「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news101.jpg

日々是遊戯:「エルシャダイ」に「マリオの秘密」――2010年の「日々是遊戯」人気記事TOP10は?

今年もいろいろありました! ということで恒例の「日々是遊戯」年間TOP10を発表したいと思います。さて、今年の1位は……。

1位のやつ、久々に見たけどやっぱり怖すぎでした

 早いもので、2010年も残すところあとわずかとなりました。通常のニュースでは取り上げない(取り上げられない)ような小ネタを、毎日1つ微妙にセレクトしてお届けする――というユルいコンセプトではじまったこの連載も、いつのまにか3年目に突入。今年も1年間、こんな連載にお付き合いいただき本当にありがとうございました。

 さて、ということで本日は、2010年の「日々是遊戯」を振り返る意味で、今年のアクセスランキングをお届けします。果たして今年アクセスを集めたのはどんな記事だったのか? 細かい前置きは抜きにして、さっそく発表してみましょう!

【10位】「そんな装備で大丈夫か?」の中の人が判明! あの「イイ声」の正体は……

wk_101227hibikore01.jpg

 「ニコニコ動画」である日突然ブレイクし、ついにはネット流行語大賞の「金賞」にも輝いてしまった「エルシャダイ」。つい最近も、TGSで発表された、EDWINとのコラボジーンズが一瞬で売り切れるなど、その人気は相変わらずのようです。ところでゲームっていつ出るんでしたっけ……。


【9位】:もはや据え置き機は不要!? 東芝「REGZA」の「ポータブルズーム」機能が話題に

wk_101227hibikore02.jpg

 「モンスターハンターポータブル 3rd」も発売され、ますます勢いを増しつつある最近のPSP。電車に乗っていても、最近はDSよりもPSPで遊んでいる人をよく見かける気がします。

 そんなPSPをもっと大画面で楽しめるようにしてくれる、東芝「REGZA」のポータブルズーム機能を紹介した記事が第10位。この記事がきっかけで、最新モデルの発表会に呼んでいただいたのもいい思い出です。


【8位】:難しいってレベルじゃねぇ! 業界騒然の問題作「上原テトリス」とは

wk_101227hibikore03.jpg

 かのアレクセイ・パジトノフ氏もまさか、海を越えた東洋の島国でこんな「テトリス」が作られていたとは思わなかったでしょう。動画を見る際にはぜひ「!?」弾幕のご準備を。


【7位】:解けたら天才! フィンランドの数学者が作った「世界一難しい数独」

wk_101227hibikore04.jpg

 その後Twitter経由で、自作の(!)解答補助ツールを送っていただいたりもしたんですが、結局いまだに解けてません。年末年始でもう一回挑戦してみようかなぁ……。


【6位】:「JRAが壊れた」と話題の競馬ゲーム「ジャパンワールドカップ」

wk_101227hibikore05.jpg

 7位は先日「2」が公開されたばかりの、JRAの公式競馬ゲーム「ジャパンワールドカップ」の紹介記事。「2」になってもハリボテエレジーは相変わらずでした。


【5位】:「はぐれメタルが あらわれた!」そのとき人々がとった行動は……?

wk_101227hibikore06.jpg

 突如現れたはぐれメタルに思わずにっこりしてしまう人々。ゲームってこんなにも人を笑顔にさせてくれるんだなぁ、というのをあらためて実感させてくれた動画でした。


【4位】:あなたが知らない(かもしれない)、マリオの恐るべき秘密10選

wk_101227hibikore07.jpg

 海外ニュースサイトからの翻訳ということで、筆者も知らないような小ネタがちらほらと。個人的には「草むらと雲のドット絵は同じ」にビックリしました。当時の「容量との戦い」の過酷さを物語るエピソードです。

 また今年は「スーパーマリオブラザーズ」発売25周年ということで、記念サイトがオープンしたり、懐かしの「スーパーマリオコレクション」がWiiで復活したりと、様々な「マリオ」関連ニュースが業界を賑わせました。


【3位】:「FF13」がもしもドット絵だったら? 海外フォーラムに投稿された、超絶ディメイク画像あれこれ

wk_101227hibikore08.jpg

 これは画像が良かったですね。最近では3Dの台頭で、純粋なドット絵のゲームはかなり少なくなってしまいましたが、やっぱり「ゲームと言えばドット絵」というイメージは今なお根強いみたいです。

 また海外ではここ1〜2年、こうした「ディメイク」の動きが盛り上がりつつあり、ダウンロードゲームなどを中心に、少しずつドット絵のゲームが増えてきているような気がします。


【2位】:「人間にはクリア不可能」と言われたシューティングゲーム、7年5カ月目にしてついに突破される

wk_101227hibikore09.jpg

 ここまで来るともうもう、ゲームと人類の「戦い」ですよ。人生を削ってまでひとつの作品に打ち込んだプレイヤーと、飽きさせることなくその挑戦を真正面から受け止め続けたゲーム。どちらが欠けても、この名勝負は生まれませんでした。あらためて、この偉業を成し遂げたMON氏に拍手!


【1位】:すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ……「真・女神転生」の怖すぎるウワサは本当だった?

wk_101227hibikore10.jpg

 そして堂々第1位に輝いたのは、スーパーファミコンの名作「真・女神転生」の怖すぎるウワサを検証した「すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ」でした。筆者も当時ウワサに聞いたことはありましたが、てっきり都市伝説の類だと思っていたので、実際に動画で見た時の衝撃はものすごかったです。

 まだ見ていない人はぜひ、部屋の電気を消して、ヘッドフォンのボリュームを上げてご覧下さい。これ、当時リアルタイムで遭遇してたらトラウマものだっただろうなぁ……。


 ――ということで、今年のTOP10はこんな感じになりました。来年も「日々是遊戯」を何卒、よろしくお願いいたします。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping