33日、34日と進むにつれて怪現象は悪化していき、やがてはボクくん自身のグラフィックもおかしくなって最後にはフリーズしてしまうのだそうです。こっ、怖すぎる……!

 もちろん心霊現象などではなく、実際は単なるプログラム上のバグにすぎないらしいのですが、「8月32日」という日付のインパクトと、立て続けに起こる怪現象の怖さから、ユーザーの間では「まるで死後の世界」「8月と9月の狭間に迷い込んで出られなくなってしまったみたい」などと一躍有名に。その後YouTubeなどにプレイ動画が上げられたことで、さらに多くのユーザーに知られるところとなりました。

 詳しいやり方については以下のとおり。ただし、PSP版ではこのバグは修正されており、再現できるのは最初に発売されたプレイステーション版のみとなっていますのでご注意ください。

  1. タイトル画面で「夏休みの思い出」を選択
  2. クリア済みのデータをロード
  3. 絵日記を見る
  4. 「もどる」にカーソルを合わせて上を押す
  5. 何もないところにカーソルが移動したら○ボタン
  6. 選択肢が出たら「はい」を選ぶと8月32日へ

 詳しい内容については以下、動画で実際にご覧ください。ただし眠れなくなる恐れがありますので、なるべく深夜には見ないことをオススメします。


wk_100811hibikore01.jpg 誰もいなくなった家の中。ここは一体どこなのか……
wk_100811hibikore02.jpg 誰もいない蔵の中で、なぜかおじさんの声が……
wk_100811hibikore03.jpg ついにはボクくんのグラフィックもおかしなことに


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping