「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news048.jpg

週間ソフト販売ランキング:3DS発売――ソフト販売ランキングで見る3DS

2月26日に発売されたニンテンドー3DS対応タイトルがランクイン。シリーズものも健闘し、ほぼ総入れ替えとなっております。

週間ソフト販売ランキング

2011年2月21日〜2月27日

順位機種タイトルメーカー発売日価格(税込)販売本数累計本数
1PSPファンタシースターポータブル2 インフィニティ限定版含む)セガ2011年2月24日5040円20万700020万7000
2PSPSDガンダム Gジェネレーション ワールド限定版含む)バンダイナムコゲームス2011年2月24日6090円19万300019万3000
33DSレイトン教授と奇跡の仮面レベルファイブ2011年2月26日5980円12万12万
4PS3魔界戦記ディスガイア4限定版含む)日本一ソフトウェア2011年2月24日7140円7万90007万9000
53DSnintendogs+cats (トイ・プードルフレンチ・ブル)&Newフレンズ任天堂2011年2月26日4800円6万40006万4000
63DS戦国無双 Chronicleコーエーテクモゲームス2011年2月26日6090円4万90004万9000
73DSスーパーストリートファイターIV 3D EDITIONカプコン2011年2月26日4800円4万50004万5000
83DSリッジレーサー 3Dバンダイナムコゲームス2011年2月26日6090円3万80003万8000
9PSPモンスターハンターポータブル 3rd(同梱版含む)カプコン2010年12月1日5800円3万6000432万6000
10360アイドルマスター2バンダイナムコゲームス2011年2月24日8800円3万50003万5000

メディアクリエイト調べ


 2月26日(土)についにニンテンドー3DSが発売され、同日発売となった3DS対応タイトルもソフト販売ランキングに並ぶようになりました。ニンテンドー3DSは、この土日に約37万台を販売したそうで、ソフトは「レイトン教授と奇跡の仮面」の約12万本を筆頭に、5タイトルがトップ10に入っています。事前のアンケートでも「レイトン教授と奇跡の仮面」がもっとも反応がよかったので、この結果は納得できます。

 ご覧のように、PSP「モンスターハンターポータブル 3rd(同梱版含む)」を除いては、すべて新作が並んでいます。これは11位以下も同様で、PS3「ルーンファクトリー オーシャンズ」、Wii「SDガンダム Gジェネレーション ワールド(限定版含む)」、PS3「KILLZONE 3」、PSP「遙かなる時空の中で5(限定版含む)」、3DS「ウイニングイレブン 3Dサッカー」と新作が続いています。

 さて、ニンテンドー3DSタイトルの販売本数、皆さんにとって順当でしたか? それとも予想外でしたか? 新しいハードが発売されたときにはその対応ソフトがランクインするものです。とはいえ、現行機タイトルが母数の多さから、そこに割り込んでくるのは想定内でしょう。ですが、何がどれほど売れるかはある程度予想できてもそこは水モノ。PSP「ファンタシースターポータブル2 インフィニティ」や、PSP「SDガンダム Gジェネレーション ワールド」、PS3「魔界戦記ディスガイア4」などの、ファンの獲得があらかじめ予想できるシリーズものが健闘している一方で、意外だったのがXbox 360「アイドルマスター2」が初週約3万5000本の実績だったことです。これには一部ユーザーも過敏に反応したようです。

 というのも、2007年1月に発売されたXbox 360「アイドルマスター」が約5万本、2007年11月に発売された廉価版が同じく約5万本、そして2008年2月に発売されたXbox 360「アイドルマスター ライブフォーユー!」が約7万5000本、そしてPSP「アイドルマスターSP パーフェクトサン/ミッシングムーン/ワンダリングスター」が約16万本とシリーズを重ねるごとに販売本数を増やしていたシリーズだけに、その期待度が高かったせいあります。

 しかし、初週と考える3種同時発売だったPSP「アイドルマスターSP」が3つ合わせて約8.4万本だったことを考えると、実は購入すべき層はちゃんと購入してくれているのかもしれません。確かに、Xbox 360「アイドルマスター ライブフォーユー!」が初週約5万本の販売実績だったことを考慮すると、少し勢いが不足ぎみなのは否めません(2009年3月現在のデータです)。

 そして、ニンテンドー3DS対応タイトルの動向も気になるところです。今後、対応ソフトが発売されていきますが、ハードの台数が増えていかない限り、3DS対応ソフトの販売本数も伸長していきません。しかし、その母数を拡大させるのは、やはり魅力的なタイトルがないといけません。

 現地時間の3月2日、北米サンフランシスコで開催されているGame Developers Conference(GDC)のキーノートに登壇した任天堂社長 岩田聡氏は、3DS向けの「スーパーマリオ」を発表、6月には「ゼルダの伝説 時のオカリナ3D」が発売されることを報告しています。アメリカでは3月27日にニンテンドー3DSが発売される予定になっており、GDCのキーノートではほかにも、無料で米キャリアAT&TのWi-Fiホットスポットに自動的に接続できるようになることや、動画配信サービスNetflixの会員であれば、今夏から3DSに映画などのコンテンツをストリーミングできるようになると発表されました。6月7日から9日には世界最大のゲームの祭典「Electronic Entertainment Expo」(E3)の開催が予定されております。これに先駆け、任天堂もカンファレンスを実施し、3DSを含めた今後の展開を発表することになっています。日本での実績や、北米での出足を鑑みて、新たな戦略を打ち出すことになるでしょう。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping