「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news086.jpg

格闘ゲームは新しい“次元(dimensions)”へ――「デッド オア アライブ ディメンションズ」

コーエーテクモゲームスは、E3 2010で発表した「DEAD OR ALIVE 3D(仮)」の正式名称を公開した。

「DEAD OR ALIVE 4」から5年

 今年、ロサンゼルスで開催されたE3 2010で発表されたニンテンドー3DS対応ソフト「DEAD OR ALIVE 3D(仮)」の正式名称が決定した。その名も「DEAD OR ALIVE Dimensions(デッド オア アライブ ディメンションズ)」。2005年12月に発売された「DEAD OR ALIVE 4」から約5年。格闘ゲーム「DEAD OR ALIVE」シリーズの新作が登場する。

wk_100910doad01.jpg

 「デッド オア アライブ ディメンションズ」はシリーズのゲーム感はそのままに、携帯ゲーム機ならではの手軽さと3D表現による新たな感動を盛り込んだ意欲作。3D格闘ゲームから離れてしまったゲームファンでも遊びやすい「新しい形」へと進化している。

 「DEAD OR ALIVE」は、テクモ(現コーエーテクモゲームス)の開発スタジオ「Team NINJA」が手がける対戦格闘ゲーム。1996年11月にアーケードゲームとして登場して以降数々のプラットフォームで展開して人気を博し、シリーズ累計で全世界790万本以上のセールスを記録している。

格闘ゲームの歴史が再び動き出す

格闘大会「DEAD OR ALIVE」――。

古来より幾度となく繰り返されてきた格闘大会。さらなる刺激と興奮を求めそのスタイルは進化を遂げ、やがて新たな異種格闘技大会が生まれた。

大会では刺激的な演出のもと、数々の熾烈な闘いが繰り広げられてきた。

今年もまた闘いが始まろうとしている。

格闘家たちはそれぞれの想いを胸に秘め、過酷な舞台へと上がっていく……。

人々はこの闘いを「デッド・オア・アライブ」と呼んだ――。


 本作には、シリーズではおなじみの個性的なキャラクターたちも当然登場する。今回、主人公・かすみをはじめ、「霧幻天神流」忍者一門にまつわる4人のキャラクターを紹介しよう。

運命のくノ一「かすみ(霞)」――「あなたに私は倒せない」(CV:桑島 法子)

wk_100910doad02.jpg
wk_100910doad03.jpg 伝統ある忍者一門、「霧幻天神流天神門」の継承者。17歳。兄思いで心の優しい“くノ一”。ある事件をきっかけに里を捨て「抜け忍」となる。流派特有のスピードを生かし、目にも留まらぬ連続攻撃を繰り出す格闘スタイルを持つ

●殺意のくノ一「あやね(綾音)」――「霧幻天神流覇神門、それほど甘くないわ」(CV:山崎 和佳奈)
wk_100910doad04.jpg
wk_100910doad05.jpg 霧幻天神流の裏の一門、「覇神門」に属するくノ一。16歳。かすみの異父姉妹にあたる。天才的な力を持ちながら、その生まれゆえ、闇に生きることを強いられた。「表」に生きるかすみを憎む一方で、ハヤテを強く慕っている。敵を翻弄する、変幻自在の流麗な攻撃は美しくも恐ろしい

天駆ける風の忍「ハヤテ(疾風)」――「我が名は疾風、天翔る風の忍び」(CV:緑川 光)

wk_100910doad06.jpg
wk_100910doad07.jpg 霧幻天神流17代目頭首「紫電」の息子にして、かすみの兄。霧幻天神流の後継者として申し分ない技量、人望を備えた好青年。流派特有のスピードに、力強さが加わったバランスの良い格闘スタイル

力に飢えた狂獣「ライドウ(雷道)」――「虫けらが!」(CV:稲田 徹)

wk_100910doad08.jpg
wk_100910doad09.jpg かつて霧幻天神流の頭首となるはずが、力に溺れ、狂気の虜となり破門される。霧幻天神流は実弟にして、かすみとハヤテの父である紫電が継いだ。里に名残は無かったが、渇望していた一子相伝の奥義だけは継ぐことができなかった。そして……。一度受けた技をすぐに身に付けられる天才的な能力を持ち、様々な格闘技の奥義を極めている

バトルステージ

 プレイヤーが戦う舞台となるバトルステージは「3D」で表現される。高い崖からの落下や迫り来る暴走車との激突など、美しい背景の中に、多様な“デンジャー”が潜んでいるとのこと。今回は、2つのステージを紹介する。

京都ステージ

wk_100910doad10.jpgwk_100910doad11.jpgwk_100910doad12.jpg 桜の花びらが舞う京都ステージ。赤い橋の欄干、立ち並ぶ桜の木、遠目には五重塔。色彩鮮やかな光景が目の前に広がる、美しいステージ。穏やかで優雅な景色の中にも、激闘の音色は響き渡る

深山ステージ

wk_100910doad13.jpgwk_100910doad14.jpgwk_100910doad15.jpg 雷鳴が鳴り響く、禍々しい風景が魔界を思わせる深山ステージ。いくつもの鳥居が斜面沿いに立ち並ぶさまは、まるで奈落へ続いているかのようだ

wk_100910doad16.jpgwk_100910doad17.jpgwk_100910doad18.jpg 神木と思われる巨木が、圧倒的な存在感を放っている。恐怖を感じるほどの空間、臨場感が展開する。邪悪な気が渦巻く地で、死闘が繰り広げられる

「DEAD OR ALIVE Dimensions」(デッド オア アライブ ディメンションズ)
対応機種ニンテンドー3DS
ジャンル対戦格闘
発売日未定
価格未定
通信機能未定
(C)TECMO KOEI GAMES CO., LTD. Team NINJA All rights reserved.



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping