「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news042.jpg

CEDEC 2010:一手一秒!? CEDEC CHALLENGE「超速碁九路盤AI対決」

CEDEC CHALLENGEと題する枠の中で行われた「超速碁九路盤AI対決」一手一秒、最大対局時間は二分までと、物凄く回転の速い「早碁対決」だが、その内容とは……。

囲碁としては珍しい試み。参加者自慢のAIが集うイベント

wk_100906igo01.jpg

 「超速碁九路盤AI対決」は、参加者が自作したAIを用いて碁による対局を行い、優劣を競う。一手にかかる時間は一秒、ルールで定められた対局時間は2分までと、AIならではの早碁対決になっている。

 今回この「超速碁九路盤AI対決」は、AIの対局のみではなく、王 唯任・万波 佳奈 両プロによる囲碁入門教室も開かれており、AI同士の囲碁対決という主旨の中、囲碁のルールが分からないという方にも、プロによる簡単な手ほどきを受けられるようになっていた。

 「超速碁九路盤AI対決」は初日から2日目まで予選を行い、予選の上位四名が決勝進出となる。AI同士という異色の対局ではあるが、このイベントはかなりの注目を集めていたようだ。

wk_100906igo02.jpg 予選トーナメント表。やはり強いAIはずば抜けて成績がよい印象がある
wk_100906igo03.jpg 9路盤を用いての入門教室。基本的なルールを覚えることができる

予選を勝ち抜いた四つのAIによる決勝戦。気になる結果はいかに

 CEDEC3日目には、上位四名による決勝大会が行われた。この決勝大会では、プロの解説つき公開対局というなんとも贅沢なものである。

 筆者は開場前に大会が行われるホールに入ったが、驚くべき事に満席であった。囲碁の対局イベントは、CEDECの数ある講演の中でもかなり異色な雰囲気は否めないが、ここまでの人気ということには、主催されていたスタッフも参加者の皆さんも驚かれていた。しかも参加者の方々の9割近くが、囲碁のルールを知っている経験者だという。

 決勝大会第一試合は「nomitan」対「hope」で、AIの早碁というだけあってか、解説が始まるよりも早く局面が進んでいく。1分も経たない間に、「hope」が投了。「nomitan」の勝利となった。対局後にプロ棋士お二人の検討が始まると、AIの打ち筋についての解説がされていった。

 どうやらAIは、定石などの型にそった打ち方を学習しているらしく、解説する棋士のお二人に「進行として美しい形」と誉められるほどであった。「hope」は攻めにいく碁を打ち筋とし、相手に切り込んでいく棋風であったが、9路の狭い中、詰め碁のような形になってしまい、相手の「nomitan」に正しい手を打たれた後、切り込んだ手が死に石となって投了、白番nomitanの中押し勝ちとなった。

 第二試合は「tombo」対「kasumi」の対局。AIの開発者のお二人は同じ電気通信大学の出身で、「tombo」が先輩「kasumi」が後輩の、先輩後輩対決とのこと。対局の流れでは、序盤で白が妙手を打ったが、AIが変化を読みきれていなかったのか、白が妙手の後に手抜きをした箇所を黒が咎め、隅の白を死に石にして、黒の勝ちとなった。

 今までの試合を振り返るに、AIはまれに局面の急所をつく手を打っては来るものの、9路の中では石の死活がほぼ一本道ということが多く、死活を読み間違えた片方が負けるパターンが多かった。これもAIの特徴だろうか。石の厚みや地合を計算して勝つというよりは、石を取りにいく事で勝ちを得るスタンスが多いらしい。

 決勝戦に残ったAI「nomitan」と「tombo」の対局も、超早碁というだけあって、一分経たずに終局を迎える。結果は黒の中押し勝ち。序盤で白は悔しい思いをした後、何とか地を取りに行ったが、石を取りに行くのが強いというAIの特性もあってか、黒番の「nomitan」は上手い具合に上辺6子・下辺3子と白石を取り、それによって白の「tombo」は投了した。

 さてここで、終局後は開発者のお二人を交えての検討となったのだが、驚くことに開発者のお二人は囲碁に詳しくないらしい。しかし、知人に碁の経験者がいるらしく、碁のAI開発をするにあたって、囲碁の基本的なアドバイスは受けていたそうだ。

 プログラムの中身についての質問が出ると、2007年ごろ「モンテカルロ法シミュレーションを使った囲碁プログラム」というのが世界的に流行っており、それを素直に取り込んだものとのことだった。これは「nomitan」と「tombo」のどちらも同じとのことで、勝敗がついたのは若干のチューニングの差なのだろうか。プログラマーの方には面白い結果になったのかもしれない。

wk_100906igo04.jpg この参加者のほとんどが囲碁を知っている「プログラマー」である。囲碁を知るプログラマーというのも面白い
wk_100906igo05.jpg 対局終了後に、プロ棋士お二人による解説が行われる。たまにAIが打つ妙手に、プロが感心する場面も

プロ棋士と自作AI夢の対決。優勝プログラムはプロ棋士にかなうのか?

 優勝AIが決まると、プログラムの最後にエキシビションとして万波 佳奈プロと「nomitan」の対局が行われることになった。

 石を取るのが上手いAIと、地と囲いに行く人間の思考では、どのような局面が展開されるのか、どのような棋譜が出来上がるのかは、開場の期待を一身に集めた。

 碁の棋風には、その人の性格が表れるとよく言われる。その事について「万波先生の性格」を質問されたのだが、王 唯任先生によると、普段は可愛らしいが碁になると凶暴極まりないとの事。凶暴な棋風をほこるプロ棋士を相手に、「nomitan」が黒番、万波先生が白番で対局がスタートし、終局する頃には黒地はゼロ、完膚なきまでにAIを打ちのめした万波プロに拍手が送られた。

 AI相手に完全勝利を収めた万波プロは「プログラムのことはよく分からないけれど、今後が楽しみ」と、AIの強さを認める一方で、今後発達するであろう囲碁のAIに期待を寄せて、「超速碁九路盤AI対決」は幕を閉じた。

wk_100906igo06.jpg 「nomitan」対 万波 佳奈プロの最終局面。黒石は全て死んでおり、万波プロの容赦のなさが伺える
wk_100906igo07.jpg 優勝者にはAI対決の場だけにPCソフト「天頂の囲碁」が送られた。このソフトもAIにモンテカルロ法を用いて作られており、二段の棋力があるという

関連キーワード

囲碁 | CEDEC | 開発者 | イベント | プログラマー | 学習



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping