「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news060.jpg

加藤夏希さん、曙太郎さん、神田うのさんが軍服で登場!?――「コール オブ デューティ ブラックオプス」記者発表会

11月16日、「コール オブ デューティ ブラックオプス」の記者発表会が開催された。新要素についても改めて紹介する。

世界が認めたFPS――「コール オブ デューティ」とは?

wk_101116cod01.jpg

 発売を2日前に控えた11月16日、ベルサール渋谷ファーストにて「コール オブ デューティ ブラックオプス」の記者発表会が開催された。

 「コール オブ デューティ」シリーズは、実在した戦争を舞台とするFPS(一人称視点シューティオング)ゲームの人気シリーズ。本シリーズにはいわゆる「ヒーロー」がいない。プレイヤーは戦場のいち兵士として戦い、リアルな戦場を駆けてゆく。主人公は複数存在しており、それぞれのストーリーを追うことで全体像が浮かび上がる、群像劇的な演出が特徴の作品だ。

wk_101116cod02.jpgwk_101116cod03.jpg

 最新作である本作「コール オブ デューティ ブラックオプス」では、ベトナム戦争など、冷戦時に起きた紛争を中心に描かれる。

 イベントでは、音楽エンターテインメント専門チャンネルMTVで行われる「コール オブ デューティ サバイバル」に参戦する加藤夏希さんと曙太郎さん、そして、その応援に駆けつけた神田うのさんなど、多くのゲストが登場。さらに、開発者から直々に、本作の詳細な情報が公開された。本記事では、そんな見所満載なイベントの様子をお届けする。

開発者に聞く数多くの新要素、キーワードは「競争・カスタマイズ・作成」

wk_101116cod04.jpg スクウェア・エニックス代表取締役社長、和田洋一氏

 開幕の挨拶を務めたのは、スクウェア・エニックス代表取締役社長である和田洋一氏。

 和田氏は、まず簡単に挨拶をした後「このコール オブ デューティは、数多く発売された今年の弊社タイトルの中でも、目玉中の目玉タイトルです。世界的に高い評価を受け、現役にして既に伝説のタイトルとも言えるでしょう。前作から学んだ数多くのノウハウを活かし、数多くの改善をして、発売にこぎつけました。皆様どうかバンバン楽しんでください!」と、本作に対する期待と、深い思い入れを語った。


wk_101116cod05.jpg トレイアークのマルチプレイ・デザインディレクターDavid“Vahn”Vonderhaar氏

 その後に壇上に上がったのは、本作の開発元であるトレイアーク社より、マルチプレイ・デザインディレクターのDavid“Vahn”Vonderhaar氏。本作における新要素についてのプレゼンテーションを行った。

 登場して、すぐにDavid氏は「はじめまして、私の名前はデイビッドです」と、なんと日本語で挨拶。しかし直後に「ごめんなさい、日本語はしゃべれません」とユーモアたっぷりに言い放ち、来場者の笑いをとった。すぐに気をとりなおして、本作のプレゼンテーションをスタート。

 David氏は「競争・カスタマイズ・作成、その三つが、本作のマルチプレーヤーの開発、そして発展のカギとなります」と語り、まずは「競争」の要素であるオンラインプレイに関係する要素を、モード別に解説した。


wk_101116cod06.jpg

トレーニングモード

 「トレーニングモード」は、新たにシリーズを始めようというプレイヤーが、より「競争」を楽しんでもらうために用意されたモード。オンラインのステータスに影響をあたえること無く、プレイすることが可能とのことだ。


wk_101116cod08.jpg

クラス作成

 前作と同じく、キャラクターの見た目を自由に変更できるが、本作では、そのパターンがより多くなっている。チーム内の見た目を統一したりと、戦略的に利用することも可能だ。


wk_101116cod10.jpg

キルストリーク

 「キルストリーク」とは、一人のプレイヤーが連続でキル(敵の殺害)に成功すると、その数に応じて、救助物資を要請したり、ヘリでの爆撃を要請したりできるシステムのこと。本作においては、多くの新たなキルストリークが用意されており、その中には、プレイヤーが操ることのできるものも存在する。

 写真は「CoDポイント」と呼ばれるゲーム内の通貨。これを集め、ることでキルストリークや、武器のカスタマイズが可能となる。


wk_101116cod11.jpg

契約

 オンラインプレイ中に、指定された「契約」内容を満たすと、普通にオンライン対戦をした際に入手できる報酬よりも、高い額のポイントを入手できる。契約には全部で500種類以上あり、プレイの進行にあわせて解放されていく仕様だ。


wk_101116cod12.jpg

賞金マッチ

 他のプレイヤーと、CoDポイントを使って、様々な特殊条件のもとで遊ぶ全く新しいモード。最初にピストルのみを持ち、近接攻撃で相手を倒さなければ銃弾の補充ができない「ワン イン ザ チャンバー」。クロスボウ・バリスティックナイフ・トマホークを使う対戦で、トマホークでキルされると得点を失う「スティックス アンド ストーンズ」。最初にはリボルバーを持ち、敵をキルする・されるごとに変化する20種類の武器を使い分けて戦う「ガン ゲーム」。全てのプレイヤーにランダムで武器が渡され、45秒ごとに武器が変化する「シャープ シューター」の、4つの対戦モードが存在する。

 さらに「カスタマイズ・作成」の面では、CoDポイントを利用した「フェイスペイント」と「エンブレム」、カムフラージュパターンの増加と、プレイヤーがよりアバターに親しみを持てるようになるであろういくつかの仕様を公開した。


wk_101116cod13.jpgwk_101116cod14.jpg 多くの種類を持つフェイスペイント。中には、条件をそろえないと買えないものもある
wk_101116cod15.jpg フィールドに合わせて、武器自体をカムフラージュすることもできる

wk_101116cod16.jpg エンブレムは位置や色の変更も可能なので、プレイヤーそれぞれが、ユニークなエンブレムを作ることができる
wk_101116cod17.jpg プレイ履歴は常に保存されており、もう一度見たいゲームがあれば、もう一度見直すことができる

 途中でカメラアングルの変更が可能で、さらに、気に入った場面を「クリップ」として保存することも可能となっている。


 David氏は「ここで紹介した情報は、本作における新要素のほんの一部でしかありません、スタッフ一同、皆様がこのゲームを楽しんでいただけることを、心から願っております」と発言し、この場を締めくくった。

「コール オブ デューティ サバイバル」に挑戦する加藤夏希さん、曙太郎さん。応援役に神田うのさんが登場!

 ゲストパートに移って、まず登場したのは、女優の加藤夏希さんとプロレスラーの曙太郎さん。

 ふたりは、音楽エンターテインメント専門チャンネルMTVにて、本作を使用して行われるトーナメント戦「コール オブ デューティ サバイバル」に出場するとのこと。そして、その応援のために駆けつけてくれたのが、タレントの神田うのさんだった。

wk_101116cod18.jpg
wk_101116cod19.jpg プロレスラーの曙太郎さん。戦場の鬼軍曹といった風体だ。本人曰く「砂漠ダンディー」のイメージでの服装とのこと

wk_101116cod20.jpg
wk_101116cod21.jpg 女優の加藤夏希さん。曙太郎さんとは打って変わって、セクシーなローライズ仕様

wk_101116cod22.jpg
wk_101116cod23.jpg タレントの神田うのさん。ヘルメットや水筒、弾薬用のホルスターも付いた実戦仕様の軍服姿で登場

 それぞれが、本作の発売と、トーナメントに対しての意気込みを述べるのもそこそこに、3D対応テレビによる実機デモプレイが行われた。

wk_101116cod24.jpg 全員が一様に驚きの声を上げていた実機デモプレイ

 加藤さんは「リアルなグラフィックの作品を、3Dでプレイすると、本当にそこに人がいるかのように見えちゃいますね」と発言。曙太郎さんにいたっては一言感嘆の声を上げた後、まじまじとでも画面を見つめてしまっていた。

 曙太郎さんがテレビを指差し「これ、貰えるの?」と司会に迫り、神田さんにたしなめられる、といったコントのようなやりとりを持って、本イベントの締めくくりとした。

「コール オブ デューティ ブラックオプス」
対象機種プレイステーション 3/Xbox 360/PC
ジャンルアクション
発売日字幕版: 2010年11月18日発売予定
吹き替え版: 2010年12月16日発売予定
価格(税込)プレイステーション 3/Xbox 360版: 7980円
PC版: オープンプライス
CERO審査予定
(c) 2010 Activision Publishing, Inc. Activision and Call of Duty are registered trademarks and Black Ops is a trademark of Activision Publishing, Inc. All rights reserved. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping