「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news082.jpg

日々是遊戯:ニンテンドー3DS、「高い」が9割を占めるも半数が「買います」

ニンテンドー3DSの価格について、みなさんはどう感じましたか? 先週末よりトップページで行っていた意識調査の結果を発表します。

なんだかんだ言っても「買う」人は多そう

 先週金曜(10月1日)よりITmedia Gamezトップページに設置していた「ニンテンドー3DS価格意識調査」ですが、おかげさまで週末の3日間ちょっとで1000件以上の回答をいただくことができました。アンケート自体は現在も継続して設置中ですが、ここで一旦結果を見てみることにしましょう。果たして、ニンテンドー3DSの「2万5000円(税込)」という価格を、ITmedia Gamez読者はどのように見たのでしょうか?

wk_101004hibikore01.jpg ニンテンドー3DS、あなたは買いますか?(回答数:1002/パーセンテージ表示には四捨五入で換算しています)
  • 高いけど買います 44%
  • 安いから買います 5%
  • 高いから買いません 47%
  • 安いけど買いません 4%

 今回はあくまでシンプルに「高いと感じるか、それとも安く感じるか」「買うか、買わないか」の二つを軸に尋ねました。

 結果、もっとも多かったのは「高いから買いません」で47%、次点で「高いけど買います」が44%。一方で「安いから買います」「安いけど買いません」を選んだ人はわずか5%、4%にとどまっており、実に9割以上の人がニンテンドー3DSの価格を「高い」と感じていたことがうかがえます。しかし、「高いけど買います(44%)」と「安いから買います(5%)」を合計するとほぼ全体の半数(49%)に達しており、「高い」と感じながらも半分近くの人はやはり3DSを「買いたい」と考えている模様。そう考えると、2万5000円(税込)という価格設定はやはり絶妙だったと言えるのかもしれません。

 もちろん、ゲーム機の価値はハードの機能や性能だけで決まるものではありませんし、今後各社のタイトルラインアップなどが明らかになってくれば、「安い」と感じる人もきっと今より多くなってくるはず。来年2月にはこの意識がどのように変わっているのか、今後の発表にも期待したいところです。

wk_101004hibikore02.jpgwk_101004hibikore03.jpg 2011年2月26日に発売されることが決定したニンテンドー3DS。今回は価格だけでしたが、機会があれば発売日についての意識も聞いてみたいところです


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping