「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



日々是遊戯:「エルシャダイ」が「ニコニコ動画」で大ブレイク中! 神は言っている、もっと評価されるべきだと……

東京ゲームショウ2010でも注目を集めた、イグニッション・エンターテイメント・リミテッドの「El Shaddai - エルシャダイ - ASCENSION OF THE METATRON」が、ちょっと意外なところで人気を集めています。

個人的には、公式トレーラーが一番面白いと思います

wk_100927hibikore02.jpg 「東京ゲームショウ2010」のイグニッションブースの様子。こちらの体験リポートも併せてお楽しみください

 2011年春発売予定のプレイステーション 3/Xbox 360用アクションゲーム「El Shaddai - エルシャダイ - ASCENSION OF THE METATRON」(以下、エルシャダイ)が、なぜか「ニコニコ動画」で大ブーム中となっています。

 2010年9月27日時点で、「エンタ・音楽・スポ」カテゴリのデイリーランキングTOP5のうち「エルシャダイ」関連動画はなんと4タイトル! ブームのきっかけとなった「E3 2010」でのトレーラー動画も今や65万再生を超える勢いで、こちらも「アニメ・ゲーム」カテゴリのデイリーランキング1位に輝いています。一体どういうことなの……。


wk_100927hibikore01.jpg 9月27日時点における「大丈夫だ、問題ない」タグの動画数推移。「東京ゲームショウ2010」の終了直後あたりから急速に伸びているのが分かります

 投稿されている動画の多くは、上記「E3 2010」の公式トレーラーを加工し、他の音楽や映像と合体させたいわゆる「音MAD」と呼ばれるもの。アントニオ猪木の入場テーマと組み合わせた「イーノックボンバイエ」や、「はじめてのチュウ」に合わせてルシフェルが歌う「はじめてのチュウなんだが大丈夫か?」など、「大丈夫だ、問題ない(※)」タグだけでもすでに200以上の動画が作られています。たった一本のトレーラー映像が、まさかここまでの一大ブームを巻き起こすことになろうとは、さすがに発売元であるイグニッション・エンターテイメント・リミテッドも想像していなかったのではないでしょうか。

※プロモーション映像の中で、ルシフェルの「そんな装備で大丈夫か?」という忠告に対し、自信満々で言い放ったイーノックのセリフ。しかし実際は全然大丈夫ではなく、その後イーノックはザコ敵に囲まれボッコボコにされてしまった。ある意味「エルシャダイ」を象徴するシーンとして、関連動画には大抵このタグが付いている

 せっかくなので、イグニッション・エンターテイメント・リミテッドに今回のブームをどのように見ているのか尋ねてみました。

「『エルシャダイ』は私たち、イグニッションエンターテイメントにとって初めてのオリジナル内制タイトルですが、発売前から多くの方に話題にしていただいて、イーノックやルシフェルにも愛着を感じていただき、またいろんなところで盛り上がっていただいていることを非常に嬉しく思っています。東京ゲームショウに初出展した際にも“これからに期待したい”、“絶対買います”など暖かい言葉をたくさんいただきましたが、みなさんの応援を励みに、このままユーザーに愛される作品に育てていきたいと思います」(イグニッション・エンターテイメント・リミテッド PR&マーケティングチーム)

 どうやらイグニッション側としても今回の盛り上がりは予想外だったようですが、「ニコニコ動画」で多くの動画が作られていることについてはかなり好意的にとらえてくれているみたいですね。またユーザーへのメッセージとして、次のようなコメントもいただくことができました。

「今後も公式サイトなどを通じて積極的に新しい情報を発信していく予定です。開発チームともども、まったく新しいゲームとして自信を持って鋭意制作中ですので、ぜひ楽しみにしていてください」(イグニッション・エンターテイメント・リミテッド PR&マーケティングチーム)

 「続編タイトルばかり」と言われる昨今のゲーム業界において、どんな形であれ「エルシャダイ」のような新規タイトルが注目を集めるのはすばらしいこと。先日開催された「東京ゲームショウ2010」でも、日本ゲーム大賞のフューチャー部門に輝いた「エルシャダイ」ですが、果たしてこの人気がどこまで続くのか、今後の情報に注目していきたいところです。

wk_100927hibikore03.jpgwk_100927hibikore04.jpgwk_100927hibikore05.jpg 色々とネタにされている「エルシャダイ」ですが、ゲーム自体はふつうに面白かったです。常に変化し続ける背景や、まぶしささえ感じさせる色遣いは本作ならでは。あとルシフェルさんがカッコよすぎ!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping