「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



電撃オンライン

「デジモン クロスウォーズ」がゲーム化! 2つのバージョンで3月3日に発売!! (1/2)

 バンダイナムコゲームスは、DS用ソフト『デジモンストーリー 超(スーパー)クロスウォーズ ブルー&レッド』を2011年3月3日に発売する。価格は各5,040円(税込)。

『デジモンストーリー 超(スーパー)クロスウォーズ ブルー&レッド』 『デジモンストーリー 超(スーパー)クロスウォーズ ブルー&レッド』


 本作は、DS用ソフト『デジモンストーリー』シリーズのシステムを踏襲しつつ、現在放送中のTVアニメ『デジモンクロスウォーズ』の世界観を再現したタイトル。“進化”に代わる新育成システム“デジフュージョン(合体)”が搭載されている。また、『レッド』と『ブルー』の2パッケージでの発売となる。

 初報となる今回の記事では、『ブルー』と『レッド』のパッケージの違いや、本作のストーリー、新デジモン、新育成システムの一部などを紹介する。

■『ブルー』と『レッド』、パッケージの違いは?

●立ちふさがるライバルが違う!

 タイキの冒険の前に立ちふさがるライバルとして、『ブルー』では“ブルーフレア軍”、『レッド』では“トワイライト軍”が登場する。ゲームの中では、アニメには登場していないライバル軍とのデジクロスが行える!

●登場するデジモンが違う!

 パッケージによって、登場するデジモンが異なる。2パッケージ合わせて、デジモンは350種類以上にのぼる。

●サブクエストが違う!

 ゲーム中に発生するサブクエストがパッケージで異なる。各パッケージに含まれるサブクエストのうち約半分が、パッケージ専用のクエストになっている。

■ストーリー

 異世界・デジタルワールドに呼び寄せられた少年・タイキ。デジタルワールドの住人・デジモンたちと出会い、戦いを潜り抜けるたびにタイキが率いるチーム・クロスハートには、多くの仲間たちが集まっていく。

 ある日、タイキたちは不思議なメロディによりエルエストウゾーンへと飛ばされてしまう。そこで出会ったのは、このゾーンの命運を握るデジモン・スパーダモンだった。新たな戦い! 見たことのないデジクロスがクロスハートを待ち受ける!!

『デジモンストーリー 超(スーパー)クロスウォーズ ブルー&レッド』 『デジモンストーリー 超(スーパー)クロスウォーズ ブルー&レッド』 『デジモンストーリー 超(スーパー)クロスウォーズ ブルー&レッド』 『デジモンストーリー 超(スーパー)クロスウォーズ ブルー&レッド』

『デジモンストーリー 超(スーパー)クロスウォーズ ブルー&レッド』 『デジモンストーリー 超(スーパー)クロスウォーズ ブルー&レッド』 『デジモンストーリー 超(スーパー)クロスウォーズ ブルー&レッド』 『デジモンストーリー 超(スーパー)クロスウォーズ ブルー&レッド』

『デジモンストーリー 超(スーパー)クロスウォーズ ブルー&レッド』 『デジモンストーリー 超(スーパー)クロスウォーズ ブルー&レッド』 『デジモンストーリー 超(スーパー)クロスウォーズ ブルー&レッド』 『デジモンストーリー 超(スーパー)クロスウォーズ ブルー&レッド』




■伝説の武器デジモン・スパーダモン

 自ら選び出した主のもとで強力無比な巨大武器へと変ぼうを遂げ、「天使が持てば世界を救い、悪魔が持てば世界を滅ぼす」との言い伝えを持つ“武器デジモン”の生き残り。エルエストウゾーンでは最後の、そして最強の武器デジモンだ。封印された力を取り戻すと、強力な武器へと変化する!?

『デジモンストーリー 超(スーパー)クロスウォーズ ブルー&レッド』
▲スパーダモン

【性格】真面目で一生懸命だが、思い詰めるタイプでプレッシャーとアドリブには弱い。甘いものに目がなく、“疲労には糖分補給”という信念を持つ。武器になった時には強い(らしい)が、デジモンとしての戦闘能力は低い。

【必殺技】シュガーパウンド、ブルーブレイブ、オーロラブレイザー


●TVアニメでおなじみのデジモンたちももちろん登場!

『デジモンストーリー 超(スーパー)クロスウォーズ ブルー&レッド』 『デジモンストーリー 超(スーパー)クロスウォーズ ブルー&レッド』 『デジモンストーリー 超(スーパー)クロスウォーズ ブルー&レッド』 『デジモンストーリー 超(スーパー)クロスウォーズ ブルー&レッド』
▲シャウトモン▲バリスタモン▲ドルルモン▲スターモン&ピックモン


『デジモンストーリー 超(スーパー)クロスウォーズ ブルー&レッド』
▲シャウトモンX4


(C)本郷あきよし・東映アニメーション・テレビ朝日・電通

(C)2010 NBGI


       1|2 次のページへ


Copyright (c) 2013 ASCII MEDIA WORKS. All rights reserved.
-PR-Game Shopping