「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news073.jpg

角川ゲームス、3DS参入タイトル第一弾「天空の機士ロデア」発表

角川ゲームスは、フライングアクション「天空の機士ロデア」を引っさげて3DSに参入。本作はWiiにも対応する。

 1月20日、角川ゲームスは2009年4月に会社を設立して初めてとなる発表会「角川ゲームス カンファレンス 2011 KICKOFF」を開催。同社初のニンテンドー3DS参入タイトルとして「天空の機士ロデア」を発表した。対応プラットフォームは、Wiiとニンテンドー3DSを予定しており、同社初のニンテンドー3DS対応タイトルとなる。

 ジャンルは「フライングアクション」としており、タッチペンやWiiリモコンを使用した、直感的な操作で大空を飛び回れる。角川ゲームスとプロペのタッグで製作され、シナリオには、数多くの大作RPGのシナリオなどを手がけてきた実弥島巧氏が起用されている。発売日など、詳細な情報は未定となっている。

wk_110120rodea02.jpg この物語の舞台である空の大地ガルーダは、飛行船が空を飛び回る、人々が火と石と油で生活する世界。1000年の眠りから目覚めたロデアの冒険がいま始まる

空に浮かぶ、自然に彩られた大地ガルーダ。

そこに住む好奇心旺盛な少女イオンは、古代の遺跡からガルーダの伝説で“魔人”と呼ばれる機械じかけの兵を発見する。「ロデア」と名乗るそのロボットはメモリー(記憶)が曖昧で、右腕が完全に破壊されていた……。

時を同じくして、地上の機械帝国ナーガが1000年の時を超えて復活、ガルーダに眠る「グラビティストーン」を狙って機械軍団を侵攻させた。戸惑い怯えるガルーダの人々のため、ロデアとイオンが機械軍団に立ち向かう。

戦いのさなか、ロデアが思い出していく1000年の時を超えた“約束”とは?

人間と機械の間に信頼――絆は生まれるのか?

そして、様々な困難を乗り越えた二人が、1000年前のナーガ帝国で突きつけられる悲しい真実とは……!?


wk_110120rodea01.jpg 左がヒロインのイオン(声・花澤香菜)、右は主人公のロデア(声・中村悠一)。ロデア(RO-DeA)は完全機械人開発計画(R計画)によって開発された高性能ロボット。右肩だけがローテクな歯車で出来ているのにはワケが……。また一方イオンは、天空の大地ガルーダに住む機械いじりの大好きな女のコ。1000年前にガルーダを守ったとされる皇女セシリアの面影があるようだが……


wk_110120rodea03.jpg 戦闘機型の機械兵との、まるでドッグファイトのような空中戦。多彩なアイディアと技で撃墜せよ!
wk_110120rodea04.jpg クロノスタワーの中は時間を超越した異次元空間になっている。幻惑的な空間にガーディアンの不気味なシルエットが浮かぶ

「天空の機士ロデア」
対応機種Wii/ニンテンドー3DS
ジャンルフライングアクション
発売予定日未定
価格未定

関連キーワード

ニンテンドー3DS | Wii | 参入 | ロボット | 発表会


(C)KADOKAWA GAMES / PROPE



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping