「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



電撃オンライン

シンプル操作ながら奥深い良質ACT! 「エルシャダイ」プレイレポの話をしよう (1/3)

 イグニッション・エンターテイメント・リミテッドから4月28日に発売されるPS3/Xbox 360用ソフト『エルシャダイ アセンション オブ ザ メタトロン(以下、エルシャダイ)』。そのプレイレポートを、りえぽんがお届けします!

『エルシャダイ アセンション オブ ザ メタトロン』


 『エルシャダイ』は、旧約聖書の偽典とされるエノク書をモチーフとした世界――天界、地上界――を舞台として、神話的なストーリーが展開するアクションゲームです。ネット上ではムービーが大人気で、登場キャラクターの大天使・ルシフェルの名セリフ「そんな装備で大丈夫か?」がネット流行語大賞の金賞に選ばれるなど、本作をご存じの方も多いと思います。りえぽんも、ずっと見ていたくなるような美しくも独特なビジュアルと、イーノック、ルシフェルといった魅力的なキャラクターの虜になっております。夢にルシフェルが出てきますもの……。そんな夢見て大丈夫か?

『エルシャダイ アセンション オブ ザ メタトロン』 『エルシャダイ アセンション オブ ザ メタトロン』
▲“一番いい”装備がお似合いの主人公・イーノックと、イーノックをサポートする大天使・ルシフェル。初めてムービーを見た時から、ルシフェルのステキなしゃべりにメロメロです。


 詳しいキャラクター紹介やストーリーなどは、こちらの紹介記事をご覧ください。ムービーが先に大きな話題となったこともあり、世界観やキャラクターはよく知っていても、実際ゲームとしてはどうなの!? と思っている方も多いのではないかと。りえぽんもそうでしたから。

 昨年9月に行われた東京ゲームショウ2010では、本作の試遊台が用意されていて、もちろん会場でも触ってみました。が、今回は製品版とほぼ同じバージョンをプレイしてきました。このバージョンでは、ゲームショウでのユーザーの意見も取り入れ調整を行ったそうですよ。それではさっそく、りえぽんがプレイした序盤のプレイレポートをお届けします! かなり長くなってしまいましたが、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。と、その前に、本作のキモとも言える操作感について少し“話をしよう”。

■ACT初心者から上級者まで楽しめるスタイリッシュアクション!

 本作はACTですが、ACTというとややこしい操作が多いソフトもあり、苦手な人も多いですよね。でも、『エルシャダイ』は誰でも簡単に遊べるよう、シンプルな操作でプレイできるようになっています。基本的に使用するのは、移動の他は攻撃、防御、ジャンプの3つのボタンだけですから! 他にも回避、“敵から武器を奪う”、“武器を浄化する”などのアクションがありますが、どれも複雑な操作を必要としません。ボタン1つで華麗な攻撃を叩き込めるので、ACTが苦手でもスタイリッシュなイーノックを見ることができますよ!

『エルシャダイ アセンション オブ ザ メタトロン』 『エルシャダイ アセンション オブ ザ メタトロン』 『エルシャダイ アセンション オブ ザ メタトロン』
▲余計な情報は画面に表示されません。ダメージは、攻撃を受けると着ている鎧が破壊されていくので、そこで判断します。これはイーノックだけではなく、敵も同じですので、敵もピンチになると鎧がまったくない状態に。


 シンプル操作は初心者にはやさしいけれど、上級者には単調になってしまうのでは? とお思いのACT上級者の皆さん。ご安心ください。実は攻撃アクションはこれだけではありません。攻撃ボタンを長押し、またはコンボの連打で少し間を置いて攻撃ボタンを押すことで、通常とは違うアクションの攻撃が繰り出せます。通常攻撃にこれらを組み合わせることによって、攻撃の幅が広がります。

『エルシャダイ アセンション オブ ザ メタトロン』 『エルシャダイ アセンション オブ ザ メタトロン』
▲たとえば剣のように攻撃できる“アーチ”では、通常攻撃の間に少しタイミングをずらしてボタンを押す(ディレイ)攻撃をすると、敵の後ろに回りこむことができます。敵に攻撃をガードされた場合などで使用すると、敵のガードを崩すことができますよ!


 ACTはそこまで得意ではないりえぽんは、最初はディレイ攻撃のタイミングがなかなかつかめず苦労しましたが、タイミングに慣れると狙って出せるようになりました! ディレイ攻撃はどれもカッコイイものが多いので、ついつい狙って出したくなります。イーノックカッコイイ!

 もちろん長押しやディレイ攻撃は、使わなくても敵を倒して進めることができます。誰でも簡単にプレイできる操作感ながら、奥深いアクションも楽しめる、とてもバランスのいいACTだと感じました。

(C)2011 Ignition Entertainment Ltd. All Rights Reserved.


       1|2|3 次のページへ


Copyright (c) 2013 ASCII MEDIA WORKS. All rights reserved.
-PR-Game Shopping