「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news018.jpg

パセラで、ジョイポリスで謎を解け!――腐男塾も登場した「逆転検事2」完成披露発表会リポート (1/2)

カプコンは「逆転検事2」の完成披露発表会にて、様々なコラボレーション企画を発表。人気グループ「腐男塾」も応援団として登場した!

wk_110203gyakuten01.jpg

 2月3日、カプコンは東京渋谷のパセラリゾーツグランデにて、同日に発売となった「逆転」シリーズ最新作「逆転検事2」の完成披露発表会を開催した。

 イベントには、萩原良輔氏を初めとし、本作に関わった多くのクリエイターがたや、応援団として、アイドルグループ「腐男塾」の面々も登場した。

 実はこの完成披露発表会、前作である「逆転検事」が発売された時も、同じ場所で開催されており、その際にも腐男塾は登場している。

 本記事では、多数発表されたコラボレーションを、趣向を凝らしたイベントの内容と併せてお届けする。

プロデューサー・ディレクター・アートディレクターによる三つ巴の対談が実現!

 会場は、料理やシャンデリアに彩られ、非常に豪奢なパーティー、といった様相。

 そんな中に、ゲーム中に登場するロボットである「トノサマン」がドンとそびえ立っており、なんとも言えないコミカルな雰囲気を作り出していた。

wk_110203gyakuten02.jpgwk_110203gyakuten03.jpg
wk_110203gyakuten04.jpg カプコン、パブリシティ企画推進室室長の萩原良輔氏

 まず壇上に立ったのは、カプコンのパブリシティ企画推進室室長である、萩原良輔氏。

 萩原氏は簡単な挨拶をした後に「毎年言っていますが、今年もメディアの方々のテンションが上がるような、面白い仕掛けをたくさん用意していきたいと思っております」と今後の活動について語り、萩原氏は一時降壇。それをもって、イベントスタートの合図となった。

wk_110203gyakuten05.jpg カプコン、本作プロデューサー江城元秀氏
wk_110203gyakuten06.jpg カプコン、本作ディレクター山崎剛氏
wk_110203gyakuten07.jpg カプコン、本作アートディレクター岩元達郎氏

 最初のプログラムは、開発者によるトークセッション。登場したのは、カプコンより本作プロデューサーの江城元秀氏、本作ディレクターの山崎剛氏、本作アートディレクターの岩元達郎氏の3人。

wk_110203gyakuten08.jpg

 ここからは、開発に深く関わった3人に、シリーズ最新作となる本作の、新たに追加された様々な要素について語っていただく事となる。

 まず語られたのは、大まかなシステムやストーリーについて。江城氏は「ストーリーは3話分で、前作の一週間後という設定になっています。基本的には、前作のシステムを引き継いだ形で進行しますが、推理の面で新しいシステム“ロジックチェス”といった物を搭載しています」と説明。


wk_110203gyakuten09.jpg

 江城氏に続いて、山崎氏が「ロジックチェスは、本作のウリとして新たに搭載したものです。証人の性格や発言の内容を汲み取り、適切な質問をぶつける事で、相手の口を割らせる、といった駆け引きが楽しめるシステムになっています」と“ロジックチェス”についての説明を行った。

 このロジックチェス、「逆転」シリーズでは初めて「時間」の概念を持ち込んだシステムとなっており、これまでとはひと味違う楽しみ方のできるシステムだと言える。

 続いて行われたのは、本作に登場するキャラクターたちの紹介。

 もっとも深く語られたのは、本作のライバルキャラクターとして登場する女性裁判官「水鏡秤」。山崎氏は「今回は裁判官という事で、白のデザインを入れつつ、しっかりと法衣に見えるようにと、デザインを担当した岩さんと揉めたりしつつ、今の形に落ち着きました」と、製作にあてったのエピソードを語った。

 続いて口を開いた岩元氏によると、このデザインは「自分の、甘酸っぱい思い出が詰まっている」デザインらしい。これに関しては、深く詮索しない方が良いのかも知れない。

 次に、ファンからの人気が高く、本作に登場する事となったキャラクター、逆転裁判2で登場した女性検事「狩魔冥」について。

 これに関して山崎氏は「皆様から『冥ちゃんは出ないんですか』とよくお声を頂くキャラクターで、出さないと怒られるんじゃないか、というくらいに人気が高いんです。作ってる時は、言いたい気持ちを我慢するのが大変でした」と語った。

wk_110203gyakuten10.jpgwk_110203gyakuten11.jpgwk_110203gyakuten12.jpg

 そして最後に、初めての情報公開となるキャラクター「一柳万才」。肩に大きな検事マークを付け、左胸に大量の検事バッジを付けている初老の男性だが、詳細は不明。

 どうやら本作のストーリーの、深い部分に関わっているようで、山崎氏も「あまり深くは語れません、ぜひプレイしていただいて、確認してみてください」とだけ発言した。

wk_110203gyakuten13.jpg

 デザインに関しては、岩元氏より「こういった、オーラのあるキャラクターって描くのがほんとうに難しいんです。しかも逆転シリーズは、そういったキャラクターがすごく多いので、とにかく苦労しました」と、それでもどこか楽しそうに語った。

 開発トークはここで一段落となり、江城氏、山崎氏、岩元氏の3人は降壇となった。

「逆転検事」シリーズ応援団の「腐男塾」、華麗に登場!

 ここからは、本作応援団の腐男塾と萩原氏、そして先ほど一時退場した江城氏を加え、本作とのコラボレーション企画の発表がスタートした。

wk_110203gyakuten15.jpgwk_110203gyakuten16.jpgwk_110203gyakuten17.jpgwk_110203gyakuten18.jpg

wk_110203gyakuten19.jpgwk_110203gyakuten20.jpgwk_110203gyakuten21.jpg

wk_110203gyakuten14.jpg

 腐男塾の7人は、壇上に登るやいなや、グループの新曲である「同じ時代に生まれた若者たち」を披露。彼らは前作の完成披露宴にも出演しており、全員が前作をプレイ済みで、全員がファンであるという。応援団という肩書きに相応しいグループといえる。

 今回のコラボレーションは、パセラグループと協力し、本作にちなんだ新メニューを提供する、といった企画となった。

 新メニューは、フードメニューが4つ、ドリンクが2つあり、フードメニューは、腐男塾提案の物と、カプコン提案の物がある。

 フードメニューを頼むと、先着で特製のランチョンマットを。ドリンクは、飲んでそのレシピを言い当てることで、先着でトノサマンストラップがプレゼントされる。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping