「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news083.jpg

日々是遊戯:SFでおなじみの「パワードスーツ」が完成!? ほか「作ってみた」系小ネタ3連発

映画やゲームなどでしばしば出てくる「パワードスーツ」。ロボットとはまた違った魅力がありますが、これを実際に作ってみた人が現れました。

パワードスーツ、操縦してみたい……!

 サンフランシスコでは現在、世界最大のゲーム開発社向けカンファレンス「Game Developers Conference 2011」の真っ最中ですが、そんな業界のニュースとは一切関係なく、ゆるゆるとお届けしていくのがこのコーナー。本日は、ネットで話題の「作ってみた」系小ネタを集めてみました。

超ハイクオリティなマスターソード+ハイリアシールド!

 2月21日に25周年を迎えた「ゼルダの伝説」にちなんで、海外サイト「Fiberglass Blades」がマスターソードとハイリアシールドのレプリカを制作。それぞれ「時のオカリナ」版と「トワイライトプリンセス」版の2種類が用意されており、いずれも息をのむような素晴らしいクオリティとなっています。

 ちなみに表面の光沢感は自動車用の塗料を使って出しているのだそうで、実際の素材は樹脂と発泡スチロールとのこと。ぜひ宮本茂さんに持ってほしいところですが、残念ながら非売品だそうです。

wk_110302hibikore01.jpgwk_110302hibikore02.jpgwk_110302hibikore03.jpg 「時のオカリナ」のマスターソード。主な素材は樹脂で、さらにアルミとグラスファイバーで補強してあるのだとか

wk_110302hibikore04.jpgwk_110302hibikore05.jpgwk_110302hibikore06.jpg こちらは「トワイライトプリンセス」版。「時のオカリナ」版との違いがわかりますか?

wk_110302hibikore07.jpgwk_110302hibikore08.jpgwk_110302hibikore09.jpg 「時のオカリナ」のハイリアシールド。金属のような光沢感がありますが、中身は発泡スチロール製だそう

wk_110302hibikore10.jpgwk_110302hibikore11.jpgwk_110302hibikore12.jpg 「トワイライトプリンセス」のハイリアシールド。そういえば、持ち手を見るとちゃんと左利き用になってますね!

壊れたXbox 360をアーケードスティックに改造!

 海外ゲームニュースサイト「Shoryuken」のフォーラムに、壊れたXbox 360をなんとアーケードスティックに改造してしまう方法が公開されていました。写真では2台のスティックが写っていますが、投稿者のコメントによれば、左はPS3/PS2/PC用、右側はXbox 360用だそうです。使い勝手のほどは不明ですが、とりあえず安定感は十分すぎるくらいありそうですね。また正面の電源スイッチにガイドボタンを割り当ててあるあたりにも、作者の細かなこだわりが感じられます。

wk_110302hibikore13.jpgwk_110302hibikore14.jpgwk_110302hibikore15.jpg 壊れたXbox 360をまさかこんな形で有効活用してしまうとは……。しかしXbox 360に○×△□ボタンが付いているのはちょっとシュールな光景です

パワードスーツっぽいものを作ってみた!?

 ゲームや映画などにしばしば出てくる「パワードスーツ」。装着するだけで、誰でも人間離れした身体能力を手に入れることができる、SF好きにとっては夢のようなアイテムですが、これを実際に作ってしまった人が現れました。

 ……といってもあくまで「パワードスーツっぽいもの」であって、さすがに身体能力そのものを強化する機能はなし。しかし実際に動画を見ていただければ、そのスゴさがおわかりいただけると思います。



 パワードスーツといってもいろいろありますが、イメージとしては「攻殻機動隊」に登場するアームスーツや、「エイリアン2」のパワーローダーあたりが近そう。SF好きなら、ハインラインの「宇宙の戦士」を思い浮かべる人もいそうですね。

 「Skeletonics(スケルトニクス)」と名付けられたこのスーツは、中に入った人間がそのまま動力となり、四肢の動きを2倍程度に拡大できるのが特徴。スーツを装着して体を動かすと、その動きがそのままスーツに伝わり、腕や足が動作する仕組みになっています。動力を一切用いない代わりに動作精度は高く、ボールを投げたり、デコピンで空き缶を吹っ飛ばしたりと、人間とほぼ同じような動きが可能となっています。う、動かしてみたい!

 制作期間は約6カ月とのこと。ニコニコ動画では「感動した」「もっと評価されるべき」「本物のパワースーツじゃん!」といったコメントが寄せられています。

wk_110302hibikore16.jpgwk_110302hibikore17.jpgwk_110302hibikore18.jpg 写真ではこの動きの自然さが伝わらないのが残念なところ。SF好き、ロボット好きな方はぜひ動画でご覧下さい!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping