「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news045.jpg

体験版のクエストが明らかに――「モンスターハンターポータブル 3rd」プレミアムパーティーに行ってきた

10月13日より配信予定の「モンスターハンターポータブル 3rd」体験版がメディア向けに先行公開された。

ge_mhp3rd_1012_01.jpg

 12月1日に発売を予定しているPSP用ソフト「モンスターハンターポータブル 3rd」(以下、MHP3rd)のプレミアムパーティーが開催された。本イベントは、10月13日より配信予定の体験版をメディア向けに先行公開したもので、フラッシュアニメーション「秘密結社鷹の爪」とのコラボレーションによる特別映像(ロングバージョン)の上映なども行われた。

 公式サイトでも発表されている通り、体験版にて使用できる武器は「片手剣」「双剣」「大剣」「太刀」「ハンマー」「ランス」「スラッシュアックス」「ライトボウガン」「ヘビィボウガン」の9種類で、シングルプレイでは2匹、2人プレイではそれぞれのハンターが1匹づつ、オトモアイルーを同行させられる。もちろん最大4人でのマルチプレイも可能だ。

 体験版に収録されているクエストは「ロアルドロス討伐(ステージ:孤島)」と「ボルボロス亜種討伐(ステージ:凍土)」の2つ。確認した限りでは、Wii用ソフト「モンスターハンター3(トライ)」と比較して、ロアルドロスに新しい攻撃パターンは見られなかった。強いて言うのであれば、水中での戦闘がなくなったというのが大きな違いになるだろう。ボルボロス亜種は“氷砕竜”の異名を持つモンスターで、通常種と同じく突進してくることが多い。体表にまとった雪をまき散らし、ハンターを雪玉状態にしてくるが、通常種の泥が雪に変わっただけと考えれば、問題なく戦えるはずだ。


ge_mhp3rd_1012_15.jpgge_mhp3rd_1012_16.jpg プレミアムパーティーの様子。各所で和やかに狩りが行われていた

 なお、体験版をダウンロードするには、モンスターハンターシリーズ公式ファンクラブモバイルサイト「モンハン部」にて発行されるプロダクトコードと、PlayStation StoreにアクセスするためのPlayStation Networkのアカウントが必要となる。詳細は公式サイトに載っているので、まだダウンロードの準備ができていないという人は、そちらをチェックしてもらいたい。

 このほかイベントでは、秘密結社鷹の爪とのコラボレーション映像のロングバージョンを公開。オトモアイルーAがシビレ罠、それに合わせてオトモアイルーBが大タル爆弾を設置するという協力攻撃や、オトモアイルーだけで狩りに旅立つシーンに加え、驚異の“10連肉焼き”などが確認できた(肉を焼くのはハンター自身で、オトモアイルーは近くで扇いでいた)。

ge_mhp3rd_1012_10.jpgge_mhp3rd_1012_11.jpgge_mhp3rd_1012_12.jpg

ge_mhp3rd_1012_13.jpg 辻元良三氏

 ここではプロデューサーの辻元良三氏が登場し、「実際にプレイしていると見えない場合もあるかもしれませんが、本当にいろんな行動を取ります。性格によっても行動が変わるので、自分の好きな性格のオトモアイルーを連れていってもらえれば、より狩りがスムーズになるはずです。体験版でも引き連れていけますので、ぜひ活躍にも注目してください」と話すなど、強化されたオトモアイルーをアピールしていた。

 なお、ロングバージョンのコラボレーション映像は本日(12日)より公式サイトにて公開されている。気になるシーンが満載なので、ぜひ一度は見ておくことをお勧めする。


ge_mhp3rd_1012_02.jpgge_mhp3rd_1012_03.jpg

ge_mhp3rd_1012_04.jpgge_mhp3rd_1012_05.jpgge_mhp3rd_1012_06.jpg モンスターやパッケージのイラストなども展示されていた

ge_mhp3rd_1012_07.jpgge_mhp3rd_1012_08.jpgge_mhp3rd_1012_09.jpg アイルーたち(?)もイベントに参加

ge_mhp3rd_1012_14.jpg 骨付きこんがり肉や骨パンなどの食事も用意されていました


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping