「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news045.jpg

「Yahoo!モバゲー」正式版オープン――「100万人の信長の野望」、「シェンムー街」の開発も決定

Yahoo! JAPANとDeNAは、9月21日よりβ版にて公開中だった、PC向けソーシャルゲームプラットフォーム「Yahoo!モバゲー」を10月7日より正式版としてグランドオープンした。

wk_101007yahoom01.jpg

 Yahoo! JAPANとDeNAは、2010年9月21日よりβ版にて公開中だった、PC上のソーシャルゲームプラットフォーム「Yahoo!モバゲー」を、10月7日より正式版としてグランドオープンした。

 正式版からは、世界各国の開発パートナー約70社から、100タイトルのゲームが提供される。DeNAからは、「怪盗ロワイヤル-zero-」に続き、「モバゲータウン」で好評の「海賊トレジャー」のPC版「海賊トレジャー ANOTHER WORLD」を提供。コーエーテクモゲームスが提供する100万人ものプレイヤーが参加可能なソーシャル・シミュレーションゲーム「100万人の信長の野望」や、8年ぶりとなる「シェンムー」シリーズ第3作でセガがライセンスを保有する「シェンムー街」の開発も決定している(2010年冬頃配信予定)。

 また、「レストランシティ」「サンシャイン牧場」「ペルソナ3ソーシャル」「TETRIS STAR」「英雄クエスト」「ブラウザ三国志」などの豊富なジャンルのタイトルを用意。コンテンツの充実とともに、全国でテレビCMも放映されるほか、東京都内にてCMと連動した「Yahoo!モバゲー」ラッピングバスが走行するなどのキャンペーンやイベントなどが予定されており、ユーザー獲得の動きが活発化しそうだ。

 なお、正式版開始に合わせて「モバコイン1億円分山分けプレゼント」キャンペーンが実施される。対象期間中に「Yahoo!モバゲー」に新規登録したユーザーには、1億円分の「モバコイン」を山分けするキャンペーンに参加することができる。

 「Yahoo!モバゲー」の利用は、Yahoo! JAPAN IDでのログインが可能。ゲームプレイ中の有料課金アイテムの支払いについても、「Yahoo!ウォレット」を利用して決済ができる。「Yahoo!ウォレット」の利用で、購入金額の1%の「Yahoo!ポイント」が貯まり、それをゲームプレイに利用できる。また、ソーシャルグラフの連携により、モバゲータウン上で構築したユーザー同士のつながりの情報は「Yahoo!モバゲー」にも引き継がれる。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping