「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news069.jpg

象、桃源郷、崑崙山!! 「蒼天乱舞」の詳細を大公開!――「真・三國無双 Online」拡張パック第二弾発表

コーエーテクモゲームスは、「真・三國無双 Online」拡張パック第二弾となる「蒼天乱舞」の発表会を行った。新たな副将「象」や、他勢力と交流ができる「桃源郷」などの、数々の追加要素をお伝えする。

コンセプトは「戦友(とも)と極める一騎当千」――大きな変革を遂げた4つの要素とは!?

wk_100906ssmo01.jpg

 9月2日、コーエーテクモゲームスは本社で行われたプレス向け発表会にて「真・三國無双 Online」の拡張パック第二弾「蒼天乱舞」を、今年の11月11日にリリースすると発表した。今回は発表会で公開されたアップデート内容をお届けする。

 なお、すでにプレイステーション 3のパッケージ版を購入しているプレイヤーにもアップデートで対応するため、新たにパッケージを購入しなおす必要はないとのこと。

 「真・三國無双 Online」は、2007年にリリースされた「真・三國無双BB」を前身とするオンラインアクションゲーム。過去の「真・三國無双」シリーズと同じく、大量の敵兵をなぎ倒す爽快感と、三国志の世界から飛び出したように型破りで魅力的なキャラクターで人気を集めている。現在はPCだけでなく、今年の2月18日にはPS3にもパッケージがリリースされており、現在非常に盛り上がっているタイトルだ。

 発表会開始の挨拶とともに登場したのは、「真・三國無双 Online」開発プロデューサーである藤重和博氏。藤重氏は今回の拡張パックのコンセプトが「戦友(とも)と極める一騎当千」であると発言。アップデート内容は「一騎当千の爽快感のさらなる追求」から1点、「コミュニティの拡大」から2点、「リプレイ性の強化」から1点の、大きな“4つの要素”から成り立っていると語った。

wk_100906ssmo02.jpgwk_100906ssmo03.jpg コーエーテクモホールディングス開発プロデューサー藤重和博氏。「真・三國無双シリーズ10周年として、誇れるタイトルとしたい」と、熱く語った

 続いて開発ディレクターの越後谷和広氏が登場し、その“4つの要素”について、越後谷氏の実機プレイを交えての詳細な発表が行われた。

wk_100906ssmo04.jpgwk_100906ssmo05.jpg コーエーテクモホールディングス開発ディレクター越後谷和広氏。実機をプレイしながら「騎乗システムの搭載は、とにかく大変でした」と感慨深く裏話を語ってくれた

「騎乗システム」が爽快感を加速させる――新動物副将「象」とともに戦場を駆け抜けろ!

 圧倒的な爽快感がウリの本作、この爽快感をよりに強力なものにするために追加される、4つの要素の1つが「騎乗システム」と新動物副将「象」となる。

wk_100906ssmo06.jpgwk_100906ssmo07.jpgwk_100906ssmo08.jpg

 副将とは、プレイヤーが戦場にひとりだけ連れて行ける仲間のことで、人間だけではなく、パンダや狼などの動物も存在する。

 しかし、これまでの動物副将に乗ることはできなかったが、今回追加される副将「象」は、その背中に乗って行動できるのだ。高さだけでも人の倍はあろうかという象に乗って戦場を駆け、敵兵を蹴散らすのは実に爽快だろう。拡張パック発売後のアップデートで、騎乗できる動物を増やしていく予定とのことだ。

 ちなみに、戦闘中以外の街中などでも騎乗が可能となっている。

勢力の垣根を超えて人々が集まる「桃源郷」、そして対立勢力と同盟を組んで戦う「勢力連合」――他勢力コミュニケーションを活発化させよう!

 2つ目の要素は、プレイヤー待望の「勢力の垣根を超えたコミュニケーション」が可能となる新たな街「桃源郷」。

 街は「桃源郷」の名にふさわしく、非常に優美で平和な雰囲気の漂う広い空間となっている。この街を追加するにあたって、フレンドリスト欄を、身分(レベル)に応じて拡大するシステムも導入するとのこと。

 さらに3つ目の要素、勢力間のパワーバランスによって勢力同士での「連合」や「同盟」が結ばれるシステム「勢力連合」も追加。連合が成立している間は、他勢力の街を自由に行き来でき、一緒に出撃することもできる。歴史上に本当にあった連合による対戦が再現される事もあるかもしれない!?

wk_100906ssmo09.jpgwk_100906ssmo10.jpg

無限に続く自動生成ステージ「崑崙山(コンロンサン)」――桃源郷で出会った戦友と一緒に攻略せよ!

 4つの要素の最後は、長く遊べる「リプレイ性」を持った自動生成ステージ「崑崙山」の追加だ。

 桃源郷から4人までのパーティーを募って入ることが可能で、ランダムに生成されるステージをクリアしていくシステムを採用している。短時間プレイを意識して、途中セーブ機能も搭載しているので、ライトユーザーにも安心して遊べるとのこと。

wk_100906ssmo12.jpgwk_100906ssmo11.jpg

 この「崑崙山(コンロンサン)」では、ここでしか手に入らない特殊なアイテムがあり、それを集めて交換所で強力なアイテムと交換できる。その他の追加要素は以下のとおり。

  • 新シナリオ「連環の計」が追加。、所属可能勢力に「董卓」と「袁紹」が追加される
  • 更なる上位身分を追加
  • 新たなデザインのマントを追加
  • 増築、倉庫、フレンドリストの上限を開放
  • 新BGMを20曲追加

今後の予定を公開!

wk_100906ssmo13.jpg 「虎」騎乗武将の実装

 解説がひと通り終了すると越後谷氏に代わり、再び藤重氏から今後の予定についての計画が発表された。「現在行われている毎月のアップデートを継続させ、プレイヤーさんがより満足できるサービスを提供していきたい」と語った。内容は以下のとおり。

  • 12月 呂布の武器「鉄戟」の実装
  • 1月 「虎」騎乗武将の実装
  • 2月 貂蝉の武器「双錘(ソウスイ)」のチューンナップ、

 それ以外にも、オンライン最強のプレイヤーチームを決める「無双大会」を開催する予定であること、9月16日の東京ゲームショウ2010では蒼天乱舞のプレイアブル出展をすることも発表され、今回の発表会は終了となった。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping