「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news089.jpg

日々是遊戯:「GDCアワード2011」が決定! ゲーム・オブ・ザ・イヤーは「レッド・デッド・リデンプション」に

「レッド・デッド・リデンプション」が最優秀賞に輝いた今年の「GDCアワード」。部門別では「Minecraft」や「Cut the Rope」などが部門賞に輝きました。

日本のゲームは受賞ならず

wk_110304hibikore04.jpg

 米サンフランシスコにて開催中の 「Game Developers Conference 2011」。3月3日(日本時間)には開発者によって選出される「Game Developers Coice Awards(GDCアワード)」の授賞式が行われ、RockStar Gamesの「レッド・デッド・リデンプション」がゲーム・オブ・ザ・イヤーに輝いたほか、インディーズゲームながら「Minecraft」がイノベーション・アワードなど3部門で最優秀賞を獲得し注目を集めました。

 公式サイトによれば、各部門ごとの受賞作については以下のとおり。


  • Game of the Year(最優秀賞):「レッド・デッド・リデンプション」(Rockstar Games)
  • Best Writing(脚本賞):「マスエフェクト 2」(BioWare)
  • Best Game Design(ゲームデザイン賞):「レッド・デッド・リデンプション」(Rockstar Games)
  • Best Technology(テクノロジー賞):「レッド・デッド・リデンプション」(Rockstar Games)
  • Best Visual Arts(ビジュアル賞):「Limbo」(Playdead)
  • Best Debut Game(新規タイトル賞):「Minecraft」(Mojang)
  • Innovation Award(イノベーション賞):「Minecraft」(Mojang)
  • Best Handheld Game(最優秀携帯ゲーム):「Cut the Rope」(ZeptoLab)
  • Best Audio(サウンド賞):「レッド・デッド・リデンプション」(Rockstar Games)・Best Downloadable Game(ダウンロードゲーム賞):「Minecraft」(Mojang)
  • Lifetime Achievement(生涯功労賞):ピーター・モリニュー氏
  • Pioneer Award(先駆者賞):鈴木裕氏
  • Ambassador Award(大使賞):ティム・ブレングル氏/イアン・マッケンジー氏

 ――以上のように、作品別では10部門のうち3部門を「レッド・デッド・リデンプション」が、同じく3部門を「Minecraft」がそれぞれ獲得した形となりました。今回、日本のゲームは残念ながら受賞に至りませんでしたが、Pioneer Award(先駆者賞)には「バーチャファイター」「シェンムー」シリーズの鈴木裕氏が輝いています。

 上記タイトルの中で興味深かったのが、最優秀携帯ゲームに輝いた「Cut the Rope」。同部門では他に「ゴッド・オブ・ウォー 降誕の刻印」や「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER」「ドラゴンクエストIX」などの著名タイトルがノミネートされていましたが、それらを押しのけての受賞ということで驚いた人も多かったのではないでしょうか。

 「Cut the Rope」は、昨年10月に発売されたiPhone/iPad向けアプリ。先っぽにキャンディがぶら下がったロープをカットして、緑色のかわいいモンスターにキャンディを食べさせてあげるのがゲームの目的です。ロープやキャンディの動きには物理演算が使われていて、ロープの反動や重力などをうまく使わないとクリアできない仕組み。アプリ自体は115円と安いのですが、優れたゲームデザインとかわいらしいビジュアルが人気を呼び、発売からわずか2週間で100万ダウンロードを達成する話題作となりました。これはApp Store史上最速記録だそうで、現在までの累計ダウンロード数は数百万本に達していると言われています。無料の「LITE」版も用意されていますので、iPhone/iPadをお持ちの方は一度ぜひ遊んでみてはいかがでしょうか。

wk_110304hibikore01.jpgwk_110304hibikore02.jpgwk_110304hibikore03.jpg iPhoneアプリとしては初の受賞となった「Cut the Rope」。先日の岩田社長の基調講演でも触れられていましたが、このレベルのゲームが115円で遊べてしまうというのは、ユーザーとしては嬉しい一方、コンシューマーゲームメーカーにとっては大きなプレッシャーとなりそうです


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping