「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news021.jpg

日々是遊戯:「偽ガンダム」の妄想オープニング動画が公開!? Pixivではまさかの「女体化」も

中国・四川省のテーマパークで先日公開された、ガンダムそっくりな「偽ガンダム」等身大立像。その二次創作があちこちで盛り上がりを見せているようです。

中国人もビックリの妄想力!?

wk_110207hibikore01.jpg Pixivの検索結果。プラモのパッケージ風、「スパロボ」風、「Gジェネ」風など、いろんな方向から「偽ガンダム」をイラスト化しています

 もはや「偽ガンダム」という通称がすっかり定着してしまった、中国・四川省テーマパークの等身大ロボット像。当初は「ガンダムにそっくり」と騒がれましたが、先日リニューアル復活を果たしてからというもの、そのあまりのインパクトにネット上ではこの「偽ガンダム」をモチーフとした二次創作が盛り上がっているようです。

 復活後は動力パイプや両肩のトゲトゲなどが追加され、ガンダムの面影を一部に残しつつも一気にB級感がハネ上がってしまいましたが、そんな絶妙な“カッコわるさ”が逆に絵描き魂を揺さぶったのか、その後各所で「偽ガンダム」のイラストを描く人が急増。「ニコニコ動画」ではついに、妄想でオープニングアニメを作ってしまう職人まで現れました。



 タイトルは「機動戦士ガンダム」ではなく、「起動せんし四川カンタム」。ロボット自身は3Dでモデリングされており、無駄にグリグリと動きまくり。手書きの○ムロっぽいキャラクターとか、○ャアっぽいキャラクターも登場するなど、いかにも「ありそう」な映像に仕上がっています。やだ、偽ガンダムなのにカッコいい……! コメント欄でも、「どーなんてんのこれwww」「なんつうクオリティーだwwwwww」「超見たいw」など、笑いと賞賛の声が多く寄せられています。

 そのほか、Pixivでも「偽ガンダム」「天郷2号」などで検索すると、実に60件以上のイラストがヒット。「スパロボ」風にデフォルメされたものや、設定画風にアレンジされたもの、まさかの「女体化」バージョンなど、それぞれ異なる解釈・アレンジで「偽ガンダム」をイラスト化しています。

 今後もまだまだ加速しそうな「偽ガンダム」現象。イラスト、動画と来ればあとはぜひ「ゲーム」にも登場してもらいたいところですが、今後も注目して動きを見守りたいところです。


Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping