「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



電撃オンライン

主人公orライバルを選択して戦力アップしよう! 「Gジェネワールド」を紹介

 バンダイナムコゲームスは、2月24日に発売するPSP/Wii用SLG『SDガンダム ジージェネレーション ワールド(以下、Gジェネワールド)』について、マスターセレクトや新たな戦闘シーン画像を公開した。

『Gジェネワールド』 『Gジェネワールド』


 発売日まで1カ月を切った『Gジェネワールド』は、さまざまなメディアで展開する『ガンダム』シリーズ作品が一堂に会するSLG『SDガンダム ジージェネレーション』シリーズの最新作。今作では計50作品が集い、話題の『機動戦士ガンダムUC』など4作品が初登場となる。参戦作品に関しては1報を、ゲームシステムについては2報3報の記事を参照してほしい。

さらに選べるようになった! マスターセレクト

 ステージ攻略を進めていくと、マスターセレクトでマスターキャラクターを選択できるようになる。マスターキャラクターを選択するごとに編成できる自軍グループが1つ増え、選んだマスターキャラクターはモビルスーツ(MS)とともにマスターユニットとして登録される。今作では、主だった主人公キャラクターに加えてライバルキャラクターも選択でき、『機動戦士ガンダムUC』の主人公バナージ・リンクスもセレクト可能。好きなキャラクターを中心に、自軍を編成しよう。

『Gジェネワールド』 『Gジェネワールド』

『Gジェネワールド』 『Gジェネワールド』
▲マスターセレクトが発生すれば、強力なパイロットとユニットが加わるだけでなく、編成グループが1つ増えるので、自軍戦力の拡充が図れる。

『Gジェネワールド』 『Gジェネワールド』
▲艦載ユニットとは別のマスターエリアに登録するマスターユニットは、ターンごとのHP回復やチームにとらわれない指揮エリアなど、強力なメリットを持つ。マスターユニットとパイロットは、自軍の中から任意に変更することも可能だ。


モバイルサイトでカウントダウンFlash待受など配信中!

『Gジェネワールド』

※サイトのキャンペーンは予告なく終了する場合がある。

 『Gジェネワールド』の公式モバイルサイトで、カウントダウンFlash待受や、オリジナルキャラクターの着ボイスなど、さまざまなコンテンツが配信中だ。以下のURL、QRコードでアクセス可能なので、チェックしてみよう。

【URL】http://m.bnfes.jp/149106/

【QRコード】

『Gジェネワールド』



■デルタプラスの勇姿も見られる! 戦闘シーン紹介

 最後は、ユニットの戦闘シーンカットを多数お届けする。リディ・マーセナスのデルタプラスをはじめ、ミスター・ブシドーのアヘッド・サキガケなど、ユニット単機の戦闘シーンや、複数のユニットがともに戦う“連携”の戦闘シーンを掲載する。

デルタプラス
『Gジェネワールド』

『Gジェネワールド』 『Gジェネワールド』 『Gジェネワールド』
▲『機動戦士ガンダムUC』で、リディ・マーセナスが乗ることになる可変MS。ウェイブライダーに変形できるので、地形を選ばない活躍を期待できる。

ネェル・アーガマ改

『Gジェネワールド』


『Gジェネワールド』 『Gジェネワールド』
▲ハマーンとの戦いの後に大幅改修された『機動戦士ガンダムUC』に登場するネェル・アーガマ。劇中では、『機動戦士ガンダムZZ』のものと分けて“改”が付けられている。

アヘッド・サキガケ
『Gジェネワールド』

『Gジェネワールド』 『Gジェネワールド』
▲『機動戦士ガンダム00』で、ミスター・ブシドーが乗っていたアヘッド。汎用機には装備されていない“大型GNビームサーベル”を手に戦う。

Xアストレイ
『Gジェネワールド』

『Gジェネワールド』 『Gジェネワールド』
▲『機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY』でプレア・レヴェリーが搭乗したMS。有線式ドラグーンシステムによるオールレンジ攻撃が可能。

Gファルコン
『Gジェネワールド』

『Gジェネワールド』 『Gジェネワールド』
▲『機動新世紀ガンダムX』で、GXシリーズ支援用の機体として登場した。ガロードのガンダムダブルエックスなどとドッキングが行える。パイロットはパーラ・シス。

ゴッドガンダム ハイパーモード
『Gジェネワールド』

『Gジェネワールド』 『Gジェネワールド』
▲言わずと知れた『機動武闘伝Gガンダム』の主人公機。パイロットのテンションが“超強気”まで上がると、ハイパーモードになる。カットインは、ドモン・カッシュが爆熱ゴッドフィンガーを放つ時のもの。


●“連携”による戦闘シーンいろいろ

『Gジェネワールド』 『Gジェネワールド』
▲クロスボーン・ガンダムX3&クロスボーン・ガンダムX1“連携”▲シャア専用ゲルググ&エルメス“連携”

『Gジェネワールド』 『Gジェネワールド』
▲ミーティア“連携”

『Gジェネワールド』 『Gジェネワールド』
▲チームトリニティ“連携”

『Gジェネワールド』 『Gジェネワールド』
▲黒い三連星“連携”(ジェット・ストリーム・アタック)


(C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・毎日放送


データ

▼『SDガンダム ジージェネレーション ワールド』

■メーカー:バンダイナムコゲームス

■対応機種:PSP

■ジャンル:SLG

■発売日:

2011年2月24日

■希望小売価格:6,090円

▼『SDガンダム ジージェネレーション ワールド コレクターズパック 』

■メーカー:バンダイナムコゲームス

■対応機種:PSP

■ジャンル:SLG

■発売日:

2011年2月24日

■希望小売価格:9,240円

▼『SDガンダム ジージェネレーション ワールド』

■メーカー:バンダイナムコゲームス

■対応機種:Wii

■ジャンル:SLG

■発売日:

2011年2月24日

■希望小売価格:6,090円

▼『SDガンダム ジージェネレーション ワールド コレクターズパック』

■メーカー:バンダイナムコゲームス

■対応機種:Wii

■ジャンル:SLG

■発売日:

2011年2月24日

■希望小売価格:9,240円

関連サイト

関連記事



Copyright (c) 2013 ASCII MEDIA WORKS. All rights reserved.
-PR-Game Shopping