「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news056.jpg

Xbox LIVE アーケード版「ぐわんげ」、11月10日より配信開始

11年のご無沙汰です。ケイブは、アーケードシューティング「ぐわんげ」を、Xbox Live アーケード専用タイトルとして全世界に向けて配信する。

wk_101013guwange01.jpg

 ケイブは、アーケードシューティング「ぐわんげ」をXbox Live アーケード専用タイトルとして11月10日(水)より配信開始する。

 「ぐわんげ」は、1999年にゲームセンターで稼動を開始した、縦スクロールシューティングゲーム。ゲームのベースとなるのは、日本の室町時代。「式神」やそれをあやつる「式神使い」などの独特の世界観を背景にしたストーリーと、個性的なプレイヤーキャラが特徴だ。自機(キャラクター)が徒歩でマップを移動することや、残機制ではなくライフ制を採用したことでも当時注目を集めていた。

 プレイヤーは、シシン・小雨・源助の3人のうち1人を選択、「ぐわんげさま」を倒すために獄門山を目指す。また、シシンには「力王」、小雨には「八飛車」、源助には「麒麟丸」が式神として同行。キャラクターごとにストーリー、エンディングがあり、そのドラマ性もゲームの没入感を促す。

wk_101013guwange02.jpgwk_101013guwange03.jpgwk_101013guwange04.jpg

 今回の「ぐわんげ」配信は、2009年にケイブ「開発日誌」ブログ上で「Xbox Live アーケードにリリースして欲しいタイトル」というアンケートを実施した結果を受けてのものとのこと。

 本作には3つのモードを収録している。

「アーケードモード」

wk_101013guwange05.jpgwk_101013guwange06.jpgwk_101013guwange07.jpg アーケード版「ぐわんげ」を、オリジナルのままプレイできる

「アレンジ(Xbox 360)モード」

wk_101013guwange08.jpgwk_101013guwange09.jpgwk_101013guwange10.jpg Xbox Live アーケードでの配信にあわせたアレンジ版となる。特に、「アーケードモードだとちょっと難しい」と感じる方や、シューティング初心者の方にもプレイしやすい仕様となる

  • Xbox 360のコントローラに特化、2つのスティックを操作して遊ぶことができる
  • 自機のショットはオートで発射されるため、自機の操作に集中することができる
  • Rトリガーを押し続けている間は、式神が出現。式神が出現している間も、自機は自由に動かすことができる
  • 式神出現中にドクロマークが金色になると、画面内のすべての敵弾を遅くする事ができる。ただし、そのときは周りから大量のこうもりが襲ってくるので注意

「アレンジ(青)モード」

wk_101013guwange11.jpgwk_101013guwange12.jpgwk_101013guwange13.jpg 「ケイブ祭り」で、特別試遊を実施したイベント版「ぐわんげ」Ver.をさらに改良したものを収録している

 なお、すべてのモードで、エキストラウィンドウにスコアやボムの残数などを表示させることができる。

「ぐわんげ」
対応機種Xbox 360(Xbox LIVE アーケード)
ジャンル縦スクロールシューティング
発売予定日2010年11月10日(水)
価格800マイクロソフトポイント(Xbox LIVE マーケットプレースで販売)
CEROC
(C)2010 CAVE CO., LTD.
※画像はすべて制作中のものです。実際のものとは異なる場合がございます。



Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping