「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



日々是遊戯:ファミコンカラーが「アズキ色」だった理由とは――? 任天堂ハードにまつわる豆知識あれこれ

ファミコンからWiiまで、任天堂のゲーム機にまつわるちょっとしたトリビアをまとめてみました。

今回はけっこうメジャーな豆知識中心かも

 ニンテンドー3DSの価格・発売日発表、「スーパーマリオ25周年」モデルのWii、DSi LLの発表など、ここのところ任天堂ハードに関する発表が相次ぎました。そこで今回は、任天堂ハードにまつわるちょっとした豆知識をまとめてみました。考えてみれば、任天堂の家庭用ゲーム事業も今年で27年目。きっとここにはないたくさんの物語が詰まっているはずです。

【ファミコンカラーが「アズキ色」になった理由】

 ファミコンと言えば、白とアズキ色のツートンカラーを思い浮かべる人も多いはず。これはもともと、当時社長だった山内溥氏が「この色(赤色)がいい」と持ちかけたのに加えて、コスト的に「アズキ色」のプラスチックが当時もっとも安かったためと言われています。開発当時、開発者はファミコンのコスト削減には相当苦心したそうで、コントローラを本体直付けにしたことや、IIコンからスタート・セレクトボタンを廃除したことなどもコスト削減のためだったとか。

wk_101007hibikore01.jpg 今となっては見慣れたカラーリングですが、その陰にはいろんな苦労があったんですね

【イジェクトレバーの遊び心】

 ファミコン本体にはイジェクトレバーが付いていましたが、実はこれ、使わなくても普通に手で引き抜いて問題なかったんですよね。ではなぜイジェクトレバーが付いていたのかというと、「レバーを押すとカセットがポンと飛び出す」仕掛けそのものを子供が喜ぶのでは――というアイデアから。ちなみにこれを提案したのは、ゲームボーイなどの生みの親として知られた横井軍平氏だったそうです。

【湾岸戦争から生還したゲームボーイ】

 とにかく頑丈さには定評がある任天堂ハードですが、その耐久性を見事証明したのが湾岸戦争。当時、任天堂はアメリカ軍兵士にゲームボーイを提供していましたが、その後空爆で倒壊した兵舎から熱で焼け焦げたゲームボーイが発見され話題に。このゲームボーイは外装こそボロボロでしたが、内部に問題はなくソフトを挿し込めば普通に動作したそうです。以下の動画はその後、ニューヨークにある「Nintendo World Store」に展示されていた時のもの(現在も展示されているかは不明)。

【ニンテンドウ64ロゴに隠された秘密】

wk_101007hibikore02.jpg 右上の「Vertex(頂点数)」、「Faces(面数)」の数字にご注目。確かにどっちも「64」です

 アルファベットの「N」を立体的に組み合わせたデザインが特徴的な、ニンテンドウ64のロゴ。海外のユーザーがこのロゴを3Dソフトでモデリングしてみたところ、ある秘密が明らかになりました。それは「頂点と面の数がともに64になった」というもの。たぶん偶然だと思うのですが、もしかしたら狙って……?


【ゲームキューブのメニュー音を早送りすると……】

 ソフトを入れずにゲームキューブを起動すると表示される「メニュー画面」。ここで流れているBGMを16倍速にして再生すると、なんとディスクシステムの起動音になるそうです。こちらは間違いなく狙って入れたネタだと思いますが、発見されたのがハード発売から10年近く経ってからというのがスゴい。百聞は一見にしかず、詳しくは動画でご確認ください。

【パナソニック発売のゲームキューブ】

 つい先日、携帯ゲーム機「Jungle」のティーザーサイトをオープンし話題となったパナソニックですが、実は「Q」というゲーム機を2001年に発売しています。もっとも、これはゲームキューブにDVD再生機能(+リモコン)を追加しただけのもので、当時すでに「DVD再生可能なゲーム機」としてはPS2が十分すぎるほどに普及していたこともあり、販売台数はそれほど振るいませんでした。ちなみにゲームキューブ自体が元々任天堂とパナソニックの共同開発で、3DO以降のパナソニックもゲームから完全に手を引いていたわけではないんですよね。

wk_101007hibikore03.jpg こちらが「Q」。シルバーを基調とし、より家電に近いデザインが特徴となっていました

【Wiiの型番「RVL」の意味って?】

 現在販売されているWii本体の型番は「RVL-S-WD」。そのほかソフトや周辺機器など、Wii関連の商品にはいずれも「RVL」というアルファベットが付けられています。これはもともと、Wiiの開発コードネームが「Revolution」だったことに由来しているとか。ちなみにゲームキューブ、ニンテンドーDS用ソフトには「DOL」「NTR」がそれぞれ付けられていますが、こちらも開発コード「Dolphin」と「Nitro」が由来と言われています。

【世界のMii人口は1億8000万人】

wk_101007hibikore04.jpg 写真からMiiを作ることもできる、3DSの「Miiスタジオ」機能。これなら似顔絵が苦手な人でも安心?

 これは先日行われた「Nintendo Conference 2010」で明らかにされたもの。岩田聡社長のプレゼンテーションによれば、日本のユーザーで現在「自分のMiiを持っている」と答えている人は2600万人以上、アメリカやヨーロッパ主要6カ国も加えると、全世界のMii人口はざっと1億8000万人にものぼるそうです。この記事を読んでいる皆さんも、たぶんどこかで自分のMiiを作った/作ってもらったことがきっとあるのではないでしょうか。ニンテンドー3DSではすれちがい通信や「Miiスタジオ」でさらにMiiとの連動を強くしていく方針のようですし、今後まだまだ世界の「Mii人口」は増えていきそうです。


Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping