「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news057.jpg

週間ソフト販売ランキング:拡張版はひとつの戦略

2月7日〜2月13日の期間集計した週間ソフト販売ランキング。トップはPSP「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3」でした。

週間ソフト販売ランキング

2011年2月7日〜2011年2月13日

順位機種タイトルメーカー発売日価格(税込)販売本数累計本数
1PSPテイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3バンダイナムコゲームス2011年2月10日6279円22万200022万2000
2PS3戦国無双3 Z限定版含む)コーエーテクモゲームス2011年2月10日7140円20万900020万9000
3PSPモンスターハンターポータブル 3rd(同梱版含む)カプコン2010年12月1日5800円9万3000425万
4NDS逆転検事2限定版含む)カプコン2011年2月3日5040円3万100016万3000
5PS3リトルビッグプラネット2SCE2011年2月10日5980円2万50002万5000
6Wii戦国無双3 猛将伝コーエーテクモゲームス2011年2月10日3990円2万30002万3000
7PS3レッド・デッド・リデンプション アンデッド・ナイトメアテイクツー・インタラクティブ・ジャパン2011年2月10日3990円2万20002万2000
8Wiiドンキーコング リターンズ任天堂2010年12月9日5800円1万600080万6000
9PSP喧嘩番長5 〜漢の法則〜スパイク2011年1月27日5229円1万400010万1000
10PSP白騎士物語 -episode.portable- ドグマ・ウォーズSCE2011年2月3日4980円1万10005万2000

メディアクリエイト調べ


 2月7日〜2月13日の期間集計した週間ソフト販売ランキングです。PSP「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3」、PS3「戦国無双3 Z」、PS3「リトルビッグプラネット2」、Wii「戦国無双3 猛将伝」、PS3「レッド・デッド・リデンプション アンデッド・ナイトメア」がトップ10にランクインしています。

 今回、ちょっと興味深いと思ったのが、同日発売となったPS3「戦国無双3 Z」とWii「戦国無双3 猛将伝」の販売本数の差異です。プラットフォームが違うとはいえ、基本的に2009年12月に発売された「戦国無双3」の拡張版で、追加プレイヤーキャラクターやシステムなど双方とも同じ。単純にユーザー層の違いが販売本数に反映した結果となりました。

 また、同じく「レッド・デッド・リデンプション アンデッド・ナイトメア」も「レッド・デッド・リデンプション」の拡張パックにあたる。「アンデッド・ナイトメアパック」「アウトロー・トゥ・ジ・エンド 協力ミッションパック」「Legends & Killersパック」「Liars & Cheatsパック」の4本をセットにしたもの。こちらは「レッド・デッド・リデンプション」がなくても単体で遊べるのですが、今後リリース予定のPlayStation NetworkおよびXbox LIVEを通じて配信される「デジタル配信版」では、動作に「レッド・デッド・リデンプション」ソフト本体が必要になります。

 好評だったタイトルを、後日拡張版として販売する手法はこれまでも多々ありました。それは、本体を購入したユーザー数を参考に、販売数を予想しやすいという理由もあるでしょう。特に昨今、追加ミッションやステージ、追加アイテムなど、定期的なダウンロード配信を最初から組み込んだ作品が流行っています。これもひとつの拡張版ともいえます。ユーザーの満足度を高める意味も多分にありますが、長くそのハードを占有する狙いもあるのでしょう。今後、現ハードはもちろん、次世代プラットフォームでもこうした手を変えた拡張要素は重要になってくると思われます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping