「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



電撃オンライン

見えるぞ、私にも3Dで見える! 「ガンダム ザ・スリーディーバトル」を紹介

 バンダイナムコゲームスは、3DS用ソフト『ガンダム ザ・スリーディーバトル』を3月24日に発売する。価格は6,090円(税込)。

『ガンダム ザ・スリーディーバトル』

『ガンダム ザ・スリーディーバトル』
イラスト:森下直親


 本作は、『機動戦士ガンダム』シリーズを題材にしたアクションゲーム。3D立体視やすれちがい通信など、3DSの機能に対応した遊びが盛り込まれている。ゲームでは、モビルスーツ(MS)を操作してミッションを戦い、『機動戦士ガンダム』、『機動戦士Zガンダム』、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の劇場版エピソードを追体験していくことになる。さらに、『機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]』からもMSがゲスト参戦する。

『ガンダム ザ・スリーディーバトル』 『ガンダム ザ・スリーディーバトル』
▲ゲームでは、まず自分の分身となるパイロットを作成。一年戦争、グリプス戦役、シャアの反乱における戦いをミッション形式で戦っていく。

『ガンダム ザ・スリーディーバトル』 『ガンダム ザ・スリーディーバトル』
▲ゲーム中は、上画面に3D立体表現されたバトル画面が、下画面にインフォメーションや一部カットイン演出などが表示される

『ガンダム ザ・スリーディーバトル』
▲ギャラリーモードも搭載し、MSの解説や立体モデリングを見ることができる。


ユニコーンとシナンジュも登場!――機体紹介

『ガンダム ザ・スリーディーバトル』


 『機動戦士ガンダム』劇場3作品、『機動戦士Zガンダム』劇場3作品、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』からMSが登場し、『機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]』からゲスト機体も登場する本作。今回は、主だったモビルスーツを紹介していく。

ガンダム
『ガンダム ザ・スリーディーバトル』

『ガンダム ザ・スリーディーバトル』 『ガンダム ザ・スリーディーバトル』
▲『機動戦士ガンダム』より登場。シリーズの象徴といえるMSだ。パイロットはアムロ・レイ。




ビグ・ザム
『ガンダム ザ・スリーディーバトル』
▲『機動戦士ガンダム』より登場。ガンダムの前に脅威として立ちはだかった巨大モビルアーマー(MA)だ。ドズル・ザビが搭乗した。




Zガンダム
『ガンダム ザ・スリーディーバトル』

『ガンダム ザ・スリーディーバトル』 『ガンダム ザ・スリーディーバトル』
▲『機動戦士Zガンダム』より登場。ウェーブライダーへ変形するのが特徴だ。カミーユ・ビダンが乗って戦った。




キュベレイ
『ガンダム ザ・スリーディーバトル』 『ガンダム ザ・スリーディーバトル』
▲『機動戦士Zガンダム』より登場。サイコミュ誘導兵器のファンネルを使う。パイロットはハマーン・カーン。




νガンダム
『ガンダム ザ・スリーディーバトル』

『ガンダム ザ・スリーディーバトル』 『ガンダム ザ・スリーディーバトル』
▲『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より登場。この機体ならではの兵器フィン・ファンネルを装備している。アムロ・レイがパイロット。




サザビー
『ガンダム ザ・スリーディーバトル』

『ガンダム ザ・スリーディーバトル』 『ガンダム ザ・スリーディーバトル』
▲『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より登場。重MSだが高機動で、ファンネルも装備している。シャア・アズナブルの乗機。




α・アジール
『ガンダム ザ・スリーディーバトル』
▲『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より登場。ニュータイプ用の巨大モビルアーマーで、ファンネルや高威力のメガ粒子砲を装備している。パイロットはクェス・パラヤ。




ユニコーンガンダム
『ガンダム ザ・スリーディーバトル』 『ガンダム ザ・スリーディーバトル』
▲ユニコーンモード(左)とデストロイモード(右)。

『ガンダム ザ・スリーディーバトル』 『ガンダム ザ・スリーディーバトル』 『ガンダム ザ・スリーディーバトル』
▲『機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]』より登場。NT-Dという特殊なシステムを搭載し、それが発動するとユニコーンモードからデストロイモードへと変形する。バナージ・リンクスがカーディアス・ビストより託された。




シナンジュ
『ガンダム ザ・スリーディーバトル』

『ガンダム ザ・スリーディーバトル』 『ガンダム ザ・スリーディーバトル』 『ガンダム ザ・スリーディーバトル』
▲『機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]』より登場。サイコフレームのデータ採取のため作られた機体。搭乗者のフル・フロンタルは、機体を巧みに操り“赤い彗星の再来”と呼ばれている。


(C)創通・サンライズ


データ

▼『ガンダム ザ・スリーディーバトル』

■メーカー:バンダイナムコゲームス

■対応機種:3DS

■ジャンル:ACT

■発売日:

2011年3月24日

■希望小売価格:6,090円

関連サイト

関連記事


Copyright (c) 2013 ASCII MEDIA WORKS. All rights reserved.

-PR-Game Shopping