「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



日々是遊戯:もう「萌えない」なんて言わせねぇ! アメリカ発の本格恋愛シミュレーションゲーム「Shira Oka」が発売に

最近では中国や東南アジア諸国あたりにまで広がりつつある「萌え」の概念。そんな中、アメリカのゲームメーカーが、初の本格恋愛シミュレーションゲームをリリースし、話題になっています。

オープニングムービーの脱力感は異常

 カルフォルニアのゲームメーカーが先日リリースした、Windows用恋愛シミュレーションゲーム「Shira Oka Second Chances」が一部で話題となっています。価格は2100円で、ダウンロードゲーム販売サイト「Impulse」にて販売中。

 画面写真などを見るかぎり、キャラクターの絵柄や画面構成など、特に目立った点はなさそうに見えますが、このゲームの特徴は何と言っても、アメリカのメーカーが開発しているという点。アメリカ人が描く”美少女”と言えば、「トゥームレイダー」のララ・クロフトや、「Halo」のコルタナのような、いわゆる「萌え」とはかけ離れたものを想像しがちですが、このゲームはかなり忠実に「萌え」を研究、再現しようとしている様子がうかがえます。

 ゲームシステムは、最近主流のノベルタイプではなく、コマンドを選択してプレイヤーのステータスを成長させていく、往年の「ときめきメモリアル」形式。サイトの説明によれば、エンディングは全部で10種類用意されており、トータルのプレイ時間は40時間以上とのこと。どんな高校生活を送り、誰と恋に落ちるかはあなたの選択次第です。

wk_101220hibikore01.jpgwk_101220hibikore02.jpgwk_101220hibikore03.jpg キャラクターの絵柄などはかなり日本チック。北米にもちゃんと「萌え」が分かる人はいるみたいですね

wk_101220hibikore04.jpgwk_101220hibikore05.jpgwk_101220hibikore06.jpg ゲームシステムは「ときメモ」形式。コマンドを選択して、主人公のステータスを上げていきましょう

 クオリティ的にはまだまだ同人レベルといった印象ですが、過去の「海外産恋愛ゲーム」と比べれば、かなりの進歩と言ってよさそう。また北米のユーザーがこの絵柄をどう見るかが気になるところですが、現時点でユーザー評価は5つ星となっており、北米でもどうやら高い評価を得ている模様。向こうにも、こういう絵柄が好きな人はやっぱりいるんですね。

 公式サイトでは無料の体験版も配布されていますので、興味がある方はぜひ遊んでみてはいかがでしょうか。なお都条例にひっかかりそうな要素はありませんので、未成年の方でも安心してプレイすることが可能です。

 何とも力の抜けるオープニングムービーや、ゲーム紹介ムービーは以下からどうぞ。




Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping