「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



TGS2010【センス・オブ・ワンダーナイト 2010】:まさにSense of wonderなアイデアを発掘。ゲームの伝統に縛られない、個性的な9作品を一挙紹介! (2/5)

プレイヤーが絵によって創り出す世界「Infinite Blank」

 アメリカから来日した発表者のEvan Blaster氏によると、「Infinite Blank」は参加プレイヤー全員が一緒に世界を作っていくオンラインゲームであるという。ゲームは白紙の状態で始まり、そこにプレイヤーが世界を描くことで、一つのエリアが作られていく。描かれる世界は全て繋がっており、自分で作成したアバターで移動することもできる。その広がっていく世界で、アドベンチャーも生まれてくるとのことで、Evan Blaster氏による解説は次の通りだ。

 「Infinite Blankのデザインの焦点というのは、自由なクリエイティビディの探求、遊び心のインタラクションであり、自由な創造がこのゲームに中核のものとして埋め込まれています。参加する人誰もが、自分の自由な発想を永久のものとして共有できる。そしてそれが何であるか、ということに制限は非常に少ないのです。探求というのは、世界の中にシームレスに埋め込まれているものであり、表現の手段でもあります。遊び心のインタラクションは、キャラクターのアバターに自分自身のアイデンティティを作り出すことができるのです」。

 このゲームのインタフェースには、文字やテキストといったものはほとんどない。記号や、描くことによって、会話が成り立つようになっている。将来はプレイヤーコミュニティを作り、その中で発表や自慢をできる場を設けるようにし、ゲームそのものはWindows/MAC/Linuxの全てで動作でき、来週にリリースされるそうだ。この作品にベクターの片山 崇氏は「このような自由な世界で、同じ場所で世界中の人々と遊べるというのは、我々オンラインゲームに関わっている人間の究極の夢でもあります。そういう意味では、それに近い世界を感じさせてくれたと思います」とコメントし、言葉を用いなくても、絵による表現などで世界中の人間とコミュニケーションをとりつつ遊べるこのゲームの今後に期待していた。

wk_100917sow05.jpg 「Infinite Blank」製作者のEvan Blaster氏。アメリカからの参加となる
wk_100917sow06.jpg 何もなかった白紙の世界に、参加者によって様々なエリアが創られていく

Windowsでもっともポピュラーなゲームを音楽と融合。「音楽マインスイーパ」

 Windowsユーザーの中に「マインスイーパ」を知らない人は少ないだろう。マス目をクリックすると、その周囲8マスにある地雷の数が表示され、それをヒントにプレイヤーは地雷を踏まないよう、地雷以外の全てのマス目を開くとクリアとなるゲームだ。ゲーム製作者コミュニティin札幌の岩本氏は、この「音楽マインスイーパ」製作のエピソードとして次のように述べている。「ゲームプログラミングの練習としてマインスイーパを再現しようとしていたころ、調度音楽のシーケンサプログラムを完成させていました。このマインスイーパというゲームと、音楽シーケンサを用いて、もうちょっと面白いものが作れないかと考えていました。そこで生まれたのが、この音楽マインスイーパです」。

 本作は、ゲームスタートと同時に音楽が流れる。プレイヤーはマインスイーパをプレイすることで、音楽を作っていくことになる。しかしここで注目すべき点は、プレイヤーがする事が普段のマインスイーパと全く変わらない。そして、音楽作成の仕組みは、プレイヤー地雷のマスに旗印をつけた場所が、音楽と同時に流れているラインと重なり合った瞬間、音が鳴り始める。つまり、音楽の経験や知識が全く無くても、毎回違ったオリジナルの音楽が作れることになる。また、プレイ速度に応じてバックグラウンドミュージックの早さも変わるようだ。

 このマインスイーパと音楽の独特の一体感は、クリックの繰り返しによる作業感を解消しているうえに、クリエイティブな面でも非常に優秀だ。自分が思うような音楽を作れるわけではないが、プレイするたびに毎回違う音楽を奏でられるというのは、とても面白いアイディアであると思った。

 司会の新氏からコメントを求められたおにたま氏は「見た目がマインスイーパそのままなのに中身が違うというのは、とても日本的な、突き詰めている感じが面白いと思います。僕もプログラマーとして、既存のものにいろいろと手を加えて、ちょっと中身を変えただけで面白いということにとても共感できます。とても大好きなタイトルでした」と、好評。Brandon Sheffield氏は「私はマインスイーパをすると、途中でどうしても我慢できなくなって、手当たり次第にクリックを始めてしまい、自爆することが多い。もしこの音楽マインスイーパで、自爆時にも何か楽しい仕組みが組み込まれたなら、私は初めてマインスイーパを好きになると思います」など、面白いコメントも。プレゼン中もマインスイーパから音楽が奏でられるアイディアに、参加者からの「pico pico」が絶えなかった「音楽マインスイーパ」をプレイしてみたくなった人は多いだろう。すでにベクターにてダウンロードできるそうなので、是非多くの人に遊んでほしい。

wk_100917sow07.jpg 真ん中がゲーム製作者コミュニティin札幌の岩本氏。マインスイーパを「神ゲー」と言うほどのマインスイーパ好きである
wk_100917sow08.jpg 写真のように、赤いラインがマス目の旗印と重なると、音が鳴る

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.